師匠シリーズ

【師匠シリーズ】テレビ

スポンサーリンク

【僕】 師匠シリーズを語るスレ 第二十二夜

73 :テレビ ◆oJUBn2VTGE :2013/01/26(土) 22:15:25.10 ID:Zc2Cu2zX0
師匠から聞いた話だ。

大学二年の夏だった。 (※pixivで作者が『大学一回生の夏だった』に修正)
オカルト道の師匠であるところの加奈子さんが、人からもらったという大量のそうめんを処分しようと、
「第一回大そうめん祭り」と称して僕を呼びつけた。
痛むようなものでもないし、そんなに焦って食べなくてもいいのに、と思っていたのだが、
実際に山と積まれたその袋の量を見て「あ、無理だ」と思った。
師匠の住むボロアパートの一室で、次々と茹でられていくそうめん。
最初は「うまいうまい」と喜んで食べていたのが、「一日中食べまくろうぜ」という楽しいコンセプトには意外な欠陥があり、
二十分も経ったころにはギブアップ宣言が出かかっていた。
「腹が張りました」
一応言ってみたが、祭りの実行委員の判断は続行だった。
それからはテレビを見ながら食べては休み、食べては休みという行為をだらだらと繰り返していた。
「小島、もっと食え」
「中島です」
いつも師匠に食べ物をたかりに来ている隣の部屋の住人も呼ばれていたのだが、
さすがにそうめんばかり食べ続けるのにはげんなりしてきたようで、箸が止まりがちになっている。
「固いものが食いたい」
僕がぼそりと口にした言葉に、二人とも無反応だった。みなまで言うな、というやつだ。
部屋は停滞した雰囲気に包まれ、師匠などはいつの間にかテレビの前に横になって、
立てた腕を枕にヨガのようなポーズで、床に置いた器からずるずるとそうめんを啜っていた。
年頃の女性のする格好ではないが、なんだか似合うので不思議だった。

最初につけていたチャンネルでは海外のドラマの再放送をやっていた。
途中から見たので話はよく分からなかったが、
どうやら牧場主である主人公の幼い息子が流行り病で死んでしまう、という悲劇的な回のようだった。
『神はいないのか!』
息子の亡骸を抱えて空に吠える主人公が迫真の演技で、
物語の背景も分からないのに思わず涙ぐんでしまいそうになった。
しかし師匠は床に頬杖をついた格好のまま、音を立ててそうめんを啜り上げ、
咀嚼のあい間にそのシーンについてのコメントを口にした。

74 :テレビ ◆oJUBn2VTGE :2013/01/26(土) 22:19:12.28 ID:Zc2Cu2zX0
「慈悲深い神の不在を嘆くやつらは、どうして無慈悲な神の実在を畏れないのかね」
楽天的なことだ。師匠は鼻で笑うように呟いた。
その言葉に小島だか中島だかという名前の隣人も、
その何を考えているのか分からない卵のようなのっぺりした顔で小さく頷いている。

そのドラマが終わると、今度は台風のニュースが始まった。
わりと大型で、今は石垣島のあたりにいるらしい。映像では横殴りの雨の向こうに荒れた海が映っていた。
「おお~」という声を上げて、師匠が楽しそうに手に持った箸でテレビ画面を指した。
「台風と言えばさあ。何年か前、沖縄の方のもっと小さい島に滞在してた時に遭遇してさあ、死ぬかと思ったことがあるよ」
「滞在って、なにしてたんですか」
「その島では殯(もがり)の習慣が受け継がれているって噂を聞いてな。一度見てみたかったんだ」
「殯って言うと、あれですか。残された家族が死体と一緒に過ごす儀式ですよね」
その死体を安置する建物を喪屋(もや)というらしい。
「でもダメだった。よそ者には見せてくんないんだ。
 それでも船着場の近くでテント生活して居座ってたら、知らない間に大型台風が近づいててさ。
 さすがにそれは教えてくれて、村長さんの家に避難させてもらったんだ」
「別に死ぬような目にあってないじゃないですか」
「その後だよ。
 客間を貸してもらって、久しぶりの布団で思い切り足を伸ばして寝てたら、家の外がなんかワイワイうるさいんだ。
 夜の十二時を回って、雨も風もかなり強くなってきてたけど、
 その吹き付ける音とは別に、複数の人間が大声で怒鳴ってるのが聞えてくる。
 なんだろうと思って自分も外へ出てみたら、村長さんの家の裏手に家族とか近所の人が集まってた」
「裏山が土砂崩れしかかってたとかですか」
「ああ、ようするにそういうことなんだけど、ちょっと様子が変なんだ」
師匠は目の前に右手を広げて、宙を撫でるような仕草をする。

76 :テレビ ◆oJUBn2VTGE :2013/01/26(土) 22:26:26.30 ID:Zc2Cu2zX0
「村長さんの家の裏山は石垣で覆われていて、ちょっとした砦みたいになってるんだ。
 元々本当に土地の領主の砦があった場所らしい。その痕跡だな。
 で、その石垣が今で言う擁壁、つまり土止めの代わりになってるんだけど、
 さすがにコンクリート製のような頑丈さはないから、こういう台風の時には崩れる危険性があるってんで、
 みんな心配して、レインコートを着込んで見に来たらしい。
 そこまではすぐに分かったんだけど、何故かみんな石垣の方を見たままぼうっと突っ立ってるんだ」
「なにをしてたんですか」
「ただ立ってるだけ。ガタガタ震えながら」
震えていた?今にも石垣が崩れそうだったからだろうか。でもそれなら早くその場から逃げないといけないだろう。
「わたしもそう思って、村長さんのレインコートの端を引っ張って、逃げましょうって言ったんだけど、動かないんだ。
 じっと、石垣の一点を見つめてる。
 その視線の先を追いかけた時、ぞくっとしたね」
師匠は首を捻り、顔を地面に平行になるように傾けた。
「顔がね。石垣の中にあるんだ。人間の顔だ。みっしりと組まれた石積みの中に、こんな風に横になった顔が嵌っている。
 まるで始めから、そこにあったみたいに。
 その顔が、苦痛に歪んで、なにか呻いてるんだ。その悲鳴みたいな声が、風雨の中に混ざって聴こえてくる」
痛い……
痛い……
そう言ってたんだ。
「次の瞬間、その顔が潰れた。上の石に押し潰されて。目が飛び出したところまで見えたよ。はっきりと。
 潰された顔がぐしゃぐしゃになって、石垣の間から流れ出した。
 すぐにその歯抜けみたいになった石垣の間から、噴水みたいに土の混ざった水が噴き出してきて、
 身の危険を感じたんだ。
 『走れ』って叫んだら、やっとみんな我に返ったみたいに反応して、逃げ始めた。
 間一髪だったよ。
 走って逃げるすぐ後ろから石垣が崩れる物凄い音がして、それが近づいてくるんだ。生きた心地がしなかった」
淡々と語る師匠だったが、恐ろしすぎる体験だ。
結局、村長さんの家までは土砂はやって来ず、全員そこまでなんとか逃げ延びて、ことなきを得たらしい。
「その顔はなんだったんですか」
恐る恐る訊くと、師匠は難しい顔をする。

77 :テレビ ◆oJUBn2VTGE :2013/01/26(土) 22:28:13.32 ID:Zc2Cu2zX0
「分からない。ただ昔から、その島じゃあ時々そんなことが起きるんだと。
 石垣はその島のいたるところにあるんだけど、それが崩れる時には必ず前兆があって、
 石積みの一部がその、わたしたちが見たような顔に変わってしまってるんだ。
 顔はもろくて、すぐに潰れてしまう。そこから石垣が崩れるんだ」
これには二通りの意味が考えられる。
師匠はそう言って指を二本立てた。
「雨の影響で石垣が崩れる時、予兆としてその顔が現れるのか、
 それとも、石垣の一部が人間の顔に変わってしまうから崩れるのか。
 どちらだろうか」
台風が通り過ぎて、わたしがその島を出る時、村長さんに訊いてみたんだ……
『あれは、五年前に死んだ、わしの弟の顔だった』
そう答えたという。
『癌で苦しんで苦しんで死んだのに、どうしてまたあんな風に苦しまないといけないのか』
「答えにはなっていなかった。結局、この島の人たちにも分からないんだ。
 ただ、石垣に現れる顔は、決まって死者の顔なんだと」
ずるずるずる。
グロテスクな話をしながら、師匠はまたそうめんを啜り始めた。よく食べられるものだ。
「死が、色濃い島だった。生活の中に、人の死があまりに入り込み過ぎている。
 そう思ったから、わたしは最後にもう一つだけ訊いたんだ」
口の中のものを咀嚼して、麦茶で流し込んでからゆっくりと続ける。
『あなたがたがしているのは、本当に殯(もがり)なんですか?』
師匠は僕を見てニヤリと笑みを浮かべた。
「村長は答えなかったよ」
台風が来るたびに、このことを思い出す。師匠はそう言いながらまたそうめんに箸を伸ばす。
気持ちの悪い話だった。少し食欲が減退した気がした。胃袋の容量の関係ですでに十分に減退していたが、さらにだ。

テレビのニュースでは台風情報が終わり、全国版からローカル放送に切り替わった。
公務員の飲酒事故の話題と、市内で開かれたチャリティコンサートに関する話題が続いた。
そしてその後で、先日起こったJR線の死亡事故についての続報もあった。
「これ、私の友人が見てしまったそうです」
口元を拭きながら、師匠の隣人がぼそりと言う。
師匠がそれに返答する。
「フレンド・オブ・フレンドか?中島」

78 :テレビ ◆oJUBn2VTGE :2013/01/26(土) 22:30:07.72 ID:Zc2Cu2zX0
「大島です。本当に見たそうですよ。血がドバーッと出て、骨も出ていたそうです」
小島だか中島だか大島だかという名前のそのいい加減な隣人は、
顔を上げて自分の細い目を両手の指で見開いてみせた。
「ま、いいけど」と師匠はニコリともせず、寝転がったヨガのようなポーズをわずかに変えて箸を動かす。
「そう言えば、何年か前に、凄い事故があったな。あれもJRか。覚えてるか?」
僕はここが地元ではないので知らない。隣人だけが頷いている。
「首が飛んだって話ですよね」
「そうそう」
その事故は、帰宅ラッシュが終わったあとの市内の駅で起こったのだそうだ。
構内を通過する貨物列車に男性がいきなり飛び込み、跳ねられて死亡したという事故だ。
自殺だったそうだが、その時構内には次の便を待つ客が数人おり、その人たちに決定的瞬間が目撃されたのだという。
そしてその、人間が跳ねられて死亡する瞬間を見た人の話が、気味の悪い噂話となってこの街を駆け巡ったらしい。
「男の首がな。激突の衝撃で根元からぶっ千切れて、ぽーんと宙を飛んだんだって。
 それがホームのキオスクのあたりに落ちて、近くにいた人がパニックになって腰を抜かした。
 ここまでは新聞報道もされた本当の話」
な?と師匠は隣人に問い掛ける。
「ええ。確かそうでした。自殺の原因は、職にあぶれて自暴自棄になっての咄嗟的行動だったとか」
「ああ。そこまではただのショッキングな死亡事故の話だ。でもここからが怪談じみてくるんだ。
 その飛んだ生首だけど、目撃した人の話だと、目が合ったって言うんだよ」
男の首は目を見開き、恐怖が張り付いたような表情をして、何ごとか訴えるようだったという。
その口は叫び声のために開かれていたが、なんの言葉も発していなかった。
肺から供給される空気の道が断たれたからだった。
「目が合ったって人の話では、まだその時点で男は死んでなかったんじゃないかって言うんだ。
 たしかに、首が飛んでもほんの数秒なら脳は生きているだろう。
 瞬間に失神していない限り、意識もあるかも知れない。
 その胴体から離れた頭部が、最後の瞬間に自分と目が合い、そしてその目が合ったことを認識していたのかも知れない。
 声にならない叫びは、自分に向けられたのかも知れない。いったいなにを叫ぼうとしていたのか……と、こういう話だ」

次のページへ >

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-師匠シリーズ

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.