ホラー

【未解決事件】岡山地底湖行方不明事件

スポンサーリンク

岡山で起きた有名な未解決事件です。「岡山地底湖行方不明事件」または「高知大学探検部地底湖行方不明事件」とも呼ばれています。

2008年1月5日に岡山県新見市にある鍾乳洞「日咩坂鐘乳穴(ひめさかたちあな)」で、
高知大学3年で探検部だった名倉さん(当時21歳)が、鍾乳洞内の地底湖で遊泳中に行方不明になりました。

しかし部長・白米さんと副部長・伊藤さんの不可解な行動から事故ではなく事件ではないかとネットで話題です。

「岡山地底湖行方不明事件」の詳細

2008年1月5日午後6時15分頃。高知大学学術探検サークルのメンバーから「地底湖でひとが溺れた」と警察に通報が入りました。

この日はサークルメンバーや社会人などを含めた13人が新見市に集まっており、そのうちサークルメンバー5人が午前11時半頃に鐘乳穴に向かいました。
そして2時頃半に鍾乳洞奥の地底湖で泳いでいた名倉さんが急に姿が見えなくなったということです。

警察は30人体制で捜索を開始ししました。
しかし鍾乳洞は奥行1600メートル、高さ15メートル、幅7メートルの洞窟で、途中には人一人がやっと通れる隙間や、首あたりまで水につかる難所があり、捜索は困難を極めます。

また日咩坂鍾乳穴は、天然記念物に指定されており非常に危険な構造のため、立ち入る際には新見市への許可を取らないといけませんでしたが、サークルメンバーは許可を取らずに入っていました。

スポンサーリンク

「日咩坂鍾乳穴」で名倉さんの救助活動に当たった岡山県警機動隊の田村吉永警部補は「16年のキャリアの中でも3本指に入る大変さだった」と語っています。鍾乳洞の奥は光が届かないため、ライトがなければ何も見えない暗闇であり、夜も昼も関係ないことから名倉さんの救助活動は夜を徹して行われました。

鍾乳洞内は名倉さんを救出した際に食料として与えるためのビスケットも胸ポケット内で粉々になるほど匍匐前進が必要な箇所もあり、過酷な場所でした。二次被害が不安視されるなか懸命な救助活動が続けられました。

鍾乳洞内部の地形に詳しい高知大学の探検サークルOBも救助に協力し、5日間におよぶ捜索が続きましたが、名倉さんは結局見つからず10日に搜索が打ち切られました。

スポンサーリンク

サークル部長や副部長に不可思議な言動があったにも関わらず、
警察やメディアはまったく疑いの目を向けることなく
名倉さんは事故死として処理されてしまいます。

救助隊の指揮を執った秋山吉由副隊長は
隊員らの勇気に敬意を表しながらも
「学生を見つけられなくて無念だ」とコメントを残していました。

通常であれば、名倉さんは事故死で片付けられたところですが、
この事故が注目を集めたのは捜査が打ち切られた10日以降に、
ネット上でサークルメンバーらが不可解な動きをし始めたからです。

「不可解」とされているサークルメンバーの行動が以下です。

不可解な行動

  • 入洞届を提出してない
  • 5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ
  • 溺れるところを誰も目撃してない
  • 溺れた時の状況説明がニュースソースによってコロコロ変わる
  • 「タッチした」という声は聞こえたのに、助けを求める声などは一切聞こえなかった
  • 救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた
  • 「探検に必要な装備は備わっていた」と強調
  • 遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしない
  • 探検部のページから「部長 白米」「副部長 伊藤」の名前を真っ先に削除
  • いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマスコミが今回は部員に全く取材を行わない
  • 被害者の知人を名乗る人物が高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼
  • 被害者のmixiに勝手にログインしてプロフィール・日記を改竄

名倉さんは1人で地底湖で泳がされていた?

高知大学探検サークルでは「日咩坂鍾乳穴」での伝統行事がありました。
その一つとして、奥の地底湖で飲み会をして地底湖の奥の壁まで泳いで「タッチ」と言って戻ってくるというものがありました。

地底湖は奥行20メートル、深さ30メートルという非常に大きなもので、
事件の当日もサークルメンバーが名倉さんだけ衣服を着たまま地底湖で泳いでいた
と証言していました。

そして、名倉さんが地底湖の奥の壁に「タッチ」と叫んだところまでは
声が聞こえていたと答えその後、姿が見えなくなったと証言しています。

名倉さんは溺れていたのであれば水面で激しく暴れ、
「助けて」などの叫び声を挙げていたはずですが、
サークルメンバー全員は誰もそうした声を聞いていませんでした。

考えられることは、地底湖には湖面からは分からない支流の穴が
水面下に空いており、ちょうど名倉さんが到達したあたりに
支流に吸い込まれる急流が発生していたのかもしれません。

もし名倉さんがそうした支流に巻き込まれていたのなら、
声を挙げる余裕もなくあっという間に吸い込まれたとも考えられます。

そうなると、名倉さんはお酒を飲んで酩酊状態になっており、
泳いだことでアルコールが全身を駆け巡り、気分が悪くなって
ブラックアウト状態になり溺れたのかもしれません。

スポンサーリンク

白米と伊藤は頑なにメディアの露出を拒んだ

名倉さんの救出活動が続いている間、報道では入洞した人数が5人や4人、
13人と度々訂正され、サークルメンバーが積極的に証言に協力している様子が
伺えない状況でした。

サークルメンバーは入洞にあたって「万全の装備を整えていた」と証言しましたが、
名倉さんが地底湖で行方不明になってから救助を求めて地上に戻る際に
現場に誰も残さず、さらに命綱と言えるロープを回収してきたと言われています。

鍾乳洞は光が届かないため暗黒の世界であり、起伏が激しいことから
来た道を辿るロープやワイヤーなどがなければ内部で迷い簡単に命を落とします。

それを知りつつ、名倉さんを残して全員が外に出たということは
「死んだことを確信していた」と取られても仕方ありません。

さらにふたりはサークルメンバーと関係が悪いことを示す証拠が残っていた
SNS「mixi」の名倉さんの日記などをすべて削除してしまいます。

白米と伊藤は証拠隠滅に走った?

名倉さんの捜査が打ち切られた直後に、
「mixi」上で名倉さんのプロフィールが発見されネット民が注目し始めたことから
白米さんと伊藤さんは探検部のホームページから名前を削除しました。

名倉さんは本名で「mixi」に登録していたことから、事件で報じられた際に簡単に特定されていました。

さらに名倉さんのマイミクシィなどから情報を辿り、部長である白米さんのプロフィールまで特定されてしまいます。

白米さんのプロフィールのニックネームは、名倉さんの捜索中は「はくさん」となっていましたが、搜索が打ち切られた直後から「うすた」に変わっていました。

この「うすた」のプロフィールを見ると白米さんだと
簡単に特定できる情報が書かれており、マイミクシィの紹介欄には「アグレッシバーはくまい」と
呼ばれていたことなど書かれています。

名倉さんの「mixi」プロフィールについて「2ちゃんねる」などで
盛り上がっていたため、白米さんが慌ててニックネームを変更したと言われています。

白米はマイミクから名倉を外した

白米さんは何らかの方法で取得した名倉さんの「mixi」アカウントのIDとパスワードで
ログインし、名倉さんのマイミク一覧から自分を外しました。

白米さんが何度も名倉さんのアカウントにログインを繰り返していたことが分かっており、
名倉さんのニックネーム「クラさん」から「ホワイト」に変え、
プロフィールの大部分を削除し、日記に証拠隠滅したいことが書かれてあったのか、
日記もすべて削除しています。

しかし、「2ちゃんねる」でマイミクから外したことが指摘されると、
白米さんはこっそりとマイミクを元に戻していましたが当然バレていました。

こうした白米さんの行動があまりに不自然なため、「絶対に何かを隠している」と
ネット上で囁かれるようになりました。

探検サークルの実態は?

前述のように高知大学探検サークルは鍾乳洞内で飲み会をしていたようですが、
ブログではクリスマスイブに入口からリレーして洞窟奥に持ってきたケーキを食べたと書いており、
鍾乳洞の環境に最悪なことをしている記述があります。

名倉さんが行方不明になった事件で、サークルの活動実態が世間に明るみになれば、
就職活動に影響する可能性があるので白米さんが証拠隠滅をした可能性もあります。

白米さんが当時どういう思いで必死に「mixi」の名倉さんの情報を削除していたのかは分かりません。
「事件性はない」とのことで処理されていますが、いまだに話題になる事件です。

参照元:https://newsmatomedia.com/okayama-chiteiko

関連記事 一覧

-ホラー
-,

© 2021 サンブログ