後味の悪い話

【後味の悪い話】海外ドラマ「デッド・ゾーン」

スポンサーリンク

443: 本当にあった怖い名無し:2007/11/29(木) 14:00:39 ID:Cg4F+F120
海外ドラマ「デッド・ゾーン」から

主人公は触れたものの過去や未来を見通せる「ビジョン」という超能力の持ち主。
心臓病を患う高校時代の友人が訪ねてきて自分がこの先どうなるか見て欲しいと頼む。

移植手術が成功したビジョンが見えたと伝えると自暴自棄になっていた友人は喜んでパーティを開く。
パーティで主人公と友人の妹はちょっといい感じになるがそこでまたビジョンを見た。
それは妹が事故死してその心臓が兄に移植される光景だった。

主人公は彼の協力者の牧師に事情を話し、
コネを使って移植待機者リストをいじって友人をリストのトップにしてくれと頼むが
それによって今のトップの人が助からなくなるかもしれない、と断る。

そうこうする内に友人の容態が悪化し24時間以内に移植されなければ助からないと言われてしまう。
またビジョンを見た主人公は、自分と妹が何かのことで言い争い、飛び出して行った彼女が事故にあうことを知る。
喧嘩さえしなければ妹は助かる。
問題は心臓だけだ。牧師はリストをいじることはできないがドナーを探してくれている。
しかし望みは薄い。

主人公は妹と事故を起こすはずの相手の所へ行き、出かけるのを防ごうとして相手に触れるとビジョンが見えた。
飲酒運転で妹と事故を起こす未来が変わりそのまま走り続けると、なんとスクールバスに激突してしまうのだった。
茫然自失で家に帰った主人公のもとへ妹が現れる。友人の事、牧師の言葉、事故のビジョンなどが頭を巡り
前に見たビジョンの通りに主人公は怒鳴り散らし、妹は怒って飛び出してしまう。

主人公も後を追い必死に呼びかけるが妹は引き返さず…
場面が変わり妹の墓に花をたむける主人公と友人。
「最初から知ってたなんて、君の気持ちを考えると……。牧師とも話をした。彼は正しいことをしたんだ。
俺はこの心臓が妹のだと知って死にたくなった。だが変わらなきゃいけない。君はどうだ?」
「僕は何も望んでない。ただ分かってほしい。彼女にわかってもらいたい」

文中の「妹」は全部友人の妹。
未来のビジョンを見る回は悲劇を回避する話ばかりだったので、
運命のままどうしようもなく悲劇を迎えたこの回は切なかった。

444: 本当にあった怖い名無し:2007/11/29(木) 16:09:02 ID:wdHGAirt0
>>443
名作だね。主人公が
「リストはなんとかなりそうですか?」
 と電話で確認した時の牧師の答えが印象深い。

「30歳の小学校教師、二児の母だ」
「なんですかそれは?」
「今、移植リストのトップにいる女性だ。彼女も一刻も早い
移植が必要だ。すまんジョニー、私には彼女を殺すことは
できない。人の生き死には神に委ねるべきだ。君は神の代行をしようとしている」

ドラマに感情移入し過ぎている視聴者を一気に現実に引き戻す、いい演出だった。

created by Rinker
¥299 (2022/11/26 15:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ