後味の悪い話

【後味の悪い話】キューピッド

596: 本当にあった怖い名無し 2010/11/27(土) 17:45:08 ID:depUJCf+0
関係ないけど思い出した短編漫画

ある高校生くらいの少年が、同じ学校の女子に片思いをしていた
少年が遠くの物陰から少女を眺めていると、そこへキューピットが現れる
キューピットは少年の恋を叶えてあげると言い、少女に向けて矢を放った
矢は少女の胸に突き刺さり、少女は少年を見ると頬を赤らめて「この人にならなら一生を捧げてもいい」と言った
しかし、矢が胸に刺さっていることでどんどん出血し、その場で倒れて死んでしまった
キューピットは言った「彼女が生涯で愛したのは君一人だったよ」
少年は震えながら少女の亡骸とキューピットを交互に見て呟いた
「・・・え?」
終わり

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ