後味の悪い話

【後味の悪い話】東野圭吾「名探偵の掟」

936: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 22:13:30.92 ID:jmjwgIiS0.net
東野圭吾「名探偵の掟」収録の短編のひとつ「殺すなら今」
小説とドラマ版が混ざってるかもしれないが容赦してくれ。

名探偵・天下一大五郎が、ある島で島を二分する一族間の祝言が開かれることに
しかし名探偵が島にいるならお約束ということで殺人事件が発生。
しかもそれは島に伝わる童謡をモチーフとしたものだった。
困ったことにこの童謡は10番まであり、
「名探偵は最後の一人が死ぬまで解決してはならない」という掟(お約束)があるため
天下一大五郎はほとんど傍観。
それでも名探偵らしくしなきゃということで最後の10番の歌が不明だったのをなんとか調べだし、
事件解決の前にみんなに10番の童謡の内容を漏らしてしまう。
とりあえず事件は解決したが、解決後、なぜか島のあちこちで花嫁衣装を着た死体が大量に出現。
どう考えても真犯人には全員を殺すことは不可能。
そういえば10番の歌詞の内容は「花嫁になったとさ」で終わる内容だった・・・

created by Rinker
講談社
¥748 (2021/11/28 00:45:49時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ