後味の悪い話

【後味の悪い話】漫画「Y氏の隣人」

413: 本当にあった怖い名無し:2008/07/31(木) 18:06:26 ID:Ww0Kmt+U0
漫画「Y氏の隣人」 題名失念&既出だったらゴメン
主人公の友人が、最近ツキまくっている。
宝くじを買えば1等が当たり、懸賞に応募すれば必ず当選。
なぜそんなについてるんだと聞くと、彼は1枚のカードを見せた。

これを持っていると、その人の一生分の幸運を好きなだけ引き出すことが出来るという。
確かにカードには目盛りがついていて、残高が減っている。
そこへカードを売った男(実は悪魔)が訪ねてきて、○○君、最近使いすぎだよと注意される。

友人は笑いながら気をつけますと答える。
主人公も興味本位でカードをもらったが、なかなか使えずにいた。
ある日、その友人が事故に遭ったとの知らせを聞いて病院へ駆けつける。
生きてるのが奇跡なほどの大事故だったらしい。

彼のカードの残高はゼロになっていた。
今回ので運を使い果たしたらしい。これからはもう不幸なことしか起こらないと嘆く
友人を見て恐くなり、主人公は一切の幸運事に関わらない人生を送る決意をする。
普通の会社に入り、普通の嫁をもらって昇進の話すら断り、努めて地味な生活を送る。

しかしある日、あの時の悪魔が姿を現し、もう君の残高はないと告げる。
驚いてカードを確認すると、残高がゼロになっている。
そんな馬鹿な、自分は一切使ってないはずだと反論する主人公。しかし悪魔は答える。
でも今、君は幸せだろう。地味だが幸福なはずだ、それを手にするのは大変なんだよと。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ