後味の悪い話

【後味の悪い話】海のおしろのがんこちゃん

スポンサーリンク

763: 「海のおしろのがんこちゃん」 04/08/20 18:36 ID:hCg2zvhJ
今日NHK教育でやってた人形劇、
がんこちゃんスペシャル「海のおしろのがんこちゃん」

舞台は、人間が絶滅してしまった後の世界。
主人公のがんこは恐竜の女の子。
マンナカ小学校でワニやかたつむりやカエルのお友達と
机を並べて勉強に励んでいます。
そんなマンナカ小学校が、夏休みに入ったところのお話。

海を見た事の無いがんこちゃんは、夏のキャンプで海に行く事に。
カッパの知り合いに、竜宮城に案内される一行ですが
着いた先では、悪の王様が乱暴の限りを尽くしていました。
よそから来た恐竜が、乙姫を廃して竜宮城を乗っ取ってしまったのです。
がんこちゃん達は、皆を助けたいと思いました。

764: 「海のおしろのがんこちゃん」 04/08/20 18:37 ID:hCg2zvhJ
ところが、魚の着ぐるみを纏い、単独で接触している内に、
がんこちゃんは王様に気に入られてしまいます。
そして、王様は自らの過去を語りました。
彼は、実は伝説の浦島太郎だったのです。
一度地上に戻った事があるのですが、その時に恐竜は滅びてしまい
自分独りになってしまったのだそうです。
それで自棄になった浦島は、竜宮を乗っ取って暴虐を尽くしたのだと・・・。
「恐竜は滅んでないよ!だってあたしが居るもん!」
魚の着ぐるみを脱いだがんこちゃんを見て、王様は喜びました。
そして、がんこちゃんにプリンセスになれとプロポーズをしたのです。
王様をやっつける目的のがんこちゃんは、話を合わせます。

765: 「海のおしろのがんこちゃん」 04/08/20 18:38 ID:hCg2zvhJ
ようやく再会した他の仲間が、がんこの立場を利用しようと持ちかけました。
王様を深い崖に突き落とそうという作戦です。
いくら悪い王様でもひどいよ・・・がんこちゃんは反対しますが
そこへ王様がやってきて皆隠れました。

話し込むがんこと王様。
そこへ、仲間の一人が、術を使い幻の魚を出現させます。
王様は、これは珍しい魚だと、それを追います。
魚は王様を例の崖へ誘導しながら泳いで行きます・・・。
がんこちゃんはそれに気がついて、「危ない!」と声をかけますが時既に遅し。
王様は足を滑らせて崖下にまっさかさま。

「浦島さん、死んじゃったー!!」
嘆くがんこちゃんに、仲間はよくやったとねぎらいの言葉をかけました。
乙姫様や海の皆も、お礼を言います。
さて、地上に帰ろうというその時・・・
崖下から、王様・・・いや、傷だらけの浦島が這いあがって来ました。

「生き残りが居るなら、俺も一緒に連れていってくれ」

766: 「海のおしろのがんこちゃん」 04/08/20 18:39 ID:hCg2zvhJ
乙姫様は、帰る一行に「真実の鏡」を手渡します。
浦島に、あなただけは見てはいけない、とだけ含みおいて。

地上に戻った一行は、家族達と再会します。
お母さん達はとても心配していました。
「夏休み中、ずっとどこに行ってたの!?」
「夏休み入ったばかりでしょ?」
「何言ってるの。もう夏休みは最後の日よ!」
地上と竜宮では、時間の流れが違うらしい・・・と皆は気付きました。

地上で浦島は、子ども達と仲良く暮らすようになりました。
子ども達は、真実の鏡を代わる代わる覗きこんではしゃぎます。
なーんだ。大丈夫じゃないか。
見てはいけないと言われていた浦島は、初めは顔を背けていましたが
次第に誘惑に負け、とうとう鏡を覗き込んでしまいます。そのとたん

浦島の巨きな身体は、瞬く間に白骨化してしまったのです。
「きゃあああああああ!」
がんこちゃんの悲鳴が響きます。
皆も口々に驚きの声を上げました。
長い長い時を竜宮で過ごした浦島は、自分の本当の時間に戻ったのです。

「・・・浦島さん、笑ってるように見えるよ」
がんこちゃんはそう呟きました。

(おわり)

769: 本当にあった怖い名無し 04/08/20 18:50 ID:eQ9oAqFy
>>763
内容自体も後味悪いが、
子供向け番組で「人間が絶滅した後の世界」っつー基本設定もなかなか・・・

781: 本当にあった怖い名無し 04/08/21 17:53 ID:zuiYnbT2
なんだかやりきれない

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ