復讐話

【復讐話】花子さんの復讐

スポンサーリンク

689: 名無しさん@おーぷん 2014/06/16(月)14:07:32 ID:g3Tx07xwV
自分のやった復讐ではないのですが……
痛いの苦手な人は読まないでください

私は老人介護施設で働いていたのですが70代のお婆さんがいました
仮に鈴木花子さんとします
花子さんは病気の後遺症とと加齢で足腰は弱いのですが、他は健康で
ボケもなく「手のかからない」入居者で性格も穏やかだったので
職員からも人気があり、私も空き時間にはよく話をしていました

彼女がよく話す話題の一つに「いじわるな姑をぶん殴った話」がありました
鈴木家はその地域では名家といわれる女系一族で、珍しく生まれた息子に
嫁いできた花子さんを姑がさんざんいびったそうです
彼女は「いじわる」という表現をしていましたが、一人だけご飯が少ないとか
重いタンスをわざと足に落とされた上に治療と称して爪剥がれたとか……
かなりひどくやられたようですが、花子さんは「昔の話だからね」と軽い調子でした

ずっと我慢してきた花子さんは、ある日自分だけではなく自分の娘まで
いじわるされてるのを見てついにブチ切れて、姑をぶん殴ったそうです
「お義母さんがふんぞり返ったままバターンって後ろに倒れたのよ!
花子―!って怒鳴りながら鼻血がどばーって出ててねーw」と
ケラケラ笑いながら面白おかしく話してくれます

「その後は大丈夫だったのですか」と聞くと姑だけは大騒ぎしましたが
その頃の花子さんは娘だけではなく跡取り息子も産んでいたし、舅の介護もあり
周りも姑のいじわるが行き過ぎている事を知っていたのでうやむやに終了
それからも姑からちくちく嫌味はあったそうですが、殴られたのが利いたのか
直接的な事はなくなって、最終的に花子さんに看取られて亡くなったそうです

何年もして、やがて花子さんは施設でそのままお亡くなりになりました
病気も怪我もなく、大往生で病院に行くこともありませんでした
息子さんや娘さんやその配偶者さんは仕事の都合もありまして
花子さんと同居することはありませんでしたが、仲はとても良くて
「苦しまないのはよかったけど」と言いつつ、涙涙のお別れでした

690: 名無しさん@おーぷん 2014/06/16(月)14:08:46 ID:g3Tx07xwV
それからまた数ヶ月、花子さんのいた部屋の大きな棚を動かしたところ
その影から両手に乗るくらいの宝石箱が出てきました
舶来らしい細かい模様と「Hanako.s」という文字が入っています
「忘れ物みたい。連絡しなくちゃ」と言いつつ鍵の掛かってない蓋を開けて仰天
中には古い紙と髪の毛、それから人の歯や爪(複数)入っていました
古い紙は花子さんへ姑からの詫び状で、それもかなり異常な感じでした

「花子様へ 私は昭和00年00月に~~~というひどい事をしました。
私は酷い事をする畜生です。畜生なので生きている資格はありません。
申し訳ありません。××(地名)から飛び降りて死にます。
死にきれなかったら百篇でも飛び降ります。鈴木 **(たぶん姑の名前)」

施設の職員で話し合った結果、花子さんの家族には何も知らせずに
施設からお寺に持ち込んで供養して貰いました
花子さんの歯は揃っていたので、あの歯や爪はおそらく姑さんでしょう
長年いびられ続けて一発殴るだけでは許せなかったんだと思います

嫁いびりに限らず、ここを見ていると恨みを買うと言う事がとても怖い事だと
しみじみ思います

692: 名無しさん@おーぷん 2014/06/16(月)18:31:49 ID:PuN07W2r9
>>690
怖すぎ

関連記事 一覧

-復讐話

© 2020 サンブログ