後味の悪い話

【後味の悪い話】外国ドキュメンタリー

スポンサーリンク

296: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/07/21(木) 22:15:07.59 ID:FhAss2mn0
NHKだかでやってた、外国のドキュメンタリー
文章苦手&かなりうろ覚えなので、読み辛かったらすみません

出てくるのは、お互い特に面識のない一般の3家族。スローライフのインストラクター(?)的な人が、この3家族にスローライフを教える、という番組
というのもこの3家族にはそれぞれ子どもが1、2人(小学校低学年~高校生程度)いるんだけど、どこの親も厳しく、毎日の習い事や塾で、かなりハードな生活を子どもたちに強いている。そのせいで親自身もやる事が山積みになり毎日余裕のない状況。

インストラクターは、以下のような指導をしていく。塾や習い事を1つに絞る、TVやスマホなどの電子機器の使用を控える、ご飯を必ず家族揃って食べる、などなど。
その指導に従ううちに各家族は生活に余裕が出てきて、お互い顔を見ながらじっくり話をしたり、週末には家族で出かけたり、BBQしたり、たくさん言葉を交わしたり笑い合うことが増える。
また、怒鳴ったりイライラが減った!と喜び、スローライフを通して、家族でのんびり過ごす時間の大切さに気付く…という結末。
のはずなんだけど、その3家族のうち1家族はちょっと違った。

その家族は母1人子1人のシングルマザー家庭(だったと思う)で、特にハードな生活だった。
子どもは確か小学校低学年くらいで、学校が終われば夜遅くまで習い事や塾を忙しくハシゴし、家でもピアノやダンスの練習やら勉強やらで母親がびっちり張り付いて指導。
いい学習を受けるためなら、車で何時間もかけて送迎。365日、スケジュールびっしり。
もちろん友達と遊ぶ時間などないので、友達は1人もいない。子どももそれが当たり前になってて「大変だけど頑張らなきゃね…」という感じ。

んで、この母親がインストラクターの指導に従わない。「習い事が1つだけですって!?絶対ありえない!」「一度でも休んだら、ついていけなくなっちゃう!」と鼻息荒く、インストラクターもとうとう説得を諦めて、この親子は途中でリタイア。
母親はその後「まぁ、1つや2つくらいは減らすかもしれないけど、できることは全てやっていきたい」みたいなこと言ってた…気がする。

ラストは3家族集まってみんなでBBQして終わりなんだけど、この子どもが楽しそうにしてて何か悲しかった。普段こんな風に過ごすことないんだろうな…

297: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/07/21(木) 22:20:09.08 ID:ghEIOgO70
良くも悪くもアメリカ的だなあ…

299: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/07/21(木) 23:17:38.83 ID:b5zOGqEa0
やらせかもしれないよねえ…だったらだったで後味悪い
ドキュメンタリーは全て真実を撮影するわけではないよね

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ