後味の悪い話

【後味の悪い話】パタリロ「宝石の鉱脈」

スポンサーリンク

55:本当にあった怖い名無し:2013/10/16(水) 15:37:29.30 ID:k+/XYEHUP
パタリロで個人的に後味悪かった話

ある国(作中ではM国)ダイヤを含む宝石の鉱脈が発見された。
M国は友好国であり、宝石掘削の先進国であるマリネラ
(主人公のパタリロ達が住んでいる国)に技術の供与を依頼する事に。

その話を聞いてM国へとやって来たパタリロだったが、そこで交渉が難航してしまう。
パタリロは技術提供の見返りとして儲けの5割を要求するが、
M国の大臣はそこまで払う事はできない、と話は平行線のまま纏まらない。
すっかり機嫌を損ねてしまったパタリロ。

そこでパタリロのご機嫌取りのため、ディナーショーに招待する事に。
M国一番のマジシャンによるマジックショーが行われるが、
不機嫌のパタリロはいちいちマジックに対していちゃもんを付ける。
そんな時、突如大きな地震が起こるが、すぐに治まったので、マジックを再開するマジシャン。

ところが、シルクハットからウサギを出そうとすると、変な化け物が現れる。
次々とシルクハットから化け物が現れ、観客を食い殺すが、それもショーの一部だと思い込んでいるパタリロは、「こういう気の利いたイリュージョンは大歓迎だ!」と大喜び。
唖然とする大臣に、先程の地震が核融合プラントでの爆発事故によるものだったという情報が耳に届く。

核エネルギーの大規模な流出によってプラント近辺は壊滅し、
そのエネルギーが原因で次元の穴がマジシャンのシルクハットに繋がったのだった。
化け物は観客を食い殺し、最後にはマジシャンをシルクハットの中へと引きずり込み消えてしまう。

翌日、素晴らしいマジックショーを見せてもらったという事で
パタリロは儲けの2割をよこしてくれればいい、と妥協する。
大臣は今回の事故で数万名の犠牲者が出た事を聞き、
「数万名の人名と引き換えに契約成立か」とため息を吐いた。

57:本当にあった怖い名無し:2013/10/16(水) 16:09:39.34 ID:Qrcp6MwE0
>>55
パタリロ読んだことないんだけど、人づての話だけ聞くとギャグなんだかシリアスなんだか分かんねえ・・・

60:本当にあった怖い名無し:2013/10/16(水) 17:00:42.93 ID:qG5X7NvN0
パタリロはこういうの多いよ
これもいわゆるブラックジョークの類だろ

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ