後味の悪い話

【後味の悪い話】レンタル家族

スポンサーリンク

561: 既出だったらごめん 2012/06/23(土) 10:13:41.08 ID:edPTqx/O0
何年も前の「世にも奇妙な・・」から

主人公(いっせい)は大学受験の合格発表の掲示を見て家に戻る。
家族(父、母、姉、祖父)に合格を伝えると皆はとても喜んだ。
みんなの異常な喜び方に少し驚く主人公。

ある日、突然祖父が喉に食べ物を詰まらせて救急車で運ばれた。
祖父は間もなく死亡した。
そして一夜明けると姉がいなくなってる。
母にどうしたのか聞くと
「なに言ってんの。今日から留学しに行くんじゃない。」
と一喝されるのだが絶対にそんな話をされた記憶はない。

次の日起きると父親が大きな荷物をもって出かける準備をしている。
聞くと今日から単身赴任だとか。もちろんその話をされた記憶はない。
あまりにも突然な出来事にとまどっていると、
夕方にある会社の人に話があるとその会社に連れて行かれる。

そこで主人公は今の家族は
その会社の派遣したレンタル家族だと知らされるのだった。
本当の両親は主人公が小さい頃アマゾンに研究に行くことになり
自分たちに何かあったときの為に自分たちが帰るか、
主人公が大学に受かるまでという期限でレンタル家族を雇っていた。
そして本当の両親はアマゾンで行方不明になり
とうとうレンタル期限を迎えたのだった。
今までの家族との記憶を回想しながら家路につく主人公。
家には主人公の大好物を作ってくれて母が待っていた。
お互い言葉少なに最後の食卓を噛みしめます。

そして朝。
誰もいない食卓で一人朝ご飯を食べ、主人公は今までと変わらず出かける。
もう誰もいない家に向かって今までと変わらず「行ってきます。」と言葉を残して。

571: 本当にあった怖い名無し 2012/06/23(土) 16:16:10.96 ID:kRSDDkkA0
>>561
これまた穴だらけな話だけど(レンタル期間中本当の家庭はどうしてたのかとか)
しんみり来るラストだね…

しかし主人公の合格に「異常なくらい」喜んだのは契約期間が切れて解放されるから…と考えると後味悪いかもw

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ