後味の悪い話

【後味の悪い話】パーマンの漫画

スポンサーリンク

112:本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 13:40:10 ID:pGaife9W0
30年ぐらい前、たのしい幼稚園か小学一年生か子供向け雑誌
に載っていた、パーマンの漫画
読んだのが幼稚園ぐらいだったので、ちょっとうろ覚えな部分も
あるのですが。

パーマンが公園に綺麗な花の咲く種を蒔く。
早く芽が出ろ花が咲けと、水をあげたりして花壇の世話をするんだけど、
ある日いたずらっ子か何かのせいで、花壇が滅茶苦茶にされ全部ダメに
なってしまう。
でもって、花を咲く日を楽しみにうきうきしながら公園に来たパーマンが
滅茶苦茶にされた花壇を発見し、ショックを受ける。
そのショックの受け方はギャグ漫画的に描かれているんだけど、その
ショックを受けているパーマンの姿を見て、一緒にいる子供達が
「芽が出て(花壇をダメにされた驚きで目が飛び出ている)」
「葉が出て(怒りか驚きで歯をむき出しにしている)」
「花が出た(ショックで泣いて鼻水だらだら)」
と、言いながら笑ってると。

ギャグマンガと言われればそれまでなんだけど、30年すぎて未だに
覚えているぐらい自分にとっては後味悪い漫画だった

114:本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 13:44:27 ID:w7HvY1Nf0
>>112
あなたやパーマンにはホント申し訳ないけど、
ものすごくツボに入って笑ってしまった。

121:本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 17:22:31 ID:aPhzrWoaO
パーマンといえば、パーマンの親分の黒いパーマン(名前忘れた)が後味悪いことをしまくる。
ある日、パーマンのバッチを無くしてしまったパーマンことみつる君。黒パーマンはみつる君を責めに責め、みつる君に銃をむけ、パー子達に夕方までだかにバッチを見つけてこなければみつる君を豚にすると言い放つ。

今まで正義の為に頑張ってきたみつる君を重大な過失を犯したとはいえ豚にすると宣告し、みつる君の人生全てを容赦なく奪おうとする黒パーマン。無抵抗に怯えながら座り込むみつる君に銃を突きつけている冷徹さは幼心に(((;゚д゚))ガクブルした。
そしてこれはいかんとパー子達の決死の捜索によりバッチは見つかり、みつる君は難を逃れる。
未遂に終わったとはいえ、あまりにも理不尽な仕打ちをする残酷な独裁者の様な黒パーマンの元で、その後またいつものように頑張るみつる君を思うといたたまれなかった。

そして後日、私はパーマンのファミコンのゲームを買ってもらった
そのゲームを始める。
最初に映ったのはあの黒パーマン。そして発したそのゲームのあらすじでもある信じられないセリフ
「わたしのUFOが悪い奴に盗まれてしまった。たのむ、とりかえしてきてくれ」
エエエェェ(´д`)ェェエエエ

あまりに調子のよすぎる黒パーマンの言動に愕然とした。

126:本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 17:48:11 ID:gulS8DAo0
>>121
黒パーマン=バードマンね。
昔読んだバージョンだとスーパーマンって名前だった気がしたが、
(スーパーマンに少し足りないからパーマンだとか説明してた)
最近の奴だとバードマンって名前になってた。
どっかからクレームが来たのかと考えると後味悪い。

134:本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 21:27:58 ID:G1i9ZLfP0
>>126
アニメ化に際し、本家スーパーマンの商標関係からバードマンに変更された。
似た様な例に、キン肉マンのウルフマン→リキシマンがあるな。

127:本当にあった怖い名無し:2006/03/23(木) 18:25:53 ID:sJWnOo/R0
>>121
俺の見た話では別でした。原作版。
「○時までに取り返してこなければ、規則によりミツオくんをクルクルパーにする(原作では、
ペナルティは豚ではなく基地害にすることだった)」ということになり、急ぎ探しに行くパー子たち。

パーマンセットで悪さをする悪人を倒して戻るも、ギリギリで間に合わなかった。ああ・・・と
悲しんでいると、スーパーマン(バードマン)は、「君たちは間に合ったんだよ、ほら」と遅れている
腕時計を見せて帰っていく。ミツオももちろん無事。

彼が宇宙に帰った後「アハハハハ、スーパーマンの時計が遅れていたなんて!」と予期せぬ
幸運に大笑いしつつも、仲間のために懸命に戦ったことでさらに結束が強まったことを
感じるミツオたち。

で、その頃宇宙空間のスーパーマンは「その友情を大切にしたまえ・・・おっと、時計の時間を
元に戻しておかなくちゃ」とつぶやいていたのだった・・・という。スーパーマンカコイイ!
という話でした。 

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ