復讐話

【復讐話】イジラレキャラ

スポンサーリンク

34:本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 04:25:57.71 ID:pFUZjXu40

他の人と比べたら大したことではないけど、高校時代に復讐した話

俺:背も低くガタイも良くない
Y:ガタイそこそこでグループのリーダー格

地元の進学校に入学した俺は、仮入部期間が終わるころに野球部に入部した。
それほど運動が得意ではなかったけど、
体を動かすのが好きで昔から続けてたからという理由で決めた。

そこに同じクラスになった別の中学出身のYも、野球部に入部してきた。
最初は普通に仲良くしていたけれど、俺が野球下手だというのが分かったあたりから
部内でイジラレキャラ的な扱いをされるようになった。
例えば、守備練習でエラーしたら「お前どんくさいなww」みたいな感じで。

関西だったからというのもあって最初はあまり気にしてなかったんだけど、
次第にイジリがエスカレートしていき、Yを中心に練習で嫌がらせが始まった。
打撃練習でわざと体に当たるようなコースに投げてきたり、
学校の外周をランニングしてる時に突き飛ばされたり等など。
当時はギリギリじゃれてる範疇だと思ってたし、野球が好きだったから我慢してた。

35:本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 04:26:35.44 ID:pFUZjXu40
そんな状態だったある日の授業中。
二列ほど後ろの席から消しゴムを細かくちぎったやつを投げられた。投げてたのはYだった。
親に学費を出してもらってるんだから真面目に勉強しないと、と思ってた俺は授業に集中できないことに腹を立て、何度もYを睨んだが全く止む気配がない。

それを見てYの取り巻きも笑ってる。
結局、授業が終わるまで投げ続けられ俺はマジギレしていたけれど、面倒を起こしたくなかったから一言謝ってもらえばいいや、と思って休み時間に今後はやめるように話しかけた。

そしたらYが
「お前何キレてんだよw、ちょっと消しゴム投げただけじゃん。そんなカッカすんなよwww」
とか言ってきたから、それまでにちょっとずつ溜まってた鬱憤もあって、「ふざけんな!」って言いながら筆箱に入ってた30°カッターナイフ(普通のより鋭い)をYの足の甲目掛けて投げた。

まさか、刺さると思ってなかったところ見事にヒット。
漫画のワンシーン見たく上履きのゴム部分に直立してた。
その瞬間、Yが
「は、は?ありえんやろ、なにしとん?」
とか言いながら硬直してたので、俺は無言でカッターを抜いてティッシュで拭いた後、筆箱に仕舞って次の授業の準備をしてた。
周りがちょっとざわついた雰囲気になったけど、無視。
Yは誰かにティッシュを貰ったようで、靴下の中に突っ込んで止血してたみたい。(後ろでやってたから見てない)

その後は、面倒なことになったなとか、クラスで浮いてしまうなとか考えてたけど、
不思議な事にYからの復讐もなくクラスから浮くこともなかった。
相変わらず野球部ではイジラレキャラだったものの、
それ以降嫌がらせがピタッと止んだので、やったぜと一人喜んでた。

卒業後、何年かしてから友達との飲みの席で「○○(俺のこと)がYにキレた事自体ビビったけど、みんなやられて当然だな、と思ってた」と聞かされた。
そのせいか、誰も先生に報告しなかったらしい。
同時に「○○(俺のこと)はキレさせたらマジでヤバイ」と学年中で噂になってたということも笑いながら話してくれた。

完全にDQNの行動だけど、人生で人に危害を加えたのは後にも先にもこの時だけ。
まあ、あそこで反撃してなかったら完全なイジメに発展してたかと思うと我ながらよくやったなと思う。

関連記事 一覧

-復讐話

© 2020 サンブログ