ホラー

【洒落怖】階段を登る足音

スポンサーリンク

217: 本当にあった怖い名無し 2009/08/13(木) 01:11:06 ID:1zF67Cu2O
(1/3)
小3の時の担任から聞いた話。小学時代はトラウマになる程怖かった。携帯から失礼。

担任が学生の頃、東京のある友人(以下Aさん)の家に泊まりに行った。
そのAさんの家ってのが、戦時中からあったとても古い家だったそうだ。
で、Aさんは担任に自分の恐怖体験を話してくれた。
ある日Aさんが二階の自分の部屋の布団で寝ていたら、突然金縛りに遭った。
汗を滲ませながら呻いていると、階段を誰かが上がってくるのが聞こえた。
だが、何かおかしい。
階段を登る足音が不気味なほどゆっくりで、「あ゙ぁー…あ゙ぁー…」と苦しそうな息遣いまで聞こえてくる。

219: 本当にあった怖い名無し 2009/08/13(木) 01:13:31 ID:1zF67Cu2O
(2/3)
その声はAさんの家族の誰のものでもなかった。
Aさんは怖くなったが声を上げることすら出来ない。
やがてその足音と息遣いは二階の廊下を通ってAさんの部屋の前で止まった。
扉がすーっと開き、誰かが入ってくる。
どんどんAさんに近づいてくる足音と苦しそうな息遣い。
とうとう息遣いが顔のすぐ近くまできた。なんかすごく熱い。
「……お嬢さん…お嬢さん…」
Aさんは目をカッと開いた。
目の前にいたのは、顔がぐちゃぐちゃに焼け爛れた兵隊だった。
Aさんは悲鳴を上げ、恐怖で半狂乱になり部屋の中で暴れ回った。

220: 本当にあった怖い名無し 2009/08/13(木) 01:16:28 ID:1zF67Cu2O
(3/3)
最後に電気を点けたら、もうその兵隊はいなかった。

ここまでがAさんの恐怖体験の話。
で、それを聞いた担任は「あんた夢でも見てたんじゃないの?」と言うと、Aさんは「実はね…次の日も来たのよ」と答えた。
担任、帰りの電車乗るまで怖くて寝れなかったらしい。

話の最後に担任が「昔その辺りでは戦争をしていて……」とか言いながら締めたんだが、もう恐怖で頭真っ白になってて最後の言葉は聞き取れなかった。

もう10年以上前に聞いた話を思い出しながら打ったので、読み辛かったと思いますが、ここまで読んでくれた方ありがとうございました。

関連記事 一覧

-ホラー

© 2020 サンブログ