後味の悪い話

【後味の悪い話】ゲーム『アラン・ウェイク』

スポンサーリンク

424: 1/3@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 23:55:32.15 ID:7k/dGYxj0.net
『アラン・ウェイク』というゲーム
実際に自分でプレイしたわけじゃなくてプレイ動画を見ただけ
後味の悪さは低いけど

スランプ中の売れっ子スリラー作家アランは恐ろしい悪夢を見た
それは、自分が書いた小説の登場人物たちが襲いかかってくるという悪夢だった
登場人物たちの姿は不気味な闇に被われ、アランの攻撃はまるで通用しない
そこへ旧式の無骨な与圧服(潜水服)に身を包んだ謎の男ゼインの声が響く。ゼインはアランに、光を使えば敵と戦えること、光の中にいれば生き延びられることを助言し、「『闇』がお前を狙っている。これから恐ろしい事が起こる」と警告をする

「アラン、起きて」
アランが目覚めると、妻マリアと共に田舎町へと向かう船の中だった
スランプ状態のアランの療養のためにマリアが田舎町への旅行を提案してくれたのだ
素朴な人々が暮らし美しい自然に囲まれた田舎町へ到着したアランは、仕事を忘れて純粋に旅行を楽しむことにした

アランとマリアは湖の中に建てられたキャビンに泊まる
夜、アランがキャビンの書斎に向かうと、そにはタイプライターが置いてあった
「ここに連れて来たのは俺に仕事をさせるためだったのか!?」
アランはマリアと口論する
そしてマリアを残してキャビンを出た

マリアは暗所恐怖症なのだ。キャビンを出て追ってくることはないだろう
アランがそう考えた直後、キャビンの明かりが停電で消えた

「アラン!何処なの!?助けて!」
暗所恐怖症のマリアはパニックに陥って湖に落ちてしまった
アランはマリアを救うべく湖に飛び込んだ

425: 2/3@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 23:56:45.47 ID:7k/dGYxj0.net
「アラン、起きて」
アランは森の中で崩壊した車の中で目覚めた
マリアを救おうと湖に飛び込んでからの記憶が無い。何故こうなっているのか分からない
時間を確認してみると、あれからもう一週間が過ぎてしまっていることが分かる
アランは人里に戻ろうとする
そんなアランに、あの悪夢の様に「闇」に覆われ気の狂った村人たちが襲いかかる
アランは夢のゼインの教えに従い、光を駆使して「闇」の力に立ち向かっていく

アランは「ディバーチャー」という題の原稿のページを見付ける
ディバーチャーはアランが次回作に付けようと思っていたタイトルだった
そして原稿に記されているのは、アランが体験した事とまるで同じ物語だった

アランは闇に包まれた田舎町を探索していき、原稿を拾い、情報を集め、記憶を取り戻し、真相を突き止めていく

謎の与圧服男ゼインは数十年前に実在した人物で、アランと同じく作家だった
ゼインは妻バーバラと共にこの田舎町の湖のキャビンに宿泊した
しかしバーバラが湖で溺死してしまう
ゼインはバーバラを生き返らせたいと願い、禁じられた魔術に手を出す
湖には「湖の上で書いた事柄は現実に成る」という不思議な力が秘められていた
ゼインは湖の上で「バーバラが生き返る」という物語を書き、それを現実にしようとした
すると本当にバーバラが蘇った
だが蘇ったバーバラはバーバラの姿を借りただけの怪物「闇」であり、この世界を侵食し始める
過ちに気付いたゼインは与圧服を身に付けてバーバラに戦いを挑み、共に湖の底に沈むことで「闇」を封印した

426: 3/3@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 00:00:47.10 ID:Es0R8xP00.net
数十年後、アランが田舎町にやって来てしまう
バーバラは物語を創る力を持つアランに目をつけ、「闇」の物語を書かせようとした

自分のせいで妻を失ったアランはバーバラから言葉巧みに責め立てられて洗脳され、恐ろしい闇の物語「ディバーチャー」を書き始めた
だがアランは残された僅かな理性によって、ゼインの存在を物語に登場させた
ゼインは不思議な力を得て湖の底から復活し、アランの洗脳を解いて逃がす
アランは逃走中に事故にあい、洗脳されて物語を書いていた一週間の記憶を失ってしまっていたのだ

全てを思い出したアランはバーバラに戦いを挑む

「アラン、起きて」
アランが目を覚ますと、そこは自宅であり、マリアが居た
アランはスランプを脱して仕事も順調であるらしく、マリアから「今執筆している次回作『ディバーチャー』はあなたの最高傑作に成るだろう」と称えられる
そこはアランにとって理想の世界だったが、それが「闇」の見せる夢であることに気が付き、目の前のマリアの正体が「闇」であることも見抜いた

アランは「闇」を打ち倒す

アランはこの後どすればいいのかを理解していた
『ディバーチャー』の正しい結末を書くのだ

“”光と闇。原因と結果。罪と償い。すべてに均衡がありそれを損ねれば代償が伴う。ゼインはそこで道を誤ったのだ。”

マリアは湖の底の闇の中で目覚めた。必死に泳ぎ、光指す水面を目指した
岸に泳ぎ着き、アランの名を呼ぶが、アランはもう何処にも居なかった
田舎町は光に充ち溢れて、人々は盛大にお祭りを祝っていた
そんな光の世界と紙一重の闇の世界では、アランが一人黙々と物語を書き続けていた

(恐らくゼインは妻を生き返らせたいあまり、ご都合主義な物語を書いてしまって、その結果「闇」を呼び出してしまった。だからアランは自らを犠牲にすることで妻を蘇らせ、闇の世界で物語を書くことで田舎町も救った)

427: 3/3@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 00:15:01.35 ID:Es0R8xP00.net
ああ、ちなみにバーバラは最後に「私はまたいつか復活する。またいつか別の人間に物語を書かせる」って宣言した
だからアランは闇の世界に留まって光の物語を書き続けることで闇の復活も阻止してるんだと思う

429: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 03:19:15.06 ID:uYIC4p500.net
Alan Wakeは続編が出ること前提だからこれからどうなるかまだ分からんよ
早くでて欲しい

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ