後味の悪い話

【後味の悪い話】少女漫画「死神」

スポンサーリンク

473: 本当にあった怖い名無し 2012/07/27(金) 20:21:35.02 ID:5yYpRpU0O
少女漫画で読んだ後味悪い話。

主人公A子には、大好きな彼氏Bがいる。
将来の夢はもちろんBのお嫁さん。

そんなある日、階段から落ちそうになったA子を庇おうとしてBまで一緒に落ちてしまう。

A子が目を覚ますと、自分以外の全ての時間が止まっていた。
戸惑うA子の前に、死神が現れ言う。

「今の事故で、お前かその男のどちらかが死ぬ事になった。
選択権をお前にやるから、どちらが死ぬか3日以内に選べ。」

更に、相手に相談したり決められなかった場合はどちらにも死が待っている。

474: 本当にあった怖い名無し 2012/07/27(金) 20:22:32.25 ID:5yYpRpU0O
大好きなBを死なせたくない。だが自分が死ぬのも怖い。…悩むA子。

そんな中で、Bの不器用だがさりげない優しさに触れたり、Bには子供の頃からの夢があるという事を知り、A子は決断を下す。

(Bが死んでしまったら、Bの夢も私の夢も叶わなくなる…。)

A子は、せめて大好きなBの腕の中で死なせて欲しいと、再び現れた死神に頼む。
その願いは受け入れられ、Bに大好きだという事を伝え、抱きしめられながら死を待つA子。

しかし、何故か死んだのはBだった。

「何で俺が死ぬんだ!?俺はA子を選んだのに…」

そう言ってBは死んでいった。

死神は言う。

「奴にもお前と同じ選択をさせていた。相手を選んでいればお互い助かっていたのに…人間の愛は脆い。」

死神が消えた後、ただただ絶望するA子だけが残されてEND。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ