後味の悪い話

【後味の悪い話】O・ヘンリー「運命の道」

スポンサーリンク

898: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:14:58.61 ID:Dxkn67iY0.net
O・ヘンリー「運命の道」

フランスのとある村、羊飼いの青年は恋人と喧嘩別れした
青年はその勢いで村をおん出てパリに行き、
かねてからの夢である詩人を目指すことにした
パリに向かう道を進んで行くと、左右の分かれ道に出くわした
さて、どの道を選ぶ?

右に進んだ場合…
ナントカ侯爵とその姪に出会う
侯爵は悪いやつらしい
気の毒な姪を救うため侯爵と銃で決闘する
→撃たれて死ぬEND

左に進んだ場合…
パリで一目惚れした女に手紙を頼まれるが、
それが暗殺グループの手紙だったのでとっ捕まる
暗殺ターゲットの替え玉にされる
→撃たれて死ぬEND

元の道を戻った場合…
村に戻って恋人と仲直り
結婚して羊飼って幸せに暮らす

899: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:15:39.99 ID:Dxkn67iY0.net
が、詩人の夢を捨て切れず詩を書くのに没頭
羊番がおろそかになり、狼に羊とられる
貧乏になり女房ブチ切れる
書き溜めた詩を文学者に読んでもらうが、
才能がないと言われて絶望
羊番に使うと言って古道具屋の銃を買う
→銃で自殺END

どう進んでも銃で死ぬEND、それが全てナントカ侯爵の銃

900: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:23:20.98 ID:pYzONhua0.net
どんな人生を作ろうと、運命の行き着く先なんか一つってことなんだな

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ