後味の悪い話

【後味の悪い話】夏目漱石「文鳥」

319: 本当にあった怖い名無し 2012/07/20(金) 22:53:04.06 ID:8qQcSGC20
「文鳥」で漱石を嫌いになった
人に勧められて文鳥を飼った小説家(漱石)
初めはマメに世話を焼くが、仕事やつきあいが忙しくなるにつれて忘れる
気がついたら文鳥は、餌も水もないカゴの中で死んでいた
小説家は自分が世話を忘れたのに「おまえがちゃんと世話をしないからこうなった!」と
下女(16才)を呼びつけ叱責する

自責の念だろうが下女に八つ当たりするところが嫌
なにより文鳥が可哀相

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ