後味の悪い話

【後味の悪い話】オペラ座の怪人

スポンサーリンク

864:本当にあった怖い名無し:2007/01/02(火) 23:49:48 ID:40Bcx+RE0
オペラ座の怪人は死ぬほど後味が悪い。
内容は今更書く必要も無いだろうが、ざっと書く。
フランスのオペラ座にこっそり住み着いていた怪人は女優のクリスチーヌに恋をする。
だが、その度を越した愛はクリスチーヌを怯えさせ、何人も巻き添えにする。
シャンデリアを落としてメイン女優を殺すのは有名。
クリスチーヌは幼馴染で恋人のラウルとともに逃亡して終わる。

実は原作では怪人が殺害したのは不用意に隠れ家に近づいた男1人だけで、
シャンデリアは客席だし怪我人が出たという描写も無かった。
メイン女優にはちょっと嫌がらせをした程度。
恐ろしい殺人鬼ストーカーのように伝えられているが、ただ不器用でナイーブな男だ。
オペラ座に住んでいるだけあって歌が恐ろしく上手く、クリスチーヌに指導を行っていたりもする。

という、オペラ座の怪人のイメージと実際のギャップもだいぶ後味悪いのだが、
さらに後味の悪い話がある。
このクリスチーヌは、怪人が最初姿を隠して歌の指導をしてくれたおかげで
才能が飛躍的に開花し、劇団長からも注目されていた。
ラウルが「あれは何だ」と問いかけても「あのお方は歌の天使」とうっとり。
今度迎えに来てくれるのよとワクテカしながらラウルを追い返し、
いざ怪人とご対面すると悲鳴を上げて気絶。
その後、嫌がる怪人の仮面を剥いで激怒され、怯え、ラウルに助けを求める。
最後は怪人の温情でラウルと2人で逃避行。

いくらなんでも最悪だろ、この女……
顔が酷いつったって歌の上手さは変わらんし、
自分に指導してくれた恩師でもあるのに、最後まで忌み嫌い怯え続ける。
オペラ座の怪人は、怪人よりもクリスチーヌの浅ましさの方がよっぽど怖い。

868:本当にあった怖い名無し:2007/01/03(水) 00:07:04 ID:zHlRRLh70
>>864
最近の映画版でもメイン女優死んでないよ。
ミュージカルでも死んでない。
しかもクリスティーヌは最初オペラ座の怪人のこと結構好きだったはず。
仮面取ってからもビビりつつも怖かったはず。
でも仮面取られてからの怪人の被害妄想&ストーキングっぷりにクリスティーヌもドン引き。
確かに男前ラウルに心惹かれつつも、
才能の面では怪人のことも違う意味で好きだったような感じ。
自分的には怪人のあの歪みっぷりが切なくて後味悪い。

870:本当にあった怖い名無し:2007/01/03(水) 00:17:21 ID:ljUngdlr0
つーかどっちにしろ隠れ家に近づいた奴殺してるじゃん。
自分本位の勝手な殺人鬼だお。

872:本当にあった怖い名無し:2007/01/03(水) 00:24:30 ID:WusVrxVvO
オペラ座の怪人って有名だけど詳しくは知らなかったよ!
金田一のイメージが強いのか殺人鬼が暴れまわる話だと思ってた
このスレ見ててよかったー

created by Rinker
¥752 (2022/07/05 12:44:34時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ