後味の悪い話

【後味の悪い話】ジョニデ主演映画「トランセンデンス」

534: 本当にあった怖い名無し 2018/03/16(金) 12:53:16.57 ID:iLmjcTPG0
ジョニデ主演映画「トランセンデンス」

主人公(ジョニデ)は人工知能を研究開発している科学者
彼の妻は「夫の研究が地球を救う」と信じていた
しかし科学の進歩に反対しているテロ集団が主人公を暗殺しようとする
テロ集団の襲撃を受けた主人公は被爆して余命いくばくも無い状態に陥る
主人公「彼ら(テロ集団)は矛盾している。平和を吟いながら、殺人もいとわない」「人は、理解出来ないものを恐れるんだ」
妻は一縷の望みを託して主人公の精神を人工知能に移す作業を実行
それは成功し、主人公は人工知能として蘇る

そこから主人公の暴走が始まる
主人公は自己改造等を繰り返してどんどん進化していき、インターネットを掌握し、ついには技術的特異点(シンギュラリティ)を迎える
そして製造したナノマシンを地球全土に散布したりして、世界を征服することにほぼ成功
妻さえ主人公を怖れて逃げ出す

政府や例のテロ集団が主人公を倒すために一致団結して主人公を倒そうとし、主人公の人工知能を破壊するコンピューターウイルスを作製する
妻はウイルスを持って主人公のもとに向かう
しかし主人公は妻から不穏な気配を察知し警戒する

535: 本当にあった怖い名無し 2018/03/16(金) 12:53:58.98 ID:iLmjcTPG0
そこでテロ集団?が強行手段に出て、兵器での攻撃をしかける
妻が攻撃に巻き込まれて致命傷を負う
主人公は妻の命を救うため、彼女の肉体をナノマシンで修復する
その代償として主人公はウイルスに感染し、崩壊が始まる
主人公のナノマシンに生かされている妻にも死が迫る
ナノマシン治療を受けたことで妻の意識は主人公の意識に接続され、彼女は彼の真意を知ることとなる
主人公が地球全土に散布したナノマシンは、人類に害など及ぼしておらず、森を育み、水を浄化し、自然を守っていたのだ
妻「何故、こんなことを?」
主人公「だって、僕の研究が地球を救うこと、それが君の願いだっただろう?」
妻は涙を流し、主人公と抱き合いながら共に息を引き取る
政府もテロ集団も主人公の死に大喜び

後に、夫妻の友人だった人物が夫妻宅に迎い、そこに遺されていた遺物を見て、主人公の真意、愛を悟って終わり

切ないし、何より主人公倒した後のテロ集団のリーダーのどや顔がムカついた。何も理解してないくせに主人公を魔王みたいな存在と決め付け照るのがなんとも

543: 本当にあった怖い名無し 2018/03/16(金) 23:32:54.03 ID:EGduzdpO0
>>534
ラスト覚えてないから、そんな話だったのかと思った

created by Rinker
¥300 (2024/03/01 16:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

-後味の悪い話