後味の悪い話

【後味の悪い話】科捜研の女

スポンサーリンク

234: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 11:52:47.34 ID:+dpNC8Cj0.net
科捜研の女が後味悪すぎ

主人公マリコが科学捜査を頼りに犯人を突き止める話。
ある日身元不明の若い女性の遺体が発見される。
遺体からはスパイスの独特の匂いがし、特徴的な繊維などが採取された。
足跡などはほぼ採取できず、犬の足跡くらいのものだった。
胃の内容物から食事した店を探し出し、一緒にいた男Aが見つかる。
Aが言うには女性は匂いから人探しをしており、事情は知らないが協力していたという。
その後マリコらの捜査により染物工房にたどり着く。

その跡取り息子からは女性と同じ匂いがした。
息子は父親とは違う独自のやり方を模索してあらゆる配合を試しており、その匂いだった。
犬の足跡から、犬が持ち去ってしまった布も発見され、工房のものも一致する。
布からは足跡と、女性のファンデーションが付着していた。
足跡に一致したのは、父親だった。

235: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 11:53:49.61 ID:+dpNC8Cj0.net
実は息子が悪い仲間と付き合いがあり、息子は工房を継ぐために抜けようとしたが逆に仲間は父親を脅して金をせびっていた。
ある日脅迫の事実を知って仲間と口論していた息子は、弾みで仲間を殺してしまう。
それを目撃した父親は息子に疑いが向かないよう偽装工作をした。
その近くで倒れていたのが殺された女性であり、父親は背負って近くの病院の入口まで運んだのだった。
女性は自分を助けてくれた人を探していたのだ。
工房に会いに来た女性は、あの時迷ってしまい男の人の声に近寄って行ったら転んで気を失ったと話し出す。

父親は息子の現場を見ていたのかと思い、金が目的なのか?と尋ねる。
女性が、普通はそうですよね….と鞄を探り出した背後から父親は刺殺してしまった。
息子を守りたかった、と言う父親にマリコは彼女は現場を見ていませんと断言する。
彼女は子供の頃視力を失い、長く角膜移植を待っていた。あの時は移植を断念して退院したところだったのだ。
そして目が見えるようになり、ずっと夢だった絵の勉強をするためにもうすぐ学校に通うはずだった…。

普通はお金ですよね、でも私貯金も何もなくて…だから絵を描かせて下さい。彼女はそう言いたかったのだった。
父親は、彼女はあの時鞄からペンを取り出していた…!と慟哭する。
最後に犬が持ち去った布は父親が女性に(恐らくは後悔の念から)かぶせたもので、悪い人ではないような演出がされるが後味悪すぎた。
父親も息子も殺人犯で工房は終わるだろうし、女性はずっと苦労してようやく角膜移植手術が成功したのに恩人に殺されるし。
女性の人生が不幸過ぎるわ…

236: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 12:15:38.69 ID:1VARVt4J0.net
ごめん、恩人て何のことかわからないんだけど
染物屋のオヤジが角膜提供してたってこと?

238: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 12:39:42.88 ID:+dpNC8Cj0.net
>>236
気を失った自分を助けてくれた恩人を女性は匂いを頼りにずっと探していた
女性としてはお礼を言いに来たのに殺された

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ