後味の悪い話

【後味の悪い話】新撰組VS相撲取り

785: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 10:36:29.31 ID:CYrTKMJ/0
新撰組VS相撲取り
酔っぱらった新撰組と相撲取りの集団が町でばったり遭遇。互いに道を譲れ、譲らない
と口論になり、当時の局長芹沢鴨が相撲取りを峰打ちですっ飛ばす。
そこで一度別れた両者でしたが、怒った力士たちは仲間50人以上を引き連れ新撰組がいる
遊郭に突入。
しかし相手は新撰組、力士たちをバッタバッタです(しかも大小は無く、脇差だけで)新撰組無傷、力士たちはボロボロにされてしまいます。
1人は腕を切り落とされ、一人は足をすっ飛ばされ、中でも関取熊川熊吾郎は重傷を負い、その時の傷が原因で亡くなってしまいます。
相撲取りたちは奉行所に関取が殺されてしまったと訴えようとしましたが、事の次第を先に聞いていた近藤勇は、武士に対して庶民が道を譲らぬという
不届きを行い、さらには復讐しに徒党を組んで現れたと、相撲取りよりも先に奉行所に訴え出ていました。
訴えられた立場、さらには相手が一応は武士、相撲部屋の親方は逆に詫びを入れさせられてしまいました。
しかも相撲取りたちが復讐する可能性があるため、もしも道でばったり相撲取りと新撰組隊士がであった場合、
斬り殺しても文句言うなよという覚書まで書かされてしまいましたとさ。

787: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 11:31:04.35 ID:sIVE657V0
相撲取り雑魚じゃん

789: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 12:19:36.85 ID:zp/8WWdA0
実際の新撰組って素行悪かったって何かで読んだ
岡本綺堂なんかの小説でも良い書かれ方されてないし、当時の人からは好かれてなかったみたいね

維新後に捕まった近藤勇は偽名使って別人の振りして逃れようとしてたのを、顔を知ってる警官に見破られたとか言うしね

793: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 15:25:11.90 ID:CYrTKMJ/0
新撰組の素行の悪さは有名です。壬生狼(後世の創作ではあるが)と言うぐらいのもので。
まあ食い詰め浪人やらが金に釣られて清河に付いてっただけですから、当然。
金を出さない問屋を荒らしまくったりしていた。
特に芹沢一派がひどく、結果殺されている。さらに言えば、どんどん新撰組が真面目になってくると
脱走したり、切腹したりと試衛館以外の創設メンバーのほとんどが消えている。

ちなみに近藤の最期に関して、最後まで命乞いをして情けないやつだったとか、変装して逃げようとしていたといった
噂があるが、これに関してはほぼほぼ嘘。
改名はしたが、それは兵を募集するためであって、命惜しさではない。
実際流山で形勢不利と見るや否や自ら投降し、他の新撰組隊士を逃がす時間を稼いでいる。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ