話題・雑談

【最恐のホラー番組】地上波放送『トリハダ』についてご紹介

皆さん、「トリハダ」という地上波で放送されたオムニバスのホラー番組をご存知でしょうか? 僕は夜にたまたま見まして、その怖さとよく練られた構成にドギモを抜かれました。正式名称は「トリハダ〜夜ふかしのあなたにゾクッとする話を」です。今回はこの番組を紹介します。

僕の知る地上波放送された番組のなかで、一番怖いホラー番組だと思います!


スポンサーリンク

『トリハダ』とは

この番組。元は「視聴覚室」という音だけのホラー番組が始まりでした。それが「トリハダ」となり、その後「ドクロゲキ」という名前でも何話か放送されたようです。

この番組の何が怖いって、まず後ろにBGMが流れない。ただ人が動く音や生活音のみで、BGMがありません。 また、幽霊は出ません。矛盾かも知れませんが、怖いのは全て人間というオチで、幽霊は一切出ません。しかしそれが怖いです。

有名な芸能人の方は、谷村美月さんのみで、顔の知れた方はほとんど出ませんが、それゆえに、タレント事務所とのしがらみもなく 素材の味が生きていてめちゃめちゃ怖いです。

トリハダの見どころ

見どころは、2つありまして。
まず、エピソードを見終わったあとにそのタイトルの意味が初めて分かるところ。軽いショートショートを読んだときのような「アハ体験」があります。

また、各エピソードの合間に流れる話が最後につながってくるところ。 とても練られた構成となっています。

今回、ホラー好きとして「この番組を紹介しないのはないだろう!」と書き始めたのですが、残念ながら、ストーリーを文字で描くとそこまで怖くないんですね・・。動画で見たほうが怖いです。

なので、どうしようか迷ったのですが、少しだけ文字で紹介しますので、ぜひ動画をみてみてください。※動画が消されていたら諦めてください。

『トリハダ4』

トリハダは何度か放送されているのですが、まずは2008年10月9日(木)に放送されたものを紹介します。
正直、トリハダ5を一番紹介したかったのですが、動画がありませんでした。

「トリハダ4」は三分割された動画がありましたので、ぜひ見てみてください。

あらすじ

プロローグ
深夜のコインランドリーで洗濯物が出てくるのを待つ主人公(谷村)。暇をもてあまし、あちこちにイタズラ電話をする。しかし、ある所にイタズラ電話を仕掛けると、無機質な機械音で「アナタハ今日ノ2時5分ニ死亡シマス」と返ってくる。何回電話しても同じ答え。ふと時計を見ると、時刻は1時20分……。

第一話「恐怖は常にあなたの隣りに」
毎朝同じ時間に出勤する、同じマンションの隣の部屋に住む女性に一方的な愛情を抱く主人公。ある日、ベランダに出ると、その女性の部屋の窓の鍵が開いている事に気づく。チャンスとばかりに部屋に侵入、やりたい放題の限りを尽くす。すると女性が帰ってきた。慌てた主人公はベッドの下に隠れ、彼女の私生活を覗き見るが……。

第二話「内面と外面の相違から起こる悲劇」
深夜の地下鉄に乗って帰宅する途中の主人公の前に怪しげな男が立つ。車内はガラガラで空席だらけにも関わらず、何故か自分の前に立つ。怖くて席を移動すると、自分をジッと見つめてくる。耐えられず、次の駅に着いたと同時に降りようとするが……。

第三話「行き過ぎた愛情の記録」
地方に単身赴任している主人公の楽しみは、愛する妻と子供達の様子を収めたDVDを見ること。この日も届いたばかりのDVDを見ようとセットし、再生するのだが……。

第四話「好奇心が猜疑心を超えた結末」
自動販売機のお釣りの取り出し口からあるメモを見つけた主人公。そこには、「私に興味がある人、50m先の公衆電話に行ってね♥」と女性らしき筆跡で書かれていた。どうせイタズラだろうと指示された公衆電話に向かうと、「カッコいい?yesなら100m先に行ってね♡」とメモが。その後も指示された通りに向かうとその先々にメモが。そして遂に、女性の顔写真と携帯電話の番号が書かれたメモを見つけるのだが……。

第五話「いつか尽きる求愛のカタチ」
ある日、主人公が通り道のトンネルで自転車を修理している男性が落としたスプレー缶を拾って渡した。翌日、仕事から帰るとドアノブに紙袋が。中を見るとそこには……。

第六話「誰もが持つ恐ろしい人間の本性」
出会い系サイトでメールのやり取りをしていた「コウイチ」と言う男性とファミレスで初めて会うことになった主人公。「先に着いたよ」とメールをすると「10分くらい遅れる。どんな格好?」と返信が来る。「制服&赤いカバン。そっちは?」と打つと「こっちから声かけるから大丈夫」。冗談のつもりで「こっちは教えたのに、そっちは教えてくれないなんて不公平じゃん」と打つ。すると返信が返ってくる。しかしそこには……。

エピローグ
翌日、予告の2時5分を過ぎても生きていたため、明るくなった主人公(谷村)。昨日告白した同級生に返事を貰おうと、下校途中の午後2時に帰り道にあるファミレスで待ち合わせすることになったのだが・・・・。

『トリハダ4』動画

動画1

動画2

動画3

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-話題・雑談

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.