後味の悪い話

【後味の悪い話】新ルパン三世「だんまり」

177: 1/2 2014/07/01(火)18:27:19 ID:ZuzmUFwyu
原作の新ルパン三世の「だんまり」という話。

そのタイトルの通り、話の中に出てくる登場人物には一切台詞はない。
話の内容はルパンの幼なじみが敵対する殺し屋一味となり、ルパンと戦うというもの。

ルパンは幼なじみであった男から果たし状を貰い、決闘の場である山奥で一人待っていた。
待ってる間、ルパンは幼なじみとの思い出を振り返っていた。

小学校低学年ぐらいの時、ルパンと幼なじみは決闘の場に似た山奥でよく遊んでいた。
そんな二人を見て、いつも楽しそうに笑う車椅子に乗ったお嬢様がいた。
二人はそんなお嬢様のことが好きだった。

178: 2/2 2014/07/01(火)18:49:34 ID:ZuzmUFwyu
それからしばらく時が経ち、ルパンは高校生になった。
ルパンはお嬢様にマジックを見せたり、楽しく話していたが、幼なじみはそれが少し気に食わずにいた。
幼なじみはほんの少しの嫉妬から、履いていた下駄をルパンへ蹴って飛ばした。
それにルパンは間一髪で避けたが、なんとお嬢様に当たってしまう。
車椅子のせいか、あまり体の自由の利かないお嬢様はそのまま崖から落ちてしまう。
幼なじみはそこから逃げ、ルパンはその背中を追いかけることはできなかった。

ここで回想は終わり、現在。
ルパンのもとに幼なじみがやってくる。

カラスの鳴き声を合図にルパンと幼なじみは行動に出た。
幼なじみは懐から拳銃、ルパンはかつて幼なじみが飛ばしたように、自分の靴を相手に飛ばす。

靴の先には刃物が付いており、それは幼なじみが銃を撃つより早く喉に突き刺さり、決着がついた。

最後にルパンは幼なじみが持っていた銃を空に向かって撃つ、が・・・「カチッ」

弾は入っていなかった。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ