後味の悪い話

【後味の悪い話】やる夫「ドッペルゲンガー」

スポンサーリンク

503: 1/2 2012/06/20(水) 23:09:43.86 ID:0KBydgqP0
以前やる夫系スレで読んだ話。

ねえ、ドッペルゲンガーって知ってる?
自分と姿がそっくりで、好き勝手動いて、見ると死んじゃう。
という一文ののちに本編スタート。

主人公とその友達2人で町を歩いていると、かわいい女の子が声をかけてきた。
「主人公さん、この間は助けていただいてありがとうございました」
しかし主人公にそんな覚えはない。
しかもその女の子が助けられた場所は東京駅で、そのとき主人公は名古屋の実家に帰っていた。
そしてそのあとさまざまな人から「××で見た」「きれいな女の人と歩いていた」などと
身に覚えのないことを言われる。
友人が「まさかドッペルゲンガーってやつじゃないか」というと、「ハハハまさか」と言いながらコンビニに立ち寄った。
するとそこのコンビニの店員が主人公と瓜二つだった。
話を聞くと、姓は違うが名前が同じ、声もそっくりのただのそっくりさんだった。最近この町に引っ越してきたという。

504: 2/2 2012/06/20(水) 23:11:34.94 ID:0KBydgqP0
そしてそのそっくりさんが、女の子を助けたり、あちこちで目撃されていたということが分かった。
あまりにそっくりすぎて、主人公の知人はみんな主人公と勘違いしていただけだった。
なあんだすっきりしたとコンビニを出ると、見知らぬ女が立っていた。
「ようやく見つけた!よくも私を騙したわね!」とわけのわからぬことを叫んでいる。
話の内容からしてそっくりさんのほうの関係者じゃないかと思い声をかけようとするが、
狂乱した女は友人の制止をふりきりそのまま主人公を刺殺した。

ねえ、ドッペルゲンガーって知ってる?
自分と姿がそっくりで、好き勝手動いて、見ると死んじゃう。
最後に冒頭の一文が繰り返されてEND

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ