後味の悪い話

【後味の悪い話】小松左京の短編

718:1/2:2013/10/07(月) 13:31:23.36 ID:mY2vTEtCO
小松左京のうろ覚えな短編

「何でも見てやろう」をモットーに、カメラマンから世界的な冒険家になった男。
彼はどんな窮地からも無傷で生還する事で有名だった。
のちに戦場カメラマンになり、様々な報道写真で受賞した。
戦局がエスカレートし、世界中で核戦争が起きたが彼だけは爆心地にいても無傷だった。
そして最終戦争の後…

719:2/2:2013/10/07(月) 13:34:37.20 ID:mY2vTEtCO
「あなた、最期にあなたの美しい、傷一つない顔を見せて…でもどうしてあなただけ…」
廃墟で地球最後の女の、放射能性の火傷で全身が崩れた元美女の最期を看取った男は思った。
(生き残ったのは俺一人…なんで無傷なんだろ)
(俺ってもしかして、ものすごく頑丈なカメラだったりして…異次元の存在が地球の様子を中継するための生きたカメラとか)
(見るべきものがなくなったら、たぶん俺…捨てられるんだな)

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ