後味の悪い話

【後味の悪い話】峰倉かずやの漫画

スポンサーリンク

183: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 17:27:32.22 ID:chFdEz+r0.net
「狼と七匹の子山羊」を題材にした峰倉かずやの漫画。

子供だけで留守番していた託児所のインターホンが鳴る。
子供たちは先生が来るまで開けちゃダメって言われた、と最初は警戒していたが
ドアの向こうの声が「先生に頼まれて来たんだよ」というので開けてしまう。
一人だけ、少年が「開けちゃダメだ!」と叫んだが
時既に遅し、近所に住む頭のおかしい浪人生が「お前らがギャアギャアうるせえから俺が大学に
受からないだろうが!!ヒャハハー死ねー!!」と押し入ってきて子供たちを包丁で次々と惨殺
血の海と化した託児所にさらに放火して逃走。

最初に叫んだ少年だけが、隠れていて助かった。
しかし病院で刑事らがいくら犯人のことを聞いても虚ろな目で「わからない」「おぼえてない」の一点張り。
男か女かもわからないかと聞かれると「……オオカミ」と答える。
直前まで読んでいた絵本の内容と混同しているらしい。
あれだけの事件のあとで、しかも火にまかれて一時は昏睡状態だったので無理もないだろうと医師も言うので
それ以上のことはわからずじまいで犯人は特定できなかった。

十年後、小さな子供がふざけているのをたしなめる母親の姿。
男にぶつかってしまったので謝ると「いえいえ、かわいいお子さんじゃないですか」と言いつつも
後から何やらブツブツ文句を言う男。
その男の背後から、顔半分が火傷でただれた少年が無表情に自転車で近付いていく。
少年は鞄の中から巨大なナタを取り出した。
わからない、覚えていないなんて言ったのは嘘で
あの時の子供は犯人の顔も特徴も全部鮮明に記憶していて、自分で復讐する機会をずっと待っていた。

ニュースの音声が絵本の絵をバックに流れている。
『……○○の河川敷で発見された遺体は、T県の会社員○○さんであることが判明しました。
後頭部に刃物による外傷が見られ…… また、切り裂かれた腹部からは臓器が見つからず、数個のこぶし大の石が……』

まぁ悪い奴は死にましたって話なんだけど、色々悲惨すぎてどうにもスッキリはしなかった。

187: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 19:29:10.92 ID:vrD0Q6g80.net
>>183
俺はスッキリ

184: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 17:43:19.31 ID:hRSZzI6C0.net
子どもだけ放置したり、近所迷惑を省みなかったり、やな託児所だな。

関連記事 一覧

-後味の悪い話
-

© 2021 サンブログ