後味の悪い話

【後味の悪い話】戦国時代「秀次事件」

スポンサーリンク

904: 1/2 2012/11/01(木) 08:23:07.06 ID:XowlKx3Q0
戦国時代に起きた後味悪い話
奥州統一を目指す甥の伊達政宗と争い、謀略に優れ家族への愛も深いと言われた最上義光
彼には東国一の美女と言われた駒姫という娘がいた、最上義光は駒姫をとても可愛がっていたが
時の関白(ほぼ最高権力者と言える)であった豊臣秀次に見初められ、側室にと要求されてしまう
最上はこれを渋ったが、豊臣に逆らうことが出来ずに駒姫を差し出すことになる。

だが駒姫が大阪に向かう中で「秀次事件」が起きる。
豊臣秀次が太閣豊臣秀吉に謀反を起こそうとしたとして切腹させられたのだ
これに対する処罰はあまりに重く、秀次の子供を含む家族(ほぼ全員だが一部は生き延びた)の他に側室、侍女ですら
秀次に近しかったものは全て処刑された上に遺体は全て同じ場所に捨てられ埋め立てられた
これは当時としても異例中の異例といえるあまりに非道な仕打ちだった

906: 2/2 2012/11/01(木) 08:27:28.73 ID:XowlKx3Q0
そんなことも知らない駒姫は大阪に入る
駒姫は側室になるために大阪に来たがまだ正式には結婚していなかった
しかし他の側室と同様とみなされ処刑されることになってしまう。

これを知った最上は豊臣家への絶対の忠誠を誓う血判状を差し出してまでも娘の命を救おうとし
他の大名からも助命嘆願が寄せられる
秀吉もさすがにこれはやりすぎと思ったのか処刑中止を命令したが時既に遅く
駒姫は何の咎もない身でありながら15歳でその命を散らす
そして他の者達同様に遺体をまとめて埋め立てられてしまう。
最上は愛する娘の遺体を引き取ることすら出来なかった

さらにこの14日の後に最上の駒姫の母である正室も後を追うように亡くなる
最上は「これも全て前世の行いの報いなのであろう、受け入れるしかない」と漏らし悲嘆したという

晩年の秀吉のアレな行為の犠牲者達のエピソードの一つ
ちなみにこの事件で酷い目にあった大名は軒並み関ヶ原の戦いで徳川側に付いている

908: 本当にあった怖い名無し 2012/11/01(木) 14:03:52.77 ID:VEWiretlI
>>906
904を読んだ時点で、嫌な予感しまくり。
話の分け方上手いねぇ。

最上義光といえば、智将で知られているのに
「戦国BASARA」での扱いがヒドくて泣けた。
ついでに、名前を読み間違えられる率も高い。

913: 本当にあった怖い名無し 2012/11/01(木) 18:15:22.61 ID:a6SNjzKwO
>>906
電話も無線も無い時代だから、処刑中止の伝達も時間がかかっただろうしねぇ。
誤解だと気付くが手遅れ…みたいな話はやるせない気持ちになる

925: 本当にあった怖い名無し 2012/11/02(金) 06:50:59.67 ID:8cJNGtIM0
>>906
そこまでして後継に据えたかった秀頼が実子じゃないかもしれないというのが
後味悪いよな。なんか真面目にそういう研究してる人がいるらしいけど。

だいたい、あれだけ側室いて女に手出しまくりで孕んだのが茶々一人って
状況的には真っ黒すぎだろ。本人ちらとでも思わなかったのだろうか。
もう疑ったら負けみたいな感じか

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ