後味の悪い話

【後味の悪い話】1人の乞食

スポンサーリンク

10:1/2:2006/01/21(土) 01:47:43 ID:3ro2SvBV0
江戸時代、とある小さな村に1人の乞食が住み着いた。
今で言う知能障害があったようで、いつもにやにや笑いながらうろつく乞食を
村民は嫌っていた。
しかし村で祝い事をしていると、「こんばんは、おめでとさんです」と
言いながらやってきて、見かけに似合わない良い声で歌を歌った。
その時だけは歓迎された。

そんなある日、雨が続き農作物が不作だというのに、普段の2倍の年貢を
要求してきた殿様に怒りを抱いた村民は、一揆を起こすことを決める。
しかし先頭で旗を持つ人間が決まらない。
他の人間は、他人に混じっているから目立つことはないだろうが、
先頭で、しかも旗を持って歩くのは当然ながらよく目立つ。
一揆に参加したことがお上にばれると、本人ばかりでなく家族親類まで
磔に処されてしまうから、誰もが旗持ちなどしたがらない。
そこで村民は、例の乞食に旗持ちをさせることにする。
何も分からないままに了承する乞食。

そして一揆が始まった。
近隣の村からも多くの村民が参加し、旗を持った乞食の後についていく。
乞食は、事前に村民に言われた「何があってもまっすぐに進め。怯むな」
という言葉に従って、城から飛んでくる弾丸にも怯まずまっすぐ歩いていく。
そんな乞食の態度におびえた殿様は、年貢を下げることを許可する。
喜ぶ村民。
乞食は一躍英雄に。

11:2/2:2006/01/21(土) 01:48:32 ID:3ro2SvBV0
しかし数日後、「一揆に参加した者は名乗りでよ。もし誰も名乗りでなければ
適当に村人6人を選び磔に処す。」というおふれが出て、村民は苦悩する。
1人が名乗りを出ると、家族や親類まで磔にされてしまうからだ。
そこで、親類がいない乞食を一揆に参加した者として渡すことに決める。
自分たちのことを喋られてはまずいので、首を切り落とし、死体だけ城に引き渡した。
磔に処される乞食と、近隣の村の多くの住人。

その村からは乞食以外の犠牲者は出なかったが、村内はひっそりと沈んだような
雰囲気になってしまった。
ほとんど外を出歩く者はいない、死んだ村に。
なぜならある日祝い事をしていると、「こんばんは、おめでとさんです」と
言いながら、例の乞食がやって来たから。首のない。
その場に居合わせた人々は発狂してしまったという。

どこかの民話だそう。
オチももちろんだけど、乞食を自分たちの好きなように扱う村人も
自分勝手で後味悪い。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ