後味の悪い話

【後味の悪い話】ドラマ『フードファイト』

スポンサーリンク

333:1/2@\(^o^)/:2014/10/11(土) 11:51:09.41 ID:qydOFtrP0.net
ドラマ『フードファイト』より

主人公はアングラ闘技場的な大食いバトル会場のチャンピオン
それで稼いだ金はかつて自分も育った児童養護施設に寄付してるが、匿名なので
施設の子供達からは施設OBでよく遊びにきてくれるだけの平凡な社会人と思われている
一人が勝ち続けるとギャンブルにならんので、元締からは
毎回個性豊かな挑戦者をぶつけられてさまざまな苦戦に陥るが
何だかんだで「俺の胃袋は宇宙だ」で毎回勝ってしまう

その施設から養子に行った子供達の中に、当時三歳かそこいらで
今は施設のボランティアに来ているJKがいる(主人公の妹分的存在)
JKには一緒に施設に来た当時は小学校高学年だった実の兄がいて
彼女は兄が外国へもらわれていったと施設の園長から聞かされてるが
途中までは主人公がその生き別れの兄かもしれないと思わせて話が進んで行く

だが実はJKの兄は当時交通事故で死んでいた
引き取られる事が決まった妹への花向けにいい靴を万引きし、
どうしても今日要るのですみません後で必ずお金は払いに来ますと置き手紙していたが
兄を嫌っていた同施設の少年がその手紙を隠すか何かしたために
靴屋に追いかけられて逃げる途中で車にはねられたのだった

その少年は成人後医者になり、主人公の対戦相手として現れる
そしてドーピング技術で自分の胃袋を強化して主人公を倒そうとするばかりでなく
事前に↑の事を語り、兄が泥棒して死んだとJKにバラすぞ、と主人公の精神を揺さぶる
主人公は、置き手紙してたんだから(法的にはどうあれ孤児の心情的には)
泥棒じゃねーよと言い返す。しかし医者は未だにJK兄に恨みがあるぽい

334:2/2@\(^o^)/:2014/10/11(土) 11:52:15.13 ID:qydOFtrP0.net
記憶うろ覚えだが、アングラのフードファイトがJKにどこからどう漏れたのか
外国へ行ってた兄が帰国してそこにいるらしいと聞かされて近くの建物まで来る

主人公と医者は熾烈な戦いを繰り広げつつも食う合間に会話する
医者は施設にいた当時、性格も成績も良く血縁(妹)までいるJK兄に嫉妬していた
だからJK兄が泥棒になってくれた方が好都合だったから靴屋への手紙を隠した
JK兄が事故死してくれたおかげで、彼の代わりに金持ちの家に引き取られる事ができた
おかげで医者になれたが、本当ならJK兄がなってたんじゃないか、その罪悪感が
十五年以上も医者の心の中にJK兄への屈折した劣等感として根付いていたのだ
まあ主人公にフードファイトで負けて改心するんだが

二人で試合会場の外へ出るとJKがたどり着いていて、二人に出くわす
主人公は、JK兄は残念だがまたすぐ外国へ帰ってしまうんだと取り繕ったが
どこの国だと食い下がるJKにたじたじになる
すると医者が「ドイツだ、俺はドイツで医者になったんだよ
今度日本に帰ってくる時はお前の結婚式の時かもな」と
自分が兄のふりをしてJKを納得させ、
主人公に負けて元締からクビにされたのもあって本当に日本を離れていった

普通に見たら、敵役は改心するし少女の心は傷つかないしでいい話なんだが
靴の万引きで死ぬのは自業自得とはいえ、兄としての立場を医者に乗っ取られ
妹に自分が死んだと知らされない、冥福も祈ってもらえない実兄が可哀想で
成仏できないよなあ…とオカ板的意味では後味悪かった

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ