後味の悪い話

【後味の悪い話】漫画「おひさまの世界地図」

スポンサーリンク

おひさまの世界地図 概略

974: 本当にあった怖い名無し:2009/06/10(水) 19:50:52 ID:MMUijDzp0
おひさまの世界地図

AからZまでのアルファベットを名前の頭文字に持つ子供たちの話
男と女それぞれ13人ずついて、その世界では大人は数人の世話役の人しかいない
子供たちがどれだけ成長しても大人は変わらない姿のまま

その世界には文明がなくて、子供たちは原始的な生活を送っていた
ある子供が紙飛行機を折っているところを見て大人は何故か驚愕とする

高校生ぐらいになったある女の子は世話役の大人の男の人に恋をする
しかし実はその男の人を含めて大人たちはみんなロボットだったので告白は受け入れられなかった
子供たちが世界だと思っていたものは実は巨大な宇宙船で、子供たちは人類の生き残りだった
地球が滅びたため、他の星に移住して繁殖するよう子供たちは定められていた

他の星までたどり着くには何万年もの長い時間が必要だった
子供たちは擬似的な夜を迎えるたびに眠りについていたが、
実はそれは一回につき何百年単位の眠りだった

老化を抑えるためのその定期的な処置の間、男の人は眠る女の子を見つめていた
男の人も本当は女の子に恋心を抱いていた
何万年もの間ずっと男の人はそれを繰り返してきた

地球が滅んだのは文明が発達しすぎたためだった
また同じことを繰り返さないために新たな星に元の文明を持ち込むことは禁止されていた
もちろん、文明の結果として生まれた世話役たちも
宇宙船が星についたらもう二度と動けなくなる

だからこそ男の人は女の子の思いを拒むしかなかった
飛行機を知りもしない子供たちが紙飛行機をつくったように、
なにも知らなくても人は知恵をつけまた文明をつくっていくものだと女の子は言う
男の人は、新しい星で女の子に幸せになってもらいたいからと女の子の記憶をすべて消した

新しい星にたどりついた子供たちは13組のカップルとなり子供をつくった
子供を抱きかかえながら女の子は、忘れた記憶の奥底から、
男の人のやさしい声を時々ぼんやりと聞いては自然と涙を流した

977: 本当にあった怖い名無し:2009/06/10(水) 20:40:05 ID:ukFAuDTp0
>>974
あれ…?Zの男の子が死んでお世話サイボーグになるんじゃなかったっけ

978: 本当にあった怖い名無し:2009/06/10(水) 21:18:44 ID:sUc7StUQ0
>>977
まぁそれはどうでもいい枝葉だな。
要約では省略するべき部分。

スポンサーリンク

おひさまの世界地図 詳細

814: 1/6:2008/10/19(日) 22:38:01 ID:aWbTsyB80
ガイシュツかもしれんが『おひさまの世界地図』山口美由紀
少女マンガのかわいい絵で、内容は結構SF。

メルヘンチックに始まる話は、二人の大人(ジョン、メリー)と26人の子供達だけの村の生活。
食べ物も服も完全な自給自足。
「村」は深い森に囲まれ、その外は底の見えない谷と霧に囲まれている。
森の外にはなにもない、世界はそこで終わりだと教えられている。

「春」「夏」「秋」「冬」の季節はそれぞれ1年。
1年の最後の夜に特別なベッドで眠ると、次の朝には季節が変わっている。
子供は男女13人ずつ、AからZまでにちなんだ名前がついている。

Aのアミはそばかすのお転婆娘。男の子より強く木登りもかけっこも無敵。
Zのジークは男の子だけど内気でちょっとトロい。いつも図書室の本ばかり読んでいる。
元気なアミはこのみそっかすのジークと一番仲がいい。
子供は6~7歳くらいか?10歳はいってないかんじ。

ある日、動物の繁殖から「子供」の話になり、26人の子供達は男女13人ずつ、つまり
13組のペアになることに気付いて大騒ぎ。
お互いの相手を選ばなければ!と「お見合いごっご」を始める。
アミは「暴れ豚」と呼ばれて男の子に不人気。ジークも気弱すぎて同じく。

子供達は無邪気に平和に育っていて、誰も何も疑わないことに、ジークだけは気付いていた。
この村は変だ。
森の外に本当に何もないのだとしたら、本に載っている海や動物はなんなのだ、と。

大人はジョンとメリーだけ。自分たちの親はどこなんだ?AからZまでの名前をつけたのは誰か?と。
同じ頃ジークには誰にも言えない悩みがあって、いつのまにか傷や病気を治せる不思議な力を
使えるようになっていたこと。
この秘密をアミにだけ打ち明けようかと悩みながら言えずにいる。

815: 2/6:2008/10/19(日) 22:39:32 ID:aWbTsyB80
そしてついに、この力を使っているところを誰かに見られた。
それは空からの声。「おひさま」の声だった。
おひさまはしゃべるだけでなく、村の出来事や子供達のどんな秘密も知っていた。

ジークはおひさまに「世界」のことと「外」のことを聞くが、やはり誤魔化される。
納得できないジークは「とりあえずおかしくない物を書こう」と村の地図を作り始めた。
それをアミに見つけられ、一緒に作ろうと盛り上がる。

「森の外」になにがあるんだろう、とつぶやくジークに、アミは「行けばいいじゃない」。
二人は入ってはいけないと禁じられている森を抜けて、谷にかかった吊り橋を見つける。
やっぱり外に何かがあるんだ、と橋を渡り始める二人。

途中まで来たところで、二人は撃たれて昏倒する。
ジョンとメリーが連れ戻しに来ていた。そして二人は橋の記憶を消される。
メリーが「記憶と一緒にあの力も消えていればいいんだけど…」と「おひさま」に呟く。

二人は遊んでいて転んで気絶したことになっていた。
アミの擦り傷をジークがあの力で治すと、アミはすごいすごいと大喜び。
知られたら怖がられるとばかり思っていたジークはやっと安心して、もう一つの
おひさまがしゃべるという秘密も教え、アミもおひさまと会話する。
「決めた!私は将来絶対ジークとペアになる!」とアミがおひさまに宣言。
ジークは地図の中に「アミ」と書き込んだ。

1年続いた「春」の終わりの日。明日からは「夏」。
「ゆりかご」という特別なベッドに入った子供達を見守るジョンとメリーの前で
ジークの「ゆりかご」が壊れた。ジョンとメリーとおひさまが一番恐れていた事態が起きた。
想定外だったジークの「力」で、ゆりかごは負荷に耐えられなかったのだ。

次の朝、子供達が起きた時にアミはジークがいないことに気付く。
メリーは「ジークは夜のうちに病気で死んだ。かわいそうなのでもう埋めてしまった」と告げる。
うそ!昨日まであんなに元気だったのに!とアミは泣いてふさぎ込む。

816: 3/6:2008/10/19(日) 22:42:18 ID:aWbTsyB80
ジークの死からずっと元気のないアミ。
そんなときにジョンの大ニュース発表。「今日から『大人』がもう一人来まーす!」
3人目の「大人」は優しいジョンとメリーとは全くタイプも違う。ゼロという名の無愛想な青年。

だがアミはそのゼロが、かつてのジークしか知らないはずのことをするのに気付いた。
ジークとは外見も性格も全く違う、なにより大人。金髪でいつも優しく笑っていたジークと、黒い髪と目
目付きも態度も悪く皮肉屋で嫌な大人のゼロ。それなのにアミは彼の中にジークを探してしまう。

歳月が流れ、子供達も成長した(10代後半くらい?)
アミはゼロと常にケンカをしながら元気を取り戻し、見た目もそばかすか娘から結構な美人に。
でも中身は変わらず。

男の子達に人気があり、アミとペアになりたがる子も多いが、アミは今でもジークを忘れていないし
普段はゼロにちょっかいを出しまくってはケンカばかり。
優しかったジークとは正反対の性格のゼロ。こんなイヤミで意地悪な奴がジークのはずがない
と思いつつ、ゼロ=ジークの疑惑が頭から消えない。

そしてアミはジークの死後、彼と同じように図書室の本を読み漁っていて、今ではジークの言っていた
「この村は変だ」という意味にも気付いていた。15年以上全く外見が変わらないジョンとメリーのことも。
おひさまにその話をぶつけに行くと、アミの周辺でなにかがスパークする。
「最近よく起きるの」おひさまの不安が現実になり始めていた。

そしてふとしたことから森の外れまで行ってしまい、自分が一度ジークとここへ来たことを思い出す。
その頃村では、アミに思いを寄せる男の子がゼロに決闘を挑んでいたが、余裕で避けるだけのゼロに
自爆でケガ&気絶。人を呼びに行かせて誰もいなくなった後、ゼロはその傷を「力」で治す。

ジークと同じ力。それを見ていたアミは、やっぱりゼロはジークだと確信。
伝言でゼロを呼び出し、その際に「地図を完成させましょう」という言葉だけで
迷わず吊り橋に来たゼロを「あなたはジークね」と問い詰める。吊り橋のロープを切りつけながら
「本当の事を言わないと吊り橋を切ってこのまま崖下に落ちる」と自分の命を賭けて。

817: 4/6:2008/10/19(日) 22:46:58 ID:aWbTsyB80
ゼロはアミを引っぱって吊り橋を渡り、崖の向こう側へと連れて行く。
そこでアミは足下に広がる夜空を見せられ、自分たちのいる場所が宇宙船の中だと知らされる。
「おひさま」はこの船のメインコンピュータだった。

地球に住めなくなった人類が、希望を賭けて宇宙に放った移民船のうちのひとつ。
子供達はここで育ち、自然の中で生きていく術をジョンとメリーの2体のロボットから教えられる。
季節の終わりの特別な眠りは冷凍睡眠で、子供達が「次の朝」だと思っているのは
実際は数百年の時間が過ぎている。最後に眠ったまま目的地の星に降ろされても、子供達は
季節が変わったとしか思わないだろう。

船は目的地まであと1回の眠りで着くところまで来ていた。
それでもゼロはアミに自分はジークではないと言い張る。
「力」は自分もジョン達と同じ機械だから使える。ジークはとっくに、あの夜に死んだ、と。
走り去るアミ。
メリーがゼロに問いかける。
「本当にいいの?」

アミは秘密を誰にも話さなかった。ジークがもう死んでいた事実を受け容れようとしながら
ふと、ゼロが「目的地」に一緒に降りるのか気になり出す。
子供達はかつての「過ち」を繰り返さないために、可能な限り文明から遠ざけて育てられ
原始に近い生活を送っている。(だから想定外だった「力」が目覚めてしまったのだろうと)
新しい星に過去の文明は一切持ち込めない。
船は子供だけを降ろし、船も、ジョンもメリーも自分もそこへは行かない、とゼロ。

アミがあまりにも強く死んでしまったジークを想った時、何もないはずの空間に
ジークの姿が克明に浮かび上がる。「これがジークやゼロと同じ私の『力』なの?」
それを知ったゼロは「二度と使うな!」とアミに叫ぶ。
「おまえのゆりかごまで壊れてしまう!」

818: 5/6:2008/10/19(日) 22:50:53 ID:aWbTsyB80
そして最後の眠りが来る。
アミはジークのことでずっと「ゆりかご」の眠りを恐れていた。
そこへもって「力」の覚醒が加わり、次は本当にゆりかごが壊れるかもしれない。
アミの不安を消すために、ゼロはゆりかごが反応しないレベルで「力」を使い続け
彼女の心を落ち着かせることを決める。アミが目覚めるまでずっと。

数百年後、ゆりかごが動きを止めて子供達も目覚める。ゼロはいなかった。
アミはゼロの幻を自在に作り出せるようになっている自分に気付く。
いつのまにかゼロ本人に恋をしていた自分にやっと気付く。
そしてアミの「力」に反応して船の回路がショートを繰り返す。

ゼロが姿を消してから毎日泣き暮らすアミに、恋敵(決闘した子)の発案で
みんなでゼロを探しに行くことになる。村の中にいないのなら「外」じゃないか。
そして吊り橋を見つけた子供達が大勢で渡り始める。アミが気付いて追いかけた時
以前アミが傷つけたままの吊り橋のロープは重みで限界に達し、切断される。
崖に落下していく仲間達を見てアミの「力」が最大限で放出されると
宇宙船の全ての機能がショートした。

アミの「力」で、仲間達はケガもなく助かるが、宇宙船と連動したジョンとメリーも
倒れたまま動かなくなる。駆けつけてくるゼロ。彼には独立した回路があるので動けると説明。
やがて船の機能も回復するが、衝撃で軌道がズレ、宇宙船は太陽に突っ込むコースに乗ってしまった。
修正も不可能になり、緊急脱出がとられる。ジョンとメリーはダメージが甚大すぎて
起き上がれないまま子供達に最後の別れを告げ、機能を停止する。

全ての事情を知っているアミは、仲間を率いて「ゆりかご」へと入るように促す。
これから新しい世界へ行くこと、そこで自分たちだけで生きていくことを説明する。
「そこのおひさまはしゃべるの?」(この騒動でおひさまはみんなの前で話した)と聞かれて
アミが泣きながら答える。「しゃべるわよ。だってゼロはこれからそこへ行くんだもの」
アミが眠ろうとした寸前、おひさまーメインコンピュータが話しかけてくる。
「ゼロはジークだよ」

819: 6/6:2008/10/19(日) 22:54:19 ID:aWbTsyB80
ゼロの操作で脱出用のカプセルが25個射出される。眠るアミの姿も確認した。
そこで1個余っているカプセルを見つけるゼロ。
もう必要はないから処分しろと言っておいた自分(ジーク)の分。
ゆりかごが壊れた時、ジークは一度は死んだ後、蘇生できた。

ただ、そのために身体の多くの部分を機械にしなければならなかった。
戻れなくなった彼は、身体のほとんどを機械に取り替えながら船の運航に関わり
実質何千年も「外」から仲間とアミを見守り続けてきた。もう生身の部分はほとんどない。
戻るつもりはなかったが、アミがあまりにも塞ぎ続けているので
ジョンとメリーに説得されてアミのために「ゼロ」として村に関わることになった。

そこへアミがやってくる。さっき確かに確認してから射出したはず、と慌てるゼロに
「あれは私の作った幻」とアミ。「あなたはジークなんでしょう。おひさまに聞いた」
機械の身体になってしまったら、決まりではもう新しい星に降りることはできなくなるが
彼の「力」は失われなかった。だからまだ降りる資格はあるだろう、とおひさまが言った。

脱出カプセルには2人で乗ればいいからジークも連れて行け、と。
一緒に行こう、あなた以外とは誰ともペアになんかならない、と訴えるアミに、ジークは手を伸ばす。
「君はママになって子供を産む。何も生まない機械は降りてはいけないんだ」
そしてアミの記憶からゼロとジークの全てを消去する。
「地図に書いた村も森もおひさまも、なにもかも作り物だったあの世界で、君だけが本物だった」

遅れて星に落ちたカプセルを仲間達が迎えに行くと、アミはなにも覚えていなかった。
ゼロとジークだけでなく、これまでのことも全て忘れていた。
それから新しい村ができて、生まれてきた子供達も大きくなっていく。
子供達はそれぞれに植物と話をしたり、いろいろな「力」を持っている。
アミだけが「おひさま」と話すことができる。
なぜだかわからないけれど、おひさまから今日もとても優しい声がアミだけには聞こえる…

以上。
おお、やっと最後に救いが!と思わせた後の、この急転下大バッド・エンド。
なのにアミはなぜか(記憶がないから)とても幸せ。泣ける話なんだけど、ものすごく後味は悪いです。

829: 本当にあった怖い名無し:2008/10/20(月) 00:29:28 ID:e3wHigPFO
>>819
すげえおもすれかった~乙

846: 本当にあった怖い名無し:2008/10/20(月) 04:34:52 ID:0gzgnoto0
>>819
面白いね。読んでみたい。
後味悪くは感じなかったw 普通に感動したw

created by Rinker
¥361 (2022/10/02 15:22:23時点 Amazon調べ-詳細)

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ