後味の悪い話

【後味の悪い話】サード・バースデイ

スポンサーリンク

734:サードバースデイ@\(^o^)/:2015/03/12(木) 17:18:15.94 ID:TLAOSBU90.net
昔やった「サード・バースデイ」ってゲームの教官の話

実体を持つ精神生命体みたいな謎の怪物が異次元から現れて現実世界の人類を襲い始める

Aは記憶喪失で、Bという妹がいたような気がしたけどそんなことなかった
Aには何故か幽体離脱みたいな特殊能力があって、他人の肉体に憑依して操ることができる
それだけじゃなく、自分の精神を弾丸のように怪物に撃ち込むことで、北斗真拳のように怪物を内部から木っ端微塵に破壊する必殺技を持っている

Aは怪物退治専門の特殊部隊みたいなのに所属することになって、精神だけを過去に転送して、
現地の一般人や特殊部隊の肉体に憑依して、人命救助や怪物討伐をしたりして過去の惨事を改善し、現在の状況を少しでも良いものに塗り替えていく

ある時、Aに武器の扱いを教えてくれた教官の友人が指揮する特殊部隊が、怪物との戦闘で全滅した
Aは、全滅した部隊を救助する任務を与えられ、過去へ飛ぶ
Aは特殊部隊の隊員に憑依して怪物の巣の中へと突き進んでいく
特殊部隊の隊員たちは「この作戦は何かおかしいンゴ」「まるで俺たちを巣の中に誘い込んでるみたいンゴ…」と噂し始める

巣の最深部でAが目にしたのは、巨大な怪物と、怪物を愛でる教官の姿
過去に怪物の襲撃で娘を失っていた教官は、
巨大な怪物を自分の娘だと思い込んで気が狂い、友人を殺して成り代わり、特殊部隊の隊員たちを巣に誘い込んで怪物の餌にしていた

Aは怪物を倒す
狂ってる教官は怪物と心中

一方、過去ではなく現在の教官は、「もうそろそろ過去の世界で主人公が怪物倒しちゃうンゴ。そうなると、きっと俺もそこで死ぬンゴ」って感じで達観して屋上で黄昏てた
仲間の一人がそれに気付いて大急ぎで屋上へ向かうんだけど(仲間が何をしたかったのかは分からん)、時すでに遅く、教官の姿は跡形も無くなっておた
教官の存在そのものが消滅したことにより、仲間は自分が屋上へ上がった理由を忘れてしまい首を傾げた

735:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/12(木) 17:18:47.82 ID:TLAOSBU90.net
ちなみにこのゲームの結末は、Aはラスボスを倒して、サイクルの彼岸、過去の始まりの時と場所に飛ばされる
そこで真相が明らかになる
Aには、特殊能力を持った妹のBがいた
ある事情からAが死に瀕してしまった瞬間、BはAを助けたい一心で特殊能力を発動させ、咄嗟にAの肉体に自分の精神を撃ち込んだ
しかし、Bの精神はAの精神を粉々に打ち砕いて異次元にばら蒔いてしまった(つまりBはAに対して必殺技をやってしまった)
粉々になったAの精神は異次元へと飛び散り、そこで永い時を経て怪物へと進化していき、現実世界へ舞い戻って人類に牙を向いた
Aの肉体に憑依したBは記憶喪失になり、自分をAだと思い込んでいた。つまりこのゲームの主人公は、Aの肉体に入ってるBだった

ここでAは「このサイクルを終わらせよう」って言って、Bの手で物理的に自分を殺させる
Aが過去の世界で普通に死んだことで、その後怪物が出現するっていう未来は無くなって、教官とか仲間たちが皆普通に幸せに生きてる世界が誕生した
「彼女が望んだ平和な世界は、彼女が存在しない世界でした」
という結末

で、クリア後の人物ファイルにAのことが「その存在は誰も知らない。ただ一人を除いて…」とだけ書いてあるのがなんとも

736:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/12(木) 18:50:34.92 ID:GP/AA6o+0.net
あの話をよくここまで簡潔にまとめたなあ
既プレイヤーだけど、すごくわかりやすかった

737:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/12(木) 18:57:33.75 ID:WzLOdhRM0.net
いい感じに後味悪いな

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥5,000 (2021/12/06 09:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ