後味の悪い話

【後味の悪い話】DVシェルター

スポンサーリンク

779: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 2012/08/07(火) 21:42:24.76 ID:W5YMXFCi0
DVを受けた妻が入る『シェルター』という施設がある。
ある時そこに一人の傷だらけの女性が駆け込んできた。
彼女は小さな子供を一人連れていた。

三日後、市役所で妻の行方を聞く男がいた。
彼女の夫だ。
本来彼女のことは知らされないはずなのに、まだ若くろくに仕事のできない担当者は
彼女のいる新しい住所を夫に知らせてしまった。

DVといっても殴る蹴るくらいなら大したことないと思ったのかもしれない。
そして数日後…担当者は青ざめた。
テレビに映っていたのは、確かにあの時妻の住所を聞きに来た男だった。

彼は彼女の新しいアパートに上がり込み、
泣き叫ぶ子供の前で妻をメッタ刺しにして殺したのだった。

781: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 2012/08/07(火) 22:35:00.39 ID:W5YMXFCi0
彼は子供の方には見向きもせずに、妻の死体を放置して
逃げ出そうとしたところを、妻の悲鳴を聞いたアパートの大家に通報され逮捕となった。

裁判所で彼はこう言った。
「妻には問題はなかった、自分はあいつがとてつもなく憎く、
 殺したいと思っていただけだった」
衝動的な犯行だと主張する弁護士だったが、
前日にホームセンターで包丁を買うなどの計画性から
彼は無期懲役となった。

夫に住所を教えてしまった市役所の職員はその後、役所づとめを辞めて
細々とある小学校の用務員をしていた。
勤め始めて6年後。
5年生のクラスに一人の少年が転校してくる。彼は養護施設で育った孤児だった。
「用務員さん」彼を呼び止める少年。
「なんだい」
「あんたが余計な事言うからだぜ、ひでえよな」

少年はあの時の夫の息子だった。
その後用務員に恨み言も言わず黙って卒業した彼だったが、
その地域の県立高校に進学した後、どうなったかはわからないという。

782: 本当にあった怖い名無し 2012/08/07(火) 22:50:00.60 ID:zqusO8aa0
>>781
切ない…。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ