怖い話

【洒落怖】張り紙

スポンサーリンク

15: 名無しさん@おーぷん 19/11/01(金)22:15:35 ID:O4O

ある明け方に、二度同じ夢を見たんです。
街で知り合いかな? と思う人を見かけて、暇だからと後を追う夢。
その人は自分に気付いてる風なんだけど、ちらちら後ろを窺いつつも無視して先を歩いてゆく。
さっきまで賑やかな街だったのに、いつの間にか線路沿いの寂れた道に入ってる。
自分の左側に線路とフェンス、ちょっと先に歩道橋みたいな跨線橋、もう少し先には高架の線路が見える。
その人が跨線橋を渡るからついて行くと、線路の反対側は寂れておどろおどろしい墓地でした。
相手はもう後ろを振り返らない。怖いと思いながらついて行くと、
墓地が途切れていきなり雪原。いつの間にか背後の墓地も消えていました。で、その人は
ざくざく去ってゆくのに、自分は雪に足を取られて歩けずに取り残される夢なんです。
二度寝したら墓地からやり直しでした。
そっちに行っちゃ駄目だと呼びかけても結果は同じ。
気持ち悪い夢だったから、普段はしない夢日記をつけました。
で、自分にもその人にも悪い事が起きないようにと祈ったのです。

それから何事もなく、二週間経ったある日。
友達に連れられて、山手線を恵比寿から渋谷へ向かう線路沿いの道を、初めて通ったんです。
すると、その光景があまりにもあの夢に似ている。左側に山手線、
歩道橋みたいな跨線橋、その先に高架の東横線… ちょっと怖かったので、
「この前見た怖い夢とそっくりだ」
「気のせいだよ」
なんて友達と話してた。その時。
目の前の電柱だか自販機だかの貼り紙に気がついて、二人とも悲鳴を上げました。
そこにはたった一言『夢で見た光景』って、
短冊に筆文字で書かれてたんです。それ以来その道は使ってません。
きっとこの先も通らないし、歩道橋は絶対渡らないつもり。偶然にしても怖すぎました。
まあこれだけなんだけど、こういう体験ってなんて言うんでしょうね。
デジャヴとも予知夢ともちょっと違うし…

スポンサーリンク

-怖い話

© 2022 サンブログ