ホラー

【洒落怖】目玉

スポンサーリンク

562:三毛猫 1/2:2006/03/03(金) 06:46:50 ID:AFET4tjKO

内の職場(塾)には凄く霊感の強い塾長がいる。私が聞いた中で、結構怖かったものを書いてみる。
塾長はバイク(ハーレー)好きで、よくツーリングへ行く。
クマみたいにがたいがよくて、山男ってかんじ。(実際よく893に間違えられる)バイクで山へ行って、野宿したり温泉に入ったり。そんな趣味がある。
ある日、山道を越えて温泉へ愛車のハーレーで向かったときのこと。
日も暮れかけてきて、少し疲れたことだし、坂道の途中で休むことにした。
火を炊いて、コーヒーを入れていると、視線を感じる。
普段は気にならないけど、なにやらまずい気がしたらしい。
コーヒーを捨てて、直ぐ様バイクにまたがり、とにかく宿を探した。

やっと見つけた宿は、藪のなかにある。
民宿の様だが、いつもなら絶対に泊まらないだろう。
ギシギシいう廊下。黴臭い壁。
まさに廃墟だ。
お爺さんが一人でやっているらしい。
塾長はさっきの視線がやはり気になり、野宿よりはましだと、泊まることにした。

部屋には裸電球と、黴臭くてふよふよになった畳。
塾長はくたくたで、安心したせいか、布団もひかず、カーテンも閉めず、横になった。

563:三毛猫 2/2:2006/03/03(金) 06:47:48 ID:AFET4tjKO
うとうとしてしまったみたいだ。気付くと何の音もしない、真の闇夜だった。
裸電球を見上げて気が付いた。
視線を感じる。
そうだ。あの坂の。
あの視線だ。
体を動かさないようにしたまま、視線をたどった。
開けたままのカーテンの窓。誰かのぞいていた。
男…に見えた。
でも、目玉がない。
ぽっかりと開いた目玉の穴は、何もかも吸い込むように真っ黒。
真っ黒がふたぁつ、自分を見つめていた。

塾長は「目玉がないってあんなに真っ黒なんてなぁ」とちょっと笑って言った。
その後、トイレへいって、帰ってきたらいなかったので、カーテンを閉めて寝たらしい。
彼の話はたくさんある。
彼が洒落にならないと感じた話も。
でも、恐ろしくて、私にはここに書く勇気がない。いつか、語り尽くしたら…書きたいです。

564:本当にあった怖い名無し:2006/03/03(金) 07:03:19 ID:YYqf+0pV0
名前蘭に騙された・・・三毛ヌコが出てこない(´・ω・`)

565:三毛猫:2006/03/03(金) 07:24:14 ID:AFET4tjKO
すみません。
前にうちの霊感三毛猫の話をかいたものですから。

では、猫の話もひとつ…

私がぼけーっとテレビを見ていると、何か変な感じが…。
誰かがいる?
ドンドンドンドンドン!!
と、隣の部屋の壁を誰かが外から叩いている。
家は砂利がひいてあるんだけど、誰かが自転車でうちの周りをぐるぐる廻っているみたい。
でも…その叩かれた辺りには、花壇があって膝までの木が植えてあるため、自転車に乗ったまま叩く(蹴る?)にはリーチがたりない。
どころか、窓からは何も見えない。
音に怯えていると、ふと音がやんだ。気配はいる。様子を伺っているようだ。
ニャー
隣を見るといつのまにか、うちの三毛がいた。
三毛は私をみあげると、いつものぼーっとした顔で私の膝の上に寝た。
ニャー
平気だよ、と言うように。
気配はいつのまにか去っていたが、怖さがとれるまで彼女はいてくれた。

うちは、ある因縁から凄いおばけ屋敷だったんだけど。この三毛が来てから、魔除けなのか怪奇現象も減った。

ある因縁で死んでしまったけど、今も私の家の大切な猫です。
長々と続けてすみませんでした。これは、ほんのりですね~。

関連記事 一覧

-ホラー

© 2021 サンブログ