後味の悪い話

【後味の悪い話】レイ・ブラッドベリ「雷のような音」

スポンサーリンク

5: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 21:31:26.89 ID:cnEcBLCN0

レイ・ブラッドベリ「雷のような音」
タイムトラベルが可能となった近未来の話。
中生代に行って恐竜ハントをする、というツアーが企画された。
ただし、少しの出来事でも後世に影響をあたえるかもしれないため、
対象の獲物は直後に死ぬ恐竜だけが選ばれ、歩く道もツアー会社が
決めた道だけをあるかなければいけないことになっている。
ある富豪がこのツアーに参加することになったが、その日はちょうど大統領選挙日で、
ハト派の大統領候補がタカ派の大統領候補を圧倒するとみられていた。
過去に行った富豪はツアー会社の指定した恐竜を見事しとめるが
(なおその恐竜は撃たれなければ、直後に大木に潰される予定だった)
その際うっかり、ツアー会社の指定以外の道を歩いてしまった。
富豪は、ツアー会社のスタッフからは睨まれたが、まあ大丈夫だろうともと来た時代に帰還。
しかし戻った時代では、元の時代とほとんど同じなのに、看板の文字のつづりが少し違ったり、
雰囲気も殺伐としたり、といろいろ違和感があった。

6: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 21:35:01.21 ID:cnEcBLCN0
不安になった富豪が「大統領選挙はタカ派、ハト派、どっちが勝ったのかね?」
と近くを歩いていた人に尋ねたところ、その人は
「決まってるだろ、タカ派さ。ハト派のような甘っちょろいやつのわけがない」と断言。
青くなった富豪がふと自分の靴をみると、一匹の蝶の死骸がはりついていた。
「まさか、こんな蝶一匹を踏み殺したくらいで・・・」
とつぶやく富豪の頭に、ツアー会社のスタッフは銃を突きつけた。
直後、「雷のような音」が鳴った。

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ