後味の悪い話

【後味の悪い話】今邑彩「よもつひらさか」

スポンサーリンク

894: 1/2:2008/12/20(土) 19:47:22 ID:Bu6i8Px2O
今邑彩の「よもつひらさか」という話。
老人は坂の前に立っていた。この坂を登れば駆け落ちして出て行った娘と会える。
数年ぶりの再会、初孫を拝むのだ。

暑さのせいか急に立ち眩みがした 。
「大丈夫ですか?これをどうぞ」
突然後ろから青年が水筒を差し出してきた。有り難く受け取り飲み干す。
「この坂は一人だと危ない一緒に登りましょう」
青年が言うに、この坂は一人だとお化けが出るのだと。

老人は快く受け入れる。
青年はお化けについて話し始めた。
この坂は黄泉比良坂といい、あの世とこの世の間なのだと。
一人で黄泉に行くのは寂しいから、死人はここで道連れを探す。
黄泉の食べ物を食べればこの世には戻れない。
だから坂が終わる前に死人は言葉巧みに食べさそうとするのだと。

896: 2/2:2008/12/20(土) 19:50:56 ID:Bu6i8Px2O
「私も以前ここで友人に煙草を勧められましてね、喘息で断ったのですが」
その時友人はすでに亡くなっていたのですよ、と青年はポケットからガムを取り出す。
「いかがですか」
縁起が悪いと老人は思わず手を払う。

青年の指は冷たかった。
青年は笑ってガムをしまった。
「このガムには助けられましたよ、他に食べる物がなくてね」
沢に落ちて足が折れて大変でした。と青年は言う。

老人はぎょっとする、最近この辺りの山で遺体が発見されていた。
そして必死に思い出そうとした。水を飲んだのは坂の内か、外か。
もうすぐ、ここを抜ければ娘孫が待っている。
ふと老人は違和感に気付いた、登り坂ではなく下り坂になっていた。

「もうすぐですよ」
青年は嬉しそうな声で笑った。

902: 本当にあった怖い名無し:2008/12/20(土) 22:42:35 ID:eQH0y4ZXO
>>896
後味悪くはないと思うけど、面白かった。乙

created by Rinker
集英社
¥803 (2022/10/03 13:33:37時点 Amazon調べ-詳細)

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ