世にも奇妙な物語 後味の悪い話

【後味の悪い話】世にも奇妙な物語『大注目の男』

スポンサーリンク

102: 1/2@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 21:42:03.02 ID:7f1Ycz5b0
世にも奇妙な物語より『大注目の男』

平凡通り越して地味なサラリーマンの主人公がある朝目を覚まし
家族と朝食をとろうとダイニングに来て「おはよう」と言うが
妻も子供達も挨拶を返してくれず無言のまま
それどころか全員目を見開いて、無表情のまま主人公を凝視し続けている

話しかけても答えない、その視線の前で手をパタパタ動かしても反応しない
ただただ、目を見開いて主人公を見つめ続ける事だけに全神経を集中している
自分の顔によほど変なものでもついてるのかと思ったが、鏡を見ても何もない
わけがわからないまま主人公は家族と一言も話せずに出勤する

が、通勤中にはすれちがった女子高生達から無表情のまま異様に凝視され、
出社してエレベーターに乗れば一緒に乗った社員達全員から凝視され、
自分の部署に来ても同僚達から凝視される
やがて仕事が始まり、みんな普通に業務の会話や電話の応対などをするが、
首だけは全員主人公の方を向けっぱなしで無表情で凝視を続けている

みんなして何の冗談だと主人公が怒ったところで社長からの呼び出しが入る
しかし社長室に入っても社長は主人公に対して一言も話さず
ただただ無表情で凝視したまま、デスクから立ち一歩一歩近づいてくる
恐怖でいっぱいになった主人公は会社を飛び出した

町中の人達が無表情で食い入るように主人公の顔を凝視している
社長のように無表情凝視のまま主人公に近寄ってくる者も出はじめた
もうこの町から逃げなければ、と主人公はタクシーに乗るが
運転手も後ろの主人公の顔を凝視したまま運転するので危ないにも程がある

103: 2/2@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 21:43:32.99 ID:7f1Ycz5b0
運転手を引き摺り出しタクシーを奪って自分で運転し逃げる主人公
郊外の閑散とした住宅地まで来たところでようやく停車して休み、頭を抱え込む
何でこんな目に遭うんだ、そりゃ自分は地味なのを少し気にしてて
人から注目されたいと思う事もあったが、こんな状況を願っていたわけじゃないのに

顔を上げると自分の乗ってるタクシーの周りに近隣住民が群がっていた
タクシーを取り囲み窓ガラスに手や顔を押し付け屋根からフロントガラスを覗き込み
その全員がただただ無表情で目を見開いて主人公を凝視し続けていた
主人公は悲鳴を上げ、無我夢中でタクシーを発車させ数人轢いて逃亡する

滅茶苦茶に車を運転しどこへともなく逃げるパニック状態の主人公には、
もはや郊外に立ってた目玉型の鳥避けやTVか何かにあったフジテレビのマークや
脳裏をよぎった目玉焼きすらも恐怖をもたらすものでしかなかった
そして橋の上で運転を誤り車から投げ出され、橋のワイヤーに首が引っかかって…

……死んだのを、まるで目のようにTVカメラのレンズが凝視していた
リポーターは『タクシー強盗及びひき逃げ事件』の犯人の死を報道していた
そのニュースを自宅(?)のTVで見ていたタモリがぽつりと
「こんな目立つ死に方も珍しいな」とつぶやいたところで終わり

何の理由も根拠も前触れも伏線もなく突然主人公が超自然的な体質になり
その理不尽さのせいで困惑し人生すらも変わってしまうという類型には
同じ世にきみょの「けむり男」「遠すぎた男」等があるが、
それらがそれなりに幸福もしくは妥当なオチがつくのに対しこの話はただ悲惨
過去に何か悪い事をしてバチが当たった結果ならまだしも
地味な男がちょっと目立ちたいと思っただけでこんな気持ち悪い状況に追い込まれて
人を轢くほど追い詰められ凄惨な最期を迎えてしまうのはやりきれないし割に合わない

関連記事 一覧

-世にも奇妙な物語, 後味の悪い話

© 2020 サンブログ