後味の悪い話

【後味の悪い話】松本清張の「疑惑」

スポンサーリンク

54: 本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 19:18:26 ID:KU42Ohdo0
女弁護士って言葉で昔のドラマ?映画?を思い出した。

主人公はやり手女弁護士(確か岩下志麻)。
新たな依頼人はDQNビッチ(桃井かおり)。
金持ち爺さんをたぶらかして後妻に収まったが、「金が目的」と言ってヘラヘラ笑うような女。
爺さんが事故で死に、桃井に保険金殺人の嫌疑がかけられた。
調べれば調べるほど桃井のDQNっぷりはあらわになっていく。

が、桃井は爺さんを殺していなかった。
老い先が短いのはわかっていたので、手を汚す気はなかった。
爺さんは自殺だった。
桃井には惚れている。自分はそのうち死ぬ。
死んだら桃井が家をめちゃくちゃにするだろう。それでも別れられない。
思いあまった爺さんは、桃井と一緒に無理心中をはかって自分だけ死んでしまった。

爺さんは計画を一番可愛がっていた孫に打ち明けていた。
最初は口を閉ざしていた孫だが、主人公の説得で証言をする。
爺ちゃん大好きっ子だった孫は無念の思いを抱えながら証言し、桃井の無実は証明された。
事件後、「殺されるなんてたまんねーよ。遺産狙っただけなのに。でも爺さん馬鹿すwww」と
ゲラゲラ笑う桃井に、水をぶっかけて立ち去る主人公。

57: 本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 19:46:28 ID:BNo5gOM/0
>>54
それ見たことある。原作が松本清張の「疑惑」。
桃井かおりが名演だったよね。

created by Rinker
文藝春秋
¥704 (2022/12/08 23:31:16時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ