後味の悪い話

【後味の悪い話】娘の命をかけたSOS

スポンサーリンク

401:本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 13:53:51 ID:hGrRDnNZ0
仲居君と鶴瓶が司会のテレビで紹介されていた、ドイツの実話。
「娘の命をかけたSOS」

ある日突然娘が失踪。家族や友人の元に
「お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。
とても幸せよ、心配しないで」という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポーズされたばかりだ。
手紙のような理由で失踪する事は考えられないし、
そんな非常識な行動をする性格ではない。

同じような手紙が
家族や友人の元に届けられるが、
母は事件に巻き込まれていると思い、警察に捜索願いを出す。

しかし娘の会社宛に「退職願い」が届き、
さらに「私は自分の意思で家を出た。捜索願いは取り消して」と
手紙が届き、警察は捜索を打ち切ってしまう。

打ちひしがれる母。
それを慰める娘の男友達、ルッツ。
しかし犯人はそのルッツだった。

顔見知りなのをいい事に、彼女を自分の車に乗せ、
そのまま自宅の地下に拉致監禁。
目当ては彼女のお金である。
そして疑われないように彼女に手紙を書かせていた。

彼女は彼の目の前で手紙をかかされるが、
ルッソに気づかれないよう、手紙に暗号を書いた。

402:本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 13:54:23 ID:hGrRDnNZ0
一見すると何の変哲もない文章だが、よく見ると
他の字より太い線で書かれたアルファベットがある。
それを順序よく繋げると、
ドイツ語で「助けて」になる。
さらに犯人の名前「ルッツ」の文字も暗号にたくしてあった。

しかし母や娘は誰ひとりその暗号に気づかなかった。
そして娘の失踪から4年の歳月が過ぎ、
ルッソが別の誘拐事件で逮捕される。

そしてその誘拐事件の被害者の証言で
ルッソが娘を誘拐し、殺害した犯人である事を知る母。

事件の内容だけでも十分後味が悪い。
しかもこの再現VTRは、「手紙の暗号」に焦点をあてて
作られているので、見ている方は
「暗号が解かれて娘が助かる」と予想してしまうため、
オチに唖然としてしまう。
暗号の発見に至った経緯も全然説明されていない。
(おそらく犯人逮捕後に専門家が発見したのかな?)

何より、娘のSOSを娘の死後に知らされた
母の気持ちを思うと、やりきれない。
あと、娘の死体は塩酸で溶かされて庭に埋められていた、といのも
猟奇的で後味わる。

403:本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 13:55:06 ID:i+VbE92s0
コナンがいれば・・・ッ

405:本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 14:11:25 ID:TQP+RBZZ0
犯人の名前が「ルッツ」なのか「ルッソ」なのか
はっきりしないのが後味悪い・・・

406:401-402:2006/02/22(水) 14:11:29 ID:hGrRDnNZ0
訂正箇所

○「母や娘の友達は誰ひとりその暗号に気づかなかった。 」
×「母や娘は誰ひとりその暗号に気づかなかった。」

407:401-402:2006/02/22(水) 14:14:03 ID:hGrRDnNZ0
うわ、リロってなかった。

犯人の名前は「ルッツ」です。

連投すまん。

412:本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 16:50:38 ID:CafyFwIa0
>401それ私も観た。
娘の死後に手紙の暗号を知らされるなら
いっそ最後まで気づかないほうがよかった…と思った。

犯人のルッツは自転車屋で働いているんだけど、
逮捕のきっかけになった誘拐事件の被害者は、そこの店長の恋人。
この恋人がルッツの隙をついて逃げて、事件が発覚。
逮捕後に判明したことだけど、実はルッツは似たような事件を過去に何度も起こしていて
自転車屋の店長は、昔同じ手口で妻をルッツに誘拐・殺害されていた。
自分の妻を殺した相手を、それと知らずにずっと雇い続けていた店長のことを考えると
これもやっぱり後味悪い。

関連記事 一覧

-後味の悪い話
-

© 2021 サンブログ