ホラー

【洒落怖】Mさんから聞いた話

スポンサーリンク

127:Mさんから聞いた話(1):2006/03/09(木) 22:48:35 ID:3JvZ3xpBO

仕事で付き合いのある『Mさん』から聞いた話。
Mさんは、地方へ出張によく出る。釣りが趣味のMさんは、その先々で時間を見つけては海が近ければ磯へ、山が近ければ渓流へと釣り糸を垂らしていた。
とある日、たまたま時間が空いたMさんは、土地勘のない出張先にて、どこかいい釣りのポイントは無いかと地図を眺めていた。ほどなくして近くの山に目標を定めたMさんは、車に乗り込み、助手席に地図を広げるとアクセルを踏み込んだ。

128:Mさんから聞いた話(2):2006/03/09(木) 22:52:37 ID:3JvZ3xpBO
特に道に迷うことも無く、目的の山に到着したMさんは、山道を更に奥へと上っていった。
しばらく進むと山道の右側が斜面、左側が崖の様になっており、その崖下数㍍に川が流れていた。
『この辺りにしようか…。』道路から外れ、停車すると車を降りた。耳を澄ませば川のせせらぎが聞こえてくる。『どこから川まで降りようか…』Mさんは崖に近づいた。
少々雑草やら木々が邪魔しているものの、傾斜は緩やかであり、川まで降りるのはそれほど苦ではなさそうだった。

129:Mさんから聞いた話(3):2006/03/09(木) 22:54:26 ID:3JvZ3xpBO
視線を木々の間に見える渓流へと移したMさんはある物を目にした。
少々流れの速い渓流だがそれほど深くは無いのだろう。直径40~50㌢位の石が、所々に水面から顔を出していた。
岸から2㍍位離れているだろうか?その石の上に、山中には不釣合いなスーツ姿の男性が立っていた。『こんな山の中でスーツに革靴かよ…。』
男性は直立し顔を下に向けたまま動かない。『何してるんだ…?』Mさんは足元に気をつけながら少し崖を下り、再び川に目をやり驚いた。

131:Mさんから聞いた話(4):2006/03/09(木) 22:56:06 ID:3JvZ3xpBO
男性はさっきと同じ直立した姿勢だが立っている石が違う。先程男性が立っていた石から1㍍程離れた別の石の上に移動している。
『………。』しばらく眺めていると、おそらくは苔等で滑りやすくなっているであろう別の石の上に、俯いたまま男が飛び移った。しばらくするとまた別の石の上へ…。
『あぁ…やばそうだな…。』何度か『そういうもの』に遭遇したことのある Mさんは、渓流に立つ男性がこの世の人ではないかもしれないと思った。

132:Mさんから聞いた話(5):2006/03/09(木) 22:59:16 ID:3JvZ3xpBO
Mさんは、釣りに行く道中、地元の人を見かけると必ず声を掛けるようにしている。
近くに河川があることは調査済みなのだが、あえてこう聞くのだそうだ。
「この辺りに釣りの出来そうな所はありますか?」と。

ほとんどの場合、近くの河川を教えてくれるか、「川はあるけどそんなに釣れないよ」とかそんな返答があるのだが、
中には「この辺りにはないねぇ」とか、「近くにはあるけど…あそこは地元の人でも近よらならいから、よしておいたほうがいいよ」ということを言われる事がある。
そういった返答の場合、Mさんは余計な詮索はせず、早々に引き上げるようにしているのだそうだ。

そういった忠告を無視してろくなことにあったことがない。
『今日はこの辺で誰にも会わなかったしなぁ…。』Mさんは石の上を飛び移る男性をしばらく見ていたのだが諦めて帰路に着いた。

~終わり

関連記事 一覧

-ホラー

© 2021 サンブログ