名作・神スレ

【名作スレ】未解決じゃなく、解決した不気味な事件教えて

スポンサーリンク

1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/21(土)22:54:23 ID:ygs

意外に解決すると忘れられていくよね

直近だと札幌の婚約者に「警察呼んで」と連絡し遺体で見つかった事件とか。真相はもはや解明不可だけど。
香川の一家3人行方不明でカーペットがL字に切り取られてた事件とか。

2: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)15:30:17 ID:qOK

亡くなった女性が、別人だった話かな
本人が生きていた
親も本人と確認したのに
北海道だったな

4: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:43:07 ID:FIj
>>2
ググッたがわからんかった
kwsk

5: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:48:37 ID:Grk
ググって見たけど、出ていないね
もう30年くらい前
セルフあぼーんした女性がいた
親が本人だと確認したのに、実際は別人、葬式出した後で発覚し、逮捕された
ちなみに、その女は花嫁衣装姿の写真が公開された
全く別人なのに、親が間違えた理由が分からなかったな
保険金目的だったように記憶している

6: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:55:57 ID:FIj
>>5
親が逮捕まで至ったってことは、セルフあぼーんには一切関与してないけど遺体確認で嘘きましたって自供したって事?
手を汚して無いにしても、勝手に親に亡き者にされた実の娘がいたたまれないな・・

7: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)19:57:49 ID:Grk
>>6
ごめん、書き方悪い
逮捕されたのは本人だけね

152: 名無しさん@おーぷん 2015/05/07(木)21:35:49 ID:1nv
>>5
たぶんこれ
※リンク切れURL

気味の悪い事件だったわー

特に、亡くなったさつきさんの指輪を犯人がしていたとか
犯人の親が『これはうちの娘ンゴ』的にふぁびょーんしてたこととかね

13: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)21:56:07 ID:FIj

狭山事件

有名どころだけど俺が一番怖いと思った話は、狭山事件だな
1963年、埼玉で起こった身代金誘拐強盗強○殺人事件。手ぬぐいのアレ。

容疑者の石川逮捕「後」、身代金受け渡しの役を務めた姉など被害者の兄弟2人や事件を再調査したジャーナリストを含む事件関係者の6人が相次いで自殺・変死した

物的証拠、証言、何もかも、何が本当で何が嘘か誰にも分からない。
1977年に無期懲役の判決が下りその後最高裁で再審請求が二度棄却されているという意味では、解決した事件(2015年現在でも物的証拠開示要求などの動きはある)なんだろうね
なぜなら仮に冤罪であっても、重要参考人はとうに死亡しかつ裁判は終わったから←事件よりも人間怖い

でもなんで証拠捏造してまで「生きている犯人」を検挙しようとするんd
おや誰か来たようだ

https://ja.wikipedia.org/wiki/狭山事件

14: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)20:51:56 ID:vdK
>>13補足
最後に「証拠捏造してまで何故」と書いたが、俺は別に冤罪派ではない
疑わしきは罰せずの原則があるが、この事件には証拠が証拠になりえないという根拠すら怪しい
よって上記原則にまで至らない
事実、袴田事件と異なり、日弁連の再審請求事件にこの事件は含まれていない
あと、この文章は決して誰かに書かされているものではない

15: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)21:27:47 ID:7NW

広島の一家失踪事件かな。
1年後ダム湖で車に乗った状態で全員遺体で発見され
一家心中で決着したけど、真相は分からない。
広島一家失踪事件

事件は、2001年(平成13年)6月4日、広島県世羅町という、岡山県との県境にある山間の町で
同町に住む山上さん一家が、突如、飼っていたペットと共に行方不明となった。

この山上さん一家の失踪には、奇妙な点が多いと言われている。
まず、自宅の様子であるが、山上さんが所有する車は無くなっていたが
妻の順子さんや千枝さんの携帯電話や免許証は置いたままで
順子さんが社員旅行で持っていくはずであった旅行鞄もそのまま
中には現金15万円が入ったままであった。また部屋にパジャマは見当たらず
普段着は畳んでおいてあった。布団のシーツは乱れていなかった。
台所は、電気がつけっぱなしで、テーブルに朝の朝食が用意されてあった。
玄関は鍵がかかっており、サンダルは無くなっていたが、靴は置いてあった。
また、室内で争った跡や血液反応も見られなかった。
近所の者も争っているような物音は聞いていないという。
以上の点から、山上さん一家は、パジャマ姿のサンダル履きで
突発的な出来事によって出かけたという事になる。
ペットの犬も一緒にいなくなっている事から、拉致の線は考えにくい。
「一家失踪」で真っ先に思いつくのは、「金銭がらみの夜逃げ」であるが
山上さんは金銭的に困っている事実は見られなかったし、人と恨みを買うようなトラブルもなかったという。
そして娘の千枝さんにおいては、職場の評判も良く、その上、将来を約束した男性がおり
失踪する理由がどこにも見当たらないのだ。

27: 名無しさん@おーぷん 2016/04/29(金)21:22:39 ID:KIr
一方で、地元ではこんな話があるという。この地域には古くから「神隠し」の言い伝えがあり
それになぞらえ、事件を語る者もいるらしい。
昔、江戸時代に長者の家で働いていた、「お夏」という女中が、草刈りをしに山に行ったきり帰って来ず
村人が山を捜索するも、とうとう見つかることはなかった。
そして、お夏の墓があるその山を一家が所有していたのだった、、というものだ。

謎の失踪は、不幸な結末を迎えてしまう。一家失踪から約1年後の2002年9月7日、世羅町にある今丸ダムの湖底から
山上さん所有の車が発見、中から4人の遺体と1匹の犬が見つかった。
警察は、遺体に目立った外傷がないこと、車の鍵はささったままで、転落した場所には車止めがついており
通常では転落することが考えられないこと等により、一家は無理心中と結論づけた。

それにしても疑問は残る。無理心中をするのにパジャマ姿でやるのか?
心中をするにしても、最後まで誰も逃げ出そうとしなかったのだろうか?

16: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)21:41:36 ID:vdK
>>15
食卓とか着衣が普段通りの家だったっけ

偽装ではなくホントの心中だったとしたら
流石に生きた状態で車に乗った訳ではないよなと俺は思ってる
普段通りの夜に、主人が突然家族全員を殺してからダイブしたのかなと

一家心中の前に一家全員を殺害したとするなら、それは心中と言えるのかなと怖くなる

17: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:00:27 ID:vdK
人居ないし、なんでこんなスレ建てたかを書く

結論から言うと、未解決事件って箱を開けてないから不気味すぎるだけで
未解決に至らず解決した不気味な事件と、真相とか動機は同じだと思うんだ

例えば札幌の婚約者に「警察呼んで」の事件は(真相はもう分からないけどほぼ確定でしょう)、あのまま迷宮入りしてたらワラビ取りの「この男の人ワルイ人」並の不気味さを残すか、又は多婚約者を疑ったままだったと思う
蓋を開けたら不気味な事件でもない
ただし蓋を開けても犯人に対する嫌悪感は変わらないし、婚約者を疑ってしまった事実も変わらないが

だから事件が解決してメディアにも触れられなくなった変な事件にこそ、未解決事件の答えがあったりするんでないかと思うのよ
人が人を殺す理由なんて、多分限られてるんじゃない?
殺人が目的:怨恨、衝動(ついカッとなって的な)、サディズム的欲求
殺人が手段もしくは結果:金銭、自衛、社会的保身
色々間違ってるだろうけど、書き並べてみて結構人間の一次欲求に近い動機じゃないと人は殺せないんだなぁと思った
一つの殺人を隠蔽する為だけに、その殺人と全く無関係の他人を殺人できる人間は、そうそういないと思う

長々とすまんかった
自分で狭山事件出しといて申し訳ないが、未解決じゃなく解決した事件を書き込んでおくれ
多分誰かの書き込みは、どれかの未解決事件の犯人の動機と一致すると思う
解決済みの事件は誰も触れないから忘れられていく

スポンサーリンク

19: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)01:36:56 ID:nGl

教えてばかりじゃ悪いから、俺の地元の事件
主観が多いと思う、代わりに地元民でしか知らない事も書く

武富士強盗放火事件

2001年、弘前警察署まで車でたった3分もかからない場所(初動捜査が遅れたとかワロス)に位置する堅田バイパスのレンタルビデオ屋3階の消費者金融に、タクシー運転手がガソリンを持って強盗に入った
店長は脅迫に従わなかった。金が取れなかったにもかかわらず犯人は火を放ち逃走した
そのビルに裏口は無く、正面出入り口を炎で塞がれた従業員5名が死亡し4名が重傷を負った

死亡した従業員には当時20歳の人がいた
俺は直接知らないが、他校の同期卒であり俺の親友の友達だった
被害者のあの子はたまたま会った事がなかったが、もしかしたら親友らと一緒にボーリングやカラオケをしてたかもしれない
もしかしたらそこで働いていたのは俺の親友だったかも知れない
そう考えると、恐怖以上に憎悪を感じた
これまでまともな事件も起こっていない地元で起こった事件

2002年、書庫隠滅を行いながらも犯人は捕まり、殺す意思は無かったと証言
「未必の殺意」が裁判の焦点となる

このあとちょっとだけ続きを書くけど、それを読む前に考えて欲しい事がある
死刑制度ってどう思う?俺は反対だ
人は人の裁量で人を殺す権利があるのだろうか?今でも反対だと考えている
でもそれは偽善なのかなとも気づかせた

20: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)06:58:13 ID:lwK
>>19
死刑反対だった人権派()弁護士が、奥さんころされて死刑賛成になったそうだ

21: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)14:27:37 ID:nGl
>>20
まさにそんな感じ
地元のある有名な寺にこの事件を悼む立派な慰霊碑がある(確か支店長の家がその寺の檀家さん)
去年死刑が執行されたわけだが、彼岸で墓参り行った時、老いも若きも「やっと終わったね」と慰霊碑に手を合わせてた
俺は偽善者だったようで執行されたことに凄い感謝したよ

ちなみに武富士跡地はしばらく看板用地になっていたが今は更地

昨夜は酔っ払った勢いで書きこんだあげく気絶した
大した内容でもなくてすまんかった

22: 15 2015/03/27(金)16:13:58 ID:4Gh
>>21ええんやで。
ワイは今の法制度の中では死刑はあってええと思う。でも絶対とは言わんわ。
もし死刑を無くすなら終身刑の採用と遺族の保護・補償制度の充実、
そして殺人・強盗・強○や致死犯罪での少年法の適用外規定と引き換えやね

23: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)16:16:43 ID:lwK
>>22
終身刑は、税金で衣食住の面倒をみることになるんだよ

47: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)20:47:38 ID:Hwt
うちの県で最年少殺人とかいう噂の澤田か。
「窓の外」系オカは色んなバリエーションあるので澤田の話なのかどうかわからんけど
あと↓ちょろっと検索しただけなので、全部信じていいかは各自の判断で
うちの県の有名地方紙をソースにしてるっぽい、やたら内容詳しい&劇的表現なので貼ってみる
ttp://hachinohe-konjaku.blogspot.jp/2007/09/blog-post.html

以下↑コピペ「以外」のサイトから抜粋した内容
1973年、小学3年。火遊びで住宅3棟全焼
1975年、小学5年。叔母のアパートに遊びに来て同アパートに住む女性(29)の部屋に侵入
机の上にあった5万円を盗もうとしたところ見つかり台所の包丁で数回刺し逃亡しようとしたが
負傷した女性はそれでも澤田を捕まえようとしたため
台所の別の包丁を用いて更に刺した
切り傷、刺し傷の合計は20か所におよび、女性の死因は頸動脈を切られた為とされている
澤田は翌日空腹で帰宅したところ捕まった
偽装工作として「知らない人に殴られ気を失った」と自分の腕をビニール紐で縛っていた

2007年、43歳。後は>>23のおっしゃるとおりでござる

なんかこの事件、調べようとしてもあんまり詳しく出てこないんだよね
なんでだろ
あとなんか包丁が被害者宅の物とか途中で変えるってのが、世田谷一家を思い出させるよね
この内容が本当ならば澤田は怨恨が無くても、金銭目的で世田谷と同様の手段で20か所もメッタ刺しにした訳だ
倫理観が足りない少年時代とはいえ
知れべてて怖くなった
いつできたのか知らんけど、少年法いらなくね?

92: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)13:12:07 ID:uxj
>>47
さっさと死刑にしてれば被害者は一人で済んだのにな。

24: 名無しさん@おーぷん 2015/03/28(土)16:37:22 ID:ErT
犯人を死刑で「楽にする」のでさえ、腹立たしいって思ってる被害者遺族とかいたりする。
逆にその人達のためにも必要だと思う
諦める意味で。
やられた側の立場でも恨み続けるのはしんどい

25: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)01:35:03 ID:f8g

青森実子保険金殺人事件

また地元ネタで悪い。有名な事件らしいけど俺は今日調べるまで知らなかった胸糞な事件

事件概要
1972年、青森市。父Aが実娘のBちゃんとCちゃんの二人を連れて歩いているところBちゃんが轢き逃げされた事件
しかし実際は父Aが轢き逃げ犯と共謀した保険金目的の委託殺人であった事が判明
父Aは100万円以上の借金を抱え倒産した事業の立て直しを図るためと自供した

1972年の借金100万が現在のどれ程かはわからんけど、高く見積もってせいぜい300万か?
娘を殺す計画を練った父A
どういう心理状態だったのかな?以下勝手な想像
1.会社を立て直さなければ困窮で家族全員が死んでしまう。だから娘一人に犠牲になってもらうしかない
2.娘は親の物なのだから金に変換するのも親の自由だ
3.手っ取り早く保険金殺害がしたいが他人だと受取人に法的に色々束縛がある、なら身内を対象にしよう
4.長女の方が学校、食べ物もろもろ一番お金がかかるから長女にしよう
想像だけど、この中のどれかの展開なのかな

親が自分の子供に手をかけるのは心中、自衛、手に負えないから、他人様にご迷惑をおかけしたから、とかならよく聞く
倒産した自分の会社の金目的は初めて見た

判決がいくら調べても引っかからないあたり、40年たってるし出所してるのかもね
次女がちゃんと生きて行ってるか心配

26: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)02:57:43 ID:kCW

八戸市の一家殺害事件

これも青森県なんだが(別に青森に怨みがあるわけでも、青森は変な事件が多いと言いたいわけでもない)
八戸市の一家殺害事件は覚えてる?
2007年6月28日のことだが、あるアパートで母と息子3人が殺害されているのが発見された。

父親(当時43)が出勤してこないので様子を見に来た同僚が発見したのだが
青森県警八戸署は、行方が分からない父親を捜索。
5~6時間後、岩手県で車に乗っている父親を岩手県警の捜査員が発見し職務質問をしたところ
父親は突如逃亡、追い詰められると自らの首を切り
窓を壊そうとした捜査員を振り切って車ごと崖下に転落。
父親は死亡が確認された。死因は首を切ったことによる失血死。

状況から見て父親が犯人なのは明白だが、だからといって捜査終了とはいかないので八戸署では捜査を続行。
その過程で、当日の未明に発生したパチンコ店強盗未遂事件において
父親の車が現場付近で見かけられたことも判明。
強盗事件は28日午前2時10分ごろ発生、
家族が殺害されたのは27日午後8時以降の2~3時間ということなので
全ての犯人がこの父親ならば、自分の家族を殺した後、パチンコ店に強盗に押し入り
失敗して逃走したことになる。

つまり「出来心で強盗に失敗してヤケクソになって一家殺害」というわけではなさそうである。

殺害現場からは父親のものとみられる血のついた衣服と、凶器とみられる包丁が発見された。

警察もマスコミも職場の人や近所の住民、親しい人に聞いて回ったが動機らしきものは発見できなかった。
みな「(父親は)人当たりのいい人だった」というのみ。
ただ、何かイライラしていたと妻が言っていたという証言や
父親が駐車場でペットボトルを地面に叩きつけ「片づけろ!」と近所の人に怒鳴ったという話もあり
何かがあったのかもしれないが、その「何か」がよく分からない。
末期がんの宣告をされていたという噂もあるが、あくまで噂である。

付近では事件以前、通りかかった男性が何者かに殴られたり
サラ金のビルの前で2件の放火があり、この父親と関連付ける説もあったが今となっては不明。

で、この死亡した父親なんだけど、実はその32年前にも殺人を犯している。
当時小学5年生。29歳の女性を背後から襲い、めった刺しにして殺害していた。
その女性のアパートの部屋に盗みに入ったものと思われている。実家は裕福らしいのだが。
その前には火遊びで3軒燃やしている。
でも、保護施設に入った後はまともな高校を卒業し、まともな会社に勤め
まともな女性と結婚し(奥さんはほんとにまとも)まともな家庭を持っていたわけだ……この日までは。

何か、思い出すたびに背筋が寒くなる。

スポンサーリンク

34: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)00:37:31 ID:CqW

黒猫事件

最近自らスレタイから脱線しまくりなので軌道修正。

2000年。佐賀女性鍼灸師殺人事件。「大きな猫が、窓から入ってきてお母さんを咬み殺した」と長女(9歳)が通報。
保険金詐欺の発覚を怖れた犯人による殺人だった。

長女の謎の証言については、混乱とされている。極度の心理ストレスがそのシーンの再生を許さないみたいな、ある意味自衛の幻覚なんだろうね

35: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)02:04:42 ID:CqW

机9文字事件

仕事で地元青森に戻ってるのでスマホからカキコ、やりずれぇ

もう一個、多分みんなの記憶から消えかけている事件

校庭に机で綺麗に9を作ったアレ
当時あまりのイミフさに不気味だった
何気に解決してたのねアレ…

机「9」文字事件

1988年2月21日未明に東京都世田谷区で発生した事件である。中学校に侵入した犯人グループによって警備員が監禁された上、机と椅子が校庭に運び出されてアラビア数字の「9」の形状に並べられたこの事件は、目的も動機も見当がつかなかったことから、マスメディアを賑わせた。

事件の推移について

1988年2月21日午前1時頃、東京都世田谷区鎌田の区立砧南中学校[1]に、ストッキングで覆面をし、軍手をはめた男達が[2]校門を乗り越えて侵入。宿直室にいた警備員(当時38歳)を粘着テープとビニールひもで椅子に縛り付けた上、トイレに監禁した。

3時間後、人の気配がなくなったところで警備員は自力で脱出し、警察に通報。警備員が校舎外に出てみたところ、校庭中央に大量の机と椅子が置かれていた。初めはそれが何か分からなかったが、屋上から見ると校庭にの形状に机が整然と並べられ、さらにその右下脇には椅子9個が丁度「.(ピリオド)」のような円形に並べられていた。犯行に用いられた机447個と椅子9個は、宿直室がある校舎とは別棟の3階建ての南校舎から運び出されたもので、犯人は作業を大人数で行ったのは間違いなかったが、目的も動機も全く見当のつかない犯行であった。

事件が起きたのが日曜日の未明だったことや、警察の現場検証があったため、机は一晩、校庭に置かれた。22日午前8時20分、登校してきた生徒が自分の机を探して教室に持ち帰り、授業は平常通り行われた。

報道と推理

捜査当局は10人から30人による犯行と推定し、「9」の意味について推理小説の題名や9人グループの意、もしくは現場となった中学校の前年卒業の第9期生を意味するといった憶測をし、同校の卒業生を重点的に聞き込みをした[1]。

また事件を巡り週刊誌などは「9」の文字の謎を巡って様々な推理が行われた。2月24日には砧南中に犯行声明文が届き、9は(当時の人気アイドルグループの)少年隊と光GENJIを合わせた10人から1を引いたものの意味だと解説、メンバーの意図を表明した。

事件の真相と犯人

4月末になって事の真相が明らかとなった。捜査に当たった警視庁成城警察署は4月30日までに、犯行を呼びかけた同中学3期生の園芸リース販売業・A(当時22歳)ほか実際に校舎に侵入し机と椅子を並べた8名と、文字デザイン・設計担当の信州大学農学部3年生・B(当時22歳)の計9名を警備員に対する逮捕監禁容疑で逮捕した[1]。主犯のAほか8名のうち、Aら4名は同中学の卒業生、1人は同中学在校後他校に転校した者、3人は同中学との関係はないAの知人など。またBも卒業生であった。Aは同中学在学中「多摩川ブラックエンペラー」なる暴走族に属していた非行少年であった。またAは逮捕前、毎日新聞の取材を受けていた。

逮捕直後は「宇宙人に対しての呼びかけ」・「1999年に日本のトップに居るという宣言」などと供述していたが[7]、真の犯行の動機は「世間を騒がせたい」「久しぶりに沢山の仲間とワイワイやるのが楽しかった」というもので、単なるいたずら・愉快犯であった。「9」の文字の意味も、グループの人数を示すほか、A個人が「1桁では最大で一番好きな数字だから」という、さしたる意味もない単純なものだった。

刑事裁判では主犯のAに懲役1年6か月、Bら主犯格2名に懲役1年(共に執行猶予3年)の有罪判決[8]、他6名には罰金1万円の略式命令が下された[1]。これは建造物侵入、逮捕・監禁罪のもので、校庭に「9」の字を作ったことが罪に問われたわけではない。

「9」の字について

「9」の字は机447脚と椅子9脚を使用して作られたもので縦30m・横20m程の大きさ、校庭からの視点ではとても9に見えない大きさであったが、地面に下書きや、机をずらした跡が見当たらないため、これにより警察は計画的かつ組織的に作られたものだと判断したという。

使用された机は校舎から運び出されたものだが、机の中にあった生徒の持ち物は律儀にも椅子の上にきれいに置かれていて、盗まれたものは一つとしてなかった[9]。

  • 机はすべて同校南棟から持ち出されている。1階 1年A組~E組まで全クラスの全199台、2階 2年D組とE組から28台、3階 3年A組~E組の220台(階段に最も近いF組は手つかず)持ち出された机はすべてスチール製で1台の重さは13.6kgであったという。

逮捕後、Bがデザインしたと判明。供述によると、「9」の文字は、校庭の夜間照明の中心に目印の机を1つ置いた上で、東西南北9歩の場所に4つの机を置き、その左右にも机を置く、続いてそれらの中間点に更に4つの机を置き、円から外側に残り5脚の机を真っ直ぐに置く、直径20mの円を描き、そこから「9」の文字を作るという方法で作られたものであった。更に机の「9」の文字の右下脇の位置に椅子9個を用いて作った「.(ピリオド)」のような円形は、机の「9」の文字が「6」と見間違えられないようにするため、机の文字の上下を示すために並べたものであった。作成には午前1時から午前4時まで3時間掛かった。

社会的影響について

事件の評価と分析
毎日新聞は1988年12月31日付の社説で、事件を「究極の劇場犯罪」と位置付けた上で、事件は「袋小路に追いつめられた若者たちが、自らの存在を顕示しようとするパフォーマンス」であったとした[11]。また中村希明は『怪談の心理学』において事件は「管理化のすすむ中学校への異議申し立てのパフォーマンスであったのではないか」と評した。

模倣と題材化
事件後、学校の備品を用いた模倣犯と見られるいたずらが発生した。8月5日には三重県名張市の小学校でプールサイドに置かれていた机や椅子、テントがプールの中に沈められているのが発見されたが[13]、犯人として補導された同校卒業生ら4人は「9」文字事件のことは知らないと述べた[14]。一方で、逆に机や椅子を用いて校庭に文字を作る行事を開催した学校や、テレビ番組の企画などもあったという。

※2ちゃんねるのオカルト板発短編小説『師匠シリーズ』のエピソードのひとつ「保育園」で、登場人物がこの事件について言及する場面がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/机「9」文字事件

36: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)05:46:08 ID:qOa
覚えてる覚えてるwww
騒ぎになって、みんなでよってたかって深読みしたけど
蓋を開いたら馬鹿9人組の愉快な悪戯だったのな

今、wiki見たら
「(犯人の有罪判決について述べた後)
 これは建造物侵入、逮捕・監禁罪のもので、校庭に「9」の字を作った罪ではない」
「作成には午前1時から午前4時まで3時間掛かったという」
という事務的な乾いた文章が逆に笑えた

38: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)02:24:52 ID:sXO
そそww
机9文字事件は素敵な例だと思う。
そもそも拘束された警備員も人気が無くなってので脱出したとあるので、大した拘束ではなかったんだろうね。
逮捕前→目的不明、カルトか ?深夜に忽然と現れた人間技とは思えない完璧な9。何かの予告か?
逮捕後→ただのいたずらでした。デザイン学部のメンバーの監修のもと、小さな灯りを頼りに3時間かけてせっせと机を並べました。逆さまに見られて6に思われないようにピリオドもつけました。あっ、後、机の中にあった私物は椅子の上に置いておきましたからっ!

センセーショナルな不気味な事件は、誰も傷つかず何も盗まれなかったカワイイ事件に変貌したwww
自己顕示欲で殺人犯す人間は、9文字事件を見習うべきだ

59: 名無しさん@おーぷん 2015/04/10(金)06:27:19 ID:RuT
>>38
まあ警備員さんは「洒落になんねーよ!」と思うだろうけどなwww

37: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)06:15:23 ID:qOa

手首ラーメン事件

解決したけど不気味な余韻を残す事件も多い一方
何もかも合理的な説明がつくのに、その説明が欠けたせいで
怪事件みたいに思われているのもあるよな
メアリーセレスト号事件みたいに

あと、事件自体は普通だけど生理的にくるやつとか。
たとえば手首ラーメン事件。
1978年、暴力団内部の抗争(組長代行のポスト、屋台ラーメンの縄張り争い)で
東京都中野区の暴力団員とその子分たちが、兄貴分の組員を殺害。
死体はバラバラにして、兵庫と岡山の山中に埋めた。
その後警察が掘り起こし、頭部と胴体と両腕両脚は回収したものの
何故か両手首だけが発見できなかった。

捜査本部が「両手首はどこにやったんだこの野郎」と犯人を締め上げたところ
「指紋から身元が判明するといけないと思って持ち帰った。でも始末に困ったので
 屋台ラーメンのダシに使用して、残った骨は粉々に砕いて捨てちゃった」と供述。
勿論、都内は大パニックに陥った。
「あの夜、俺が食べた屋台ラーメン、あれってもしかして……!」
と、警察に問い合わせが殺到。ラーメン業界も、売り上げが3割も減って悲鳴をあげた。

一応、所轄の赤坂署では
「9時間屋台を引いたけどチャルメラの笛は吹かなかったし、客が来ても品切れと言って断った」
という犯人の自供を公表したが、合同捜査していた警視庁捜査4課が
「いや~、9時間も屋台を引いて一杯も売れないってこと信じられる?」みたいな
空気読まないコメントをしたせいで再び大荒れに。

結局、捜査4課は「あのコメントは嘘。本当に売れませんでした。本当ですよ」と言わざるを得なくなった。
本当だよ、本当に売れてないんだよ、人間の手首でダシを取ったラーメンを食べた人なんていないんだよ……
ということに、しておこう。

でもやっぱり気持ち悪いので、この事件は後々都市伝説化することになる。

スポンサーリンク

43: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)03:07:12 ID:9oU
あった。子供の頃の殺人の件で、被害者の幽霊が出たという噂。
以下コピペ。

これは本当にあった話です。
古い話なので多少間違ってるところがあるかもしれません。
昭和55年、高校生たちがとあるアパートの一室で麻雀をしていました。
1人が何気なく窓の外を見たら、女の人が長い髪を振り乱して踊っていました。
「えっ」と思ったそうです。
その部屋はアパートの二階、座った状態で見える窓の外は空中のはずです。
そう、女の人は空中で踊っていたのです。
みんな大騒ぎになりました。
次の瞬間、躍っていた女の人が飛んできて、その部屋の窓ガラスにへばり付きました。
それは血だらけの幽霊でした。
部屋の中の人たちはパニック状態に、

その頃、隣の部屋の住人は、隣が騒がしいので、
シンナーでもやって騒いでるんだろうと思い、その部屋に怒鳴り込んでいきました。
隣の部屋の住人がドアを開けぱっなしにして入ったため、幽霊が入ってきました。
何人かは窓から飛び降りて逃げました。
隣の住人は腰が抜けて動けません。
そして、その幽霊がダレなのかすぐに分かりました。

その幽霊は、数年前にその部屋で小学五年生の男の子に刺し殺された人でした。

以上コピペ。
踊っているように見えたのは、必死の抵抗か、切られて苦しむ姿の再現だったんだろうな
ただ、幽霊よりも犯人の方がよっぽど怖いけど

49: 名無しさん@おーぷん 2015/04/07(火)02:41:46 ID:V5Z

まあ少年法の趣旨からして個人が
(警察・マスコミ、近所の知人は仕方ないけど)
第三者に特定されないようにされちゃうから
ぼやけた情報しか出てこないのは仕方ない

大人になってからの事件も
大概の場合、警察や大手マスコミは前科には触れない。
どうしても事件を語る上で必要になれば話は別だけど
基本的には前科者全体への風評被害を防ぐためだと思われる。
ただ週刊誌なんかはそういう縛りがないので、わりとストレートに報道するけど

澤田の場合は少なくとも高校は普通の学校に通っていたから
その前には施設を出てるわけだよな

あと、その事件から半年ぐらい後の2008年1月9日夜、同じ青森県八戸市で
18歳の長男が寝ていた母親と弟と妹を殺した挙句
母親の腹を裂いて中に人形突っ込んでアパートに放火した事件があった
今にして思うと、ちょっとこじらせた感じの少年だったみたいだけど

その事件の狭間で、中年の息子が老父を馬鹿でかいハンマーで殴殺して逃亡する事件があったけど
ものすごく影が薄い。家族殺害には違いないのに。
あのころの八戸市には一体何があったんだろ……

50: 名無しさん@おーぷん 2015/04/07(火)17:46:47 ID:tZB
>>49
なにそれこわい
少年なんだ・・しかも母親って
未解決で有名な名古屋の受話器入れられた妊婦の事件を思い出した
そういえばどっかの八戸在住の人の個人ブログで
「澤田がいなくなっても放火が止まらない、八戸どうなってる」みたいなのを見かけたわ

武富士、秋葉原ぐらいかと思ってたけど青森凶悪犯罪者大杉
青森県民なのにほとんど知らないのは俺が無知なのか
それとも県自体が、少年だろうとなかろうと、凶悪犯罪の報道は自粛傾向なのか

それにしても>>49は詳しいな、県内の記者か何か?
知らない事件ばっかりで勉強になります

53: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)02:53:53 ID:mrq
>>50
記者でも警察でも関係者でもない、只の物好きですwww

54: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:15:00 ID:CBY

少年犯罪の再犯率について
ソースは法務省
ww.moj.go.jp/content/000080846.pdf

抜粋、平成22年度の統計
(補足、その年度の再非行者数/その年度の総検挙数の%なので、再犯率を示す%ではない。つーかデータの並べ方が分かりづらい法務省もっとちゃんとやれ)
一般刑法31.5%
殺人32.6%
傷害・暴行 50.1%
窃盗 30.8%
詐欺 39.1%
恐喝 60.8%
強制わいせつ 38.3%

まぁ厳密な再犯率ではなくても驚異の数値なんだが、いまいちこのデータの再非行者の定義が分からない
酔っ払ってるからかな?
冒頭の特別調査の対象:平成16年1月から3月に出所した646名ではありえないってのだけは分かるけど
読みづらいし誤解招くぞ法務省、もっとちゃんとデータ並べろ
それとも少年法つぶしたいという意図かな

>>53
流石オカ民様!
ルーカスさんは引っ張られちゃったのかなぁ
明日検索してみますね

93: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)13:18:06 ID:uxj
>>53
同姓同名の墓にぶつかって死んだから
日本でも紹介されたんであって
そういう事故が多発したら不思議だけど
全世界でたった一度なら普通にあり得るんじゃなかろうか?

99: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)03:02:37 ID:JO9
>>93
不思議ではないけど不気味とは思わん?

心霊写真とかでも9割9分9厘は合理的な説明がつくというけど
それでも例えば「昔、女性が惨殺されたという曰くつきの場所」で
「女性の幽霊に見える何か」が撮影されたとして
よく調べたら、その正体が
木の影が偶然そう見えただけというのが判明して不思議でも何でもないことが分かっても
その偶然が不気味だなあ、とは思う感じ

51: 名無しさん@おーぷん 2015/04/07(火)23:46:46 ID:tZB
ちょっと箸休めに
一昨年だかに俺の実家のごく近所で起こった事件
またスレ主自らスレタイから脱線する事を許しておくれ

第一の犯行
真冬のある夜中、コンビニに青いツナギの男が目だし帽をかぶり包丁を持って強盗に入った
レジ交換っていうの?とにかくレジに5千円だかしか無かった
青いツナギの男はその僅かな現金を奪い、排雪が追い付かず道幅の狭くなった道路を自転車で逃走した
知らない人への豆知識として、青森には何故か、冬の狭い道路のど真ん中を自転車でトロトロ走るジジィが多い。ただし流石に夜はいないケド
(余談だが、翌朝父親に「お前昨日の夜、コンビニ行ったか!」と聞かれた。父よ、息子を疑うなorz)
店員は怪我していないし5千円だかしか奪われていないんだけど、場所がすごく小学校に近かった
チャリンコ警察が巡回するようになり学校側は集団登下校などの措置を取った

第二の犯行
そのわずか数日後、青いツナギを着た目だし帽の男が2店目のコンビニに強盗に入った
だがそのコンビニの店長は包丁を突き付けられても金を出さなかった
犯人は何も奪わず逃走した
この1件目、2件目のコンビニが小学校(ついでに俺んち)を同心円状にした場所に位置する店舗だった
保護者達は見えない犯人の影に怯える
かなりの人数の私服警官が投入されたようで近所を訪問したりほぼ常時巡回してた

しかし一部のご近所さん達は「不審者がウロウロしている!」と私服警官に怯えた
普段知り合いしか居ないような住宅地に、知らない人が常にウロウロしているのだから、しょうがない
実際、知り合いのオバチャンは訪問してきた私服警官を疑い警察手帳を見せられたが「そんなの見せられても本物かどうか分からない!」と追い返した

地方紙やTVでは1件目の事件以来「防犯カメラの映像を解析中」とあったが犯人特定には至らなかった。大手コンビニとはいえ多分ダミーカメラだったんだろうか
厳戒態勢の中、1件目の犯行のわずか数日後に、同じ青いツナギに目だし帽という姿で、しかも何も奪えずに逃走。あまりに大胆かつ失敗という結果から、「2件目は模倣犯の仕業では」と囁かれた

スポンサーリンク

52: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)00:17:26 ID:CBY
第三の犯行
未遂に終わった
第二の犯行からわずか数日後だった
狙われた3件目のコンビニは、弘前警察署の真横に位置する店舗だった

深夜、パトカーで巡回から戻る途中だった警官は、同署の近くにおいて雪道を青いツナギを着て自転車に乗る男を発見
パトカーに気づいた青いツナギの男は自転車の速度を上げたという
不審に思ったパトカーの警官が追跡し職務質問を行ったところ、持ち物のバックから包丁と目だし帽を発見、緊急逮捕した

男は2件の強盗および強盗未遂の犯行を遊ぶ金欲しさの犯行だったと自供
警察署の真横のコンビニを狙った点については「警察の盲点だと思った」と供述した
逮捕時は3件目の犯行のための下見中だったという

ご丁寧にも犯行時と同じ格好で、警察署のすぐそばを夜中の冬道なのに自転車で走行、しかもバックの中は包丁と目だし帽
そこまで釣り針ゴージャスだと確かに盲点だ、捕まえた警官もきっとびっくりだ

犯人の逮捕後、2件目の脅しに応じなかったコンビニ店長は「手袋と袖の隙間からシワがみえた。取っ組み合いになったとしても勝てると思った」と語ったという

地域の保護者達は安堵の笑みと共に草不可避だった

53: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)02:53:53 ID:mrq
>>52
言われてみるとホッカムリに青髭、唐草模様の包みを背負った人がいても
泥棒だと思わないかもw

全然関係ないし日本の話ですらなく、ここで求められるような刑事事件でもないけど
子供の頃に聞いて「不気味だなあ」と感じた事件を一つ。
シンクロニシティで有名なやつだけど。

1964年、アメリカはニュージャージー州。
マイルズ・N・ルーカスさん(64)は車を運転中
信号無視して交差点に差し掛かり、横からトラックに追突された。
ルーカスさんの車は跳ね飛ばされて交差点脇にあった墓地に飛び込み
墓石に激突。その衝撃でルーカスさんは全身を強く打ち死亡した。

どこからどう見ても普通の交通事故で、謎があるわけではない。
ただ、ルーカスさんの車が激突した墓石には
「マイルズ・N・ルーカスここに眠る」と刻まれていた……

勿論単なる同姓同名で、単なる偶然なんだけど
何か怖くね?という話。

55: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:31:59 ID:CBY
数字的に少年、成年関係なく全ての再犯者の%かなコレ

ごめん、今日は限界みてぇだ・・
お疲れ様です。お先に失礼致します

56: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:45:30 ID:mrq
おやすみなさいついでに……少年法とは全然関係ないけど
犯人のキャラが立ち過ぎていて強烈な印象を残す不気味な事件。

2003年3月30日午後7時50分ごろ、看護師の女性(22)と友人が自転車で路上を走っていると
真っ赤な自転車に真っ赤な服の中年女が「ニシオオゾネはどこですか?」と声をかけてきた。
看護師女性が「道を聞きたいのかな?」と立ち止まったところ
赤い女はいきなり包丁を取り出して看護師女性の腹を刺した。
立ちすくんだ友人は、女が自分にも襲ってきそうだったので自分の自転車を女に向けて倒して抵抗。
赤い女は散らばった友人の鞄(財布やケータイ入り)を奪って逃走する際
「また刺してやるからな!」と不気味な捨て台詞を吐いたという。

↑この台詞は後に誤報であることが発覚した。

看護師女性は自力で家まで逃げ帰ったが、翌日、多臓器不全で死亡した。
病院で働きながら、いつか青年海外協力隊に参加して世界の人々の助けになりたいと願う
立派な女性であったという。

その看護師女性が死亡していた頃、この女は包丁と赤い自転車を携えて再び出没。
今度は通りかかった別の女性からシャネルのバッグを奪って逃走した。この女性は全治一か月の重傷。

この女は、8月28日午前2時15分ごろ、今度は白いヒラヒラのワンピにハイヒール姿で窃盗を働き
近所の人の通報で駆け付けた警察に現行犯逮捕された。

その近所では庭に切り刻まれたリカちゃんだのバービーだの使用済みの生理用品だの赤いハイヒールだの
はらわたが飛び出た縫いぐるみだの、とにかく気色悪いものが捨てられる事件が相次いでおり
後にこれも、この女の仕業であることが判明。
女の家を家宅捜索したところ、奪われたシャネルのバッグや血のついた包丁などが出てきたため
一連の事件の犯人であることも分かった。(続く)

57: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:45:52 ID:mrq
この女・伊田知世容疑者(逮捕当時38)は、幼い頃の極貧生活や両親の離婚などから、金銭への執着と幸せな人への憎悪が激しく
取り調べにおいても
自分のイライラした気持ちがすっきりすると思った。相手が自分より幸せそうなら誰でもよかった」
(Wikiより)と供述している。

一応は美人でお洒落に気を使うタイプだったが
派手でメルヘンな服をきて赤い自転車を乗り回していることから
近所では「ひらひらさん」という謎の怪人扱いであった。

色々と人生の荒波を経験し、仕送りをしてくれる実父に甘えたかったのだが
(実父は離婚後、霊能者として一旗あげて裕福になっていたようだ)
実父の愛人と折り合いがあわず、2002年、愛人の衣服を燃やすという暴挙に出たため
実父から、仕送り額を30万円に増額する代わりにそれ以外の一切の縁を切られてしまった。
以前、夜の仕事で働いていた頃に出会った男からも毎月17万円の援助を受けていたので
働いていないにも関わらず生活自体は裕福だったと思われる。

この頃、何気なく読んだ死体や解剖の本に興味を惹かれ、死体映像のビデオなどを集めるようになる。
また人形を破壊するようになった。
やがて、幸せそうな「苦労知らずのお嬢様っぽい女の子」を殺害したいという思いに耐えかね第一の犯行に及ぶ。
しかし包丁で刺した際の手ごたえがあまりなかったので物足りなさを感じ、
もう一度女性を襲ったのである。今度はすっきりしたと述懐している。
その後、窃盗を働き逮捕されたのは前述のとおり。

当然、裁判では伊田被告の責任能力が争われたが
(その過程で、飼い猫の世話が元でこの女が弁護士を解任したり、色々あった)
精神鑑定の結果、人格障害はあるが責任能力は問題ないということになり
2006年2月24日、名古屋地裁で無期懲役の判決が下った。検察側・弁護側双方控訴しなかった。

この事件、当時は結構な騒ぎになったと記憶している。
絵に描いたような「責任能力はあるけどアレな人」で
「金持ち憎い」「苦労知らずの幸せな若い女の子憎い」とドロドロで凄く怖かった記憶。

58: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)03:49:31 ID:CBY
ひえっ
ひらひらさんって都市伝説じゃなかったのね
間違いなくいい夢みそうだわw

62: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)21:52:06 ID:CIA

キアヌ・リーブス宅にストーカー侵入

これ、2件目は知らなかった
マトリックスやスピードで有名なキアヌ・リーブス宅にストーカー侵入

初日
キアヌ宅に不審者が侵入、午前4時ごろ物音にキアヌさんが気づき書斎に向かうと40代の女性が静かに椅子に座っていた
キアヌは騒ぐことも警報を鳴らすこともせず女性に近づき話しかけると
女性は「あなたに会いにきたの」と答え、それを聞いたキアヌは落ち着き払った様子で通報
女性は逮捕され精神鑑定へ

翌日←www
キアヌさんは留守だった
昨日とは別の女性がキアヌ宅に侵入、裸になりシャワーを浴び、真っ裸でプールを泳ぎ回っていた
不審に思った清掃会社の職員がキアヌさんに連絡、逮捕
女性は「自分の父親はアメリカ政府に拉致されて証人保護プログラムに入れられており、キアヌさんがそのパイプ役を果たしている」などと意味不明の供述
精神鑑定へ

精神鑑定級のストーカーに二日連続自宅侵入を許すとか、器がでかすぎる

スポンサーリンク

68: 名無しさん@おーぷん 2015/04/15(水)05:24:19 ID:CcK
10年位昔に先輩から聞いたストーカー事件
被害者女性は先輩の元カノ、笑い話として本人から聞いたらしい
詳細は忘れちゃったけど、多分神奈川

被害者女性が夜、自宅(マンション2階)に帰宅しカーテンを閉めようとしたところ
ベランダに人がいた
しかしこの被害者女性は目を合わさずノーリアクションでカーテンを閉め、逃亡されないよう自然なトーンでピザでも頼むかのように「住所は○○でー、はい、なるべく早くお願いしまーす」と通報
警官に部屋と外の両側を封鎖されて男は逮捕された

犯人はベランダの柵をよじ登ってきたらしい、寝顔を見たかったからとかなんとか
ちなみに被害者女性には面識がない男だったそうで

俺にはガクブルな話だったんだが、当の被害者本人は
「私へのストーカー行為がどれだけ無謀な行為か思い知るがいいwww」みたいなノリだったらしい

その後は知らない

69: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)00:22:09 ID:lQn

たまには真面目にスレタイ回帰
有名どころの凶悪犯罪の動機みたいなものを考えてみる
凶悪犯罪ずっと調べてると具合悪くなるんだよね・・

名古屋アベック殺人事件
1988年。大半が未成年の6人のグループによる強盗殺人・集団暴行事件
コンクリ事件並に胸糞悪い
動機:金品強奪目的だったが集団暴行にエスカレート。事件の発覚を恐れ殺害

北九州監禁殺人事件
2002年。被害者が加害者でもある事件。7名死亡。
弱みに付け込み監禁し金を巻き上げ、拷問と虐待によってマインドコントロール下に置き被害者(≒加害者)同士を虐待させることで相互不信を起こさせ、用済みになると自らの手を汚さずに被害者(≒加害者)に殺害させ、ミキサーと鍋を用いて死体処理をさせた
これらの殺害及び死体処理を行わされた被害者(≒加害者)に未成年者を含む事、家族同士が殺しあうという事件の残虐性から報道が自粛された
複雑すぎて数行で書けないので知らない人はwikiって欲しい、こんな解決した不気味な事件はないと思う
動機:
被害者(≒加害者)の動機としては戦場心理のような、やらなければやられる
主犯の男の動機は、俺の理解を超えてるので分からない
独裁者にでもなりたかったのかな、金銭目的ってよりは支配欲だよね、かなり特殊な

江東区OL神隠し事件
2008年。マンションエントランスの監視カメラの映像から外出した痕跡がない女性失踪事件。女性宅の2つ隣に住む男性が逮捕された。
男は奴隷獲得目的に(単なる暴行目的ではない)女性を拉致。被害者と同居していた被害者の姉が室内の異変に気づき警察に通報、犯人宅へ警察が事情聴取に訪れた
事情聴取後、男は事件の発覚を恐れ被害者女性を殺害。警察が神隠しを2部屋隣で捜索している中、遺体をバラバラにし2週間かけて遺体をトイレに流したり、出勤時堂々とゴミ出しするなどして遺棄した
遺棄の2週間の間、警察は男の部屋に任意の家宅捜索を行ったが遺体の一部が入っている冷蔵庫や段ボールを見逃してしまっていた
(皮肉にも姉の通報によって)事件発覚を恐れ殺害

70: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)01:24:33 ID:lQn
横浜バラバラ強盗殺人事件
2009年。麻雀店経営トラブルをめぐり前経営者から殺害を委託された事件。生きたままチェーンソーで2名を殺害した
これ只のコピペだと思ってたけど、少なくとも被害者のセリフは実際の供述内容だったみたいね
「家族に電話させてほしい」「せめて先に殺してから切ってほしい」「動いちゃダメだろ切れないじゃないか」
二人目はもっとグロイので省略

動機:ヤクザのみぞ知る仁義なき世界、というか
ちょっと脱線するけどISの広報は何を思いながら生きた人間の首を切るのだろう。多分罪悪感はないんだろうね。
ISとこの事件の主犯、上で書いた家族で殺しあった北九州事件、犯行時の心理的には一緒なのかもと思った
一度殺人を犯しタガの外れた人間にとって、二人目を殺す事にあまり怨恨などの強烈な動機は必要ないのかな
殺すという結果のみが目的であり、生きたまま殺すとか、北九州事件なら家族を殺す&その遺体を処理するなどの残虐性に満ちた過程と事後にはもはや何の倫理的意味も存在しないってとこだろうか

酒鬼薔薇事件
1997年。概要省略
動機:歪んだ欲求によるサディズム的快楽○人

78: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)09:31:01 ID:5ma
大牟田4人殺○事件

2004年、福岡。強盗殺人・死体遺棄事件。
暴力団に所属する父と母は長男(前夫との子)と次男(現夫との子)を誘い家族4人で、被害者Aに嘘の土地売買の話を持ち掛け現金を用意させるという強盗殺人を共謀。
被害者家族の3人(A、長男、次男)と被害者長男の友人の計4人が殺害された
加害者家族4人全員に死刑判決が確定した特異な事例
諸事情により弁護人の辞退が相次ぐなど、なんかパンドラな匂いのする事件
動機:金銭目的

82: 名無しさん@おーぷん 2015/04/18(土)04:27:18 ID:NIe

事件というほどではないし海外だけど不気味だなーと思ったのを。

1930年、米フロリダ。
レントゲン技師のカール・フォン・コーゼルこと本名カール・テンツラー(53)は
美しいキューバ移民の女性エレナ・オヨス(20)に恋をする。
エレナは既に結婚していたが、末期の結核を患い明日をも知れぬ命であり、そのため夫に棄てられていた。

家庭環境の問題だの、カールがかつて妻子を捨てて蒸発した過去があるだの(だから偽名なのね)
そもそもエレナには残された時間が少ないだの、いろいろと障害があったものの
カールの熱意にほだされ、ついに2人は結ばれた。
カールは必死にエレナを治そうと努力をしたが、冷静に考えると医師免許を持っているわけでもなく
怪しげな素人療法を重ねたものの1931年、エレナはこの世を去った。

カールはエレナを土葬や火葬にすることに抵抗を覚え、豪華な霊廟を作って彼女を葬る。
それだけでは我慢ができず、たびたび霊廟に出入りして彼女の遺体と語り合っていた。
(心の中で。カールは医師でもないがイタコでもないので)

2年後、ついに我慢が限界に達したカールは、彼女の遺体を家に持ち帰ってしまった。
無論、2年も経っているので遺体はえらいことになっているが
カールは自分なりにエンバーミングし、彼女の遺体と暮らし始めた。
カールは医師でもイタコでも「おくりびと」でもないので、何か酷いことになっちゃったが
カール的には満足だったらしい。
そんな生活が7年も続いた。

結局、エレナの姉ナナがこれを発見して「うわ、キ○ガイ発見!」と保安官に通報。
カールは墓荒らしと死体隠匿の容疑で逮捕された。
しかし世論は同情的で、カールは無罪に。

この話は「アンビリーバボー」でも紹介されたことがある。
ここまでは、まあ純愛物語と言えないことはない。

ただ問題は、カールが遺体を再構築する際に(再構築された遺体は、それだけでも結構閲覧注意なのだが)
純愛物語にあるまじき魔改造をしていたことが20年後に公表されたことである。
ただの変態でした。おしまい。

90: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)12:42:55 ID:3CE
附属池田小事件

2001年、大阪。出刃包丁をもって小学校に侵入し次々に児童を襲撃。8名死亡、15名重軽傷。
暴行などの前科が多数あるが、うち15犯は精神障害を装い不起訴処分となっていた
この事件では精神鑑定において責任能力ありと認められた
法廷での発言がカオスすぎて怖い
「わしが殺したガキどもはわしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!ほんま、感謝しとる。
あのガキが8人死んでくれたから、 俺が死ねるんやから感謝せなあかん!死んでくれてありがとう!!
でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。残りの5人はおまけで感謝しといたる!
あははははははは!ほんまおもろい!(中略)こんなケッタイなおっさんに一瞬や!
ぶすぶす事件は、ほんま!、おもろい!、 ほれでも、ワシはまだ満足はしてないで!」
「あの世でもおまえらの子供、追いかけ回して、しばき倒したるからな!
あははははは!あははは!、こらおもろい、!こら、傑作や。
わしが8人を死刑にすんのに10分かかっとらんのに、わし一人の死刑に2年近くかかって随分、ご丁寧な事やのー!!」

動機:社会への歪んだ羨望、嫉妬

スポンサーリンク

100: 名無しさん@おーぷん 2015/04/22(水)00:39:09 ID:O9v

「天の声が聞こえた」
仙台アーケード街トラック暴走事件

2005年4月。3名死亡、4名負傷。
レンタカーのトラックで歩行者天国に侵入、歩行者を追いかけるように蛇行運転で暴走、約550m進んだところで他のトラックと衝突し停止。
犯人は焼身自殺しようと自分の服に灯油をかけ点火したが、服をダッシュボードに放置して近くの交番に出頭した。
逮捕後「死のうと思って故郷の仙台に来た、自殺を図ったが死にきれなかった」「天の声が聞こえた」と供述。
商店街はこの事件後、侵入可能な交差点にプランターを置くなどの対策をとった
検察は無期懲役を求刑、弁護側は心神喪失による無罪を主張。一審では未必の故意、心神喪失状態が酌量され懲役28年の判決。検察、弁護側双方が量刑不当として控訴し二審で無期懲役が確定。
動機:心身喪失かつ自暴自棄な自殺欲求(ホントは>>90の附属池田小みたいな社会への歪んだ嫉妬なのかもしれないけど、これ認めると死刑必至)

なお、この事件は少なくとも2件の模倣犯を生んだ
同年12月、同じく仙台の歩行者天国で第二のアーケード暴走事件。7名が重軽傷。轢き逃げ事件として懲役3年。
この事件をもって、商店街は中央通りに面する交差点のプランターを鉄製のポールに替えた

もう一つの模倣犯「人を撥ね飛ばすのは仙台アーケード街トラック暴走事件、ナイフで襲うのは土浦連続殺傷事件を参考にした」

秋葉原通り魔事件
2008年。7名死亡(車で3名、サバイバルナイフで4名)、10名重軽傷。死刑確定。概要省略。
ナイフ6本以上所持して犯行に及んだ。また、犯行直前まで掲示板サイトに犯行予告をしている
平成以降の無差別殺傷事件としては、7年前の同じに起こった>>90の附属池田小事件に次ぐ事件となった
一青森県民として最大級の恥であり罪人
動機:自己顕示欲、自暴自棄な自殺欲求

なお、この事件もまた「秋葉原のような事件を起こてやろうと思った」と模倣犯を生んだ
2010年広島、マツダ本社工場連続殺傷事件
本社工場敷地内にて車で従業員を次々に轢き、1名死亡、11名重軽傷。無期懲役が確定
動機:マツダ従業員から嫌がらせを受けていたという被害妄想

模倣ループ。。。

206: 名無しさん@おーぷん 2015/06/06(土)02:02:05 ID:o6T
>>100
カメで申し訳ないが、報道されなかった模倣犯多かったかも?な話。
ちょいとスレチだが許せ。

秋葉原の半月後ぐらい?、知人が大宮駅で同様の模倣犯に襲撃くらった。
後ろから突然襲われ、どうしようもなかったらしい。
ただ犯人が駅交番の目の前で事件を起こしたので、次の人が襲われる直前にタイホ。
だが暴行され血を流してた知人、救急車呼んでくれ!って言っているのに、
事情聴取のため警察連行。←どうやら定時前で担当が帰りたかったらしい。
ようやく聴取が終わって、病院へ救急車で行けたそうだが片耳はダメに。

その後が酷くてな。
事情聴取を加害者の目の前でやったもんだから、知人の住所は加害者バレ。
後で脅迫を受ける。
医者は関わるのを恐れ、診断書を出すのを断られる。
検事は忙しいから、という理由で、被害届を取り下げろ、言われたそうだ。
知人は超ビンボーだったから、泣き寝入りになった可能性大。。。

103: 名無しさん@おーぷん 2015/04/22(水)16:21:48 ID:O9v

「悪魔祓いをしている」

藤沢悪魔祓い殺○事件
1987年、神奈川。ミュージシャンの被害者の妻と従兄による殺○・死体損壊事件。従兄に懲役14年、妻に懲役13年の判決。
3人はかつてある宗教に入信していた過去があった
ある日従兄が「自分に神が降りた。この世の悪魔を祓うための救世の曲を作って欲しい」と被害者夫妻の元を訪ね、被害者はこれを快諾。
救世の曲の作製から1週間がたった頃、被害者は「魔に憑かれてしまった」と言い出し、従兄は自己流の悪魔祓いを行うが効果が見られず被害者を絞殺
従兄は被害者の妻と二人で、救世の曲を聴きながら遺体の解体を始めた
警察署員が駆けつけると、カセットテープレコーダーから音楽が流れる中、二人は一心不乱に死体の解体をしており
声をかけても「悪魔祓いをしている」と繰り返すだけで解体作業を止めようとしなかった

104: 名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木)03:24:11 ID:FX2
天の声だの神の啓示を受けて殺○をしたと述べる者がいる一方
悪魔に操られて人殺しをしちゃったと主張する者もいる
どっちみちロクなことにはならないから(刑務所直行)
変な声が聞こえてきても耳を貸さない方がいい
というか普通に統合失調症だろうから病院に行くべきだけど

>>103はもう、殺しちゃった時点で後戻りできないから
「これは悪魔祓いである」と信じて最後までやっちゃうより他ないね
ただの殺○だと自覚した瞬間、心が壊れるだろうから

105: 名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木)10:35:45 ID:SUp
>>104
悪魔祓いに関しては刑が軽いあたり、被害者同意のもとの殺害みたいな主張だったのかもね
何度も精神鑑定やって責任能力ありと認められたにも関わらずこの数字らしい
警察来ても作業止めないとか相当ぶっ飛びすぎ
加害者二人にしてみれば救済の行為であって犯罪を犯したという自覚はなかったんだろうなぁ

精神的にトンデル人って情状酌量で減刑とか不起訴になったりするけど、こういう人こそ社会から隔離した方がいいんでないかと思った
附属池田小みたいに重大な再犯犯す奴もいるし
変な人には近づいちゃダメって事だね!

130: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)01:37:55 ID:okf

これも不気味でも何でもないが……不気味を通り越して「何なのこの人」としか思えない事件。

白鳥由栄(しらとり・よしえ 1907年7月31日-1979年2月24日)
別名「昭和の脱獄王」。怪物じみた肉体能力と精神力で、26年間の服役中に4度の脱獄に成功した。
名言「人間の作った房ですから人間が敗れぬはずがありませんよ」「毛布をもう一枚ください。さもないと脱獄します」

1・逮捕までの経緯
青森県出身の白鳥は2歳で豆腐屋の養子となった。
頑固な性格だが真面目で馬鹿正直だったという。だが博打などで身を持ち崩し、悪の道へ。
1933年、悪友らと共に窃盗を働いた際、発見した家人ともみあいになり、結果、殺傷してしまった。
このときは「やべぇ!」と皆で逃げたが2年後、仲間が逮捕されたことを知り
「自分だけが逃げるわけにはいかない」と出頭した。

2・初めての脱獄
白鳥は青森刑務所に収監された。
悪人ではあるが根は真面目な性格なので、何もなければ大人しく服役していたはずなのだが
彼は真面目で馬鹿正直であると同時に物凄くプライドが高く、一種偏執狂めいたところがあった。
受けた恩は必ず返すが、受けた攻撃もまた必ず返すのである。

看守から「人殺しめ!おめーはどうせ死刑だ、カーッ!ペッ!」と痰を吐きかけられたことで復讐を決意。
基本、白鳥は独房に入れられていたが、簡易便器の中のものを捨てに行くときだけは
厳重な監視のもとで独房の外に出ることを許されており、このときに周囲の様子を細かく観察。
また、このときにこっそり拾った針金を加工して鍵を作り、これで独房の扉を開けて見事脱出。
1936年、白鳥28歳のときである。まあ3日後には捕まって連れ戻されたのだが
このときの脱獄は逃亡が目的ではなく、あの看守に恥をかかせてやるためだったのでOK。
事実、この看守は脱獄を防げなかった咎でクビになった。

3・秋田刑務所
白鳥はその後、小菅刑務所(現・東京刑務所)に移送された。ここでは真面目に服役していた。
基本、特に何もなければ模範囚なのである。
だがその後、秋田刑務所に移された際「あいつは脱獄したことがある」「注意して監視しないとな」と
窓もない独房に、手錠をはめられたまま放り込まれてしまった。

そういう扱いを受けるとムカつくらしく、再び脱獄を決意。
天井を這いあがる特訓をしながら、落ちていたブリキ片と釘を使って即製ノコギリを開発。
そして高さ4mのところにまで這い上がって、天窓をノコギリで少しずつ破壊していく。
看守の目を盗みつつ1日10分の作業の結果、ある暴風雨の夜、ついに天窓を破壊して脱走。
作業場にあった丸太を足場にして塀を乗り越え脱獄した。白鳥34歳。

その3か月後、白鳥は小菅刑務所で世話になった小林良蔵戒護主任宅にフラリとやってきた。
優しい小林さんからお茶をもらって嬉し泣きし、秋田刑務所での扱いが酷すぎることを訴えたという。
白鳥は小林さんに付き添われて出頭。逃亡罪で懲役3年の刑が言い渡されたが、小菅刑務所に戻りたいという願いは叶わず
それどころか日本最強の網走刑務所に送られてしまった(当たり前だけど)。

131: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)01:38:10 ID:okf

4・網走刑務所にて
1942年。真冬の網走刑務所は零下30度、独房内は少しマシだがそれでも零下10度近い。
そんな中、白鳥は凶悪犯用の特別懲罰隔離房に収監された。
一日中手錠・足枷をはめられ、服装は夏物一枚。
息をするだけで鼻が凍傷になるほどの極限状態に置かれ、白鳥またも激怒。
何度も手錠を筋力で破壊し、より厳重な、鎖と20㎏の重りつき手錠をはめられた。
手足の肉が裂け、腐り、蛆が湧いた。食事のときすら手錠は外されず、口で直接器を咥えなければいけない。
トイレも許されず糞尿垂れ流し、一週間に一回、水を浴びせられるのみ。

しかし白鳥は、隙を見て少しずつ手錠をかじって弱めていった。
また視察孔の鉄格子に味噌汁をかけ、少しずつ腐らせていったという話もある。

そして1944年、停電で所内が少しパニックになった隙を見計らい、鉄格子と手錠を破壊。
首だけを視察孔に突っ込むと、肩の関節を外してニュルリと独房から出た。
まさか小さな視察孔から人間が出てくるとは思わなかった、警備の隙をついたのである。
さしもの最強監獄・網走刑務所も、こんな化け物の存在までは想定していなかった。

脱走後、白鳥は2年ほど山中に潜伏した。そうこうしているうちに気が付けば太平洋戦争が終わっていた。
1946年、たまたまスイカ畑の横を歩いていたところ、不意に襲撃される。
襲撃者はスイカ畑の持ち主で、泥棒が出るので(火垂るの墓のお兄ちゃんみたいな子が多かった)警備していたのだ。
揉みあっているうちに、また相手を殺害してしまう。
白鳥のような人間凶器を泥棒と間違ってしまった(泥棒より悪い脱獄犯だが)農家のおじさんは運が悪かった。

白鳥は再び逮捕され、最初の強盗殺○も加えると2人も殺しているので今度ばかりは死刑判決が出た。
半ば「死刑だろうなあ」とは思っていたものの、こちらの正当防衛の主張を全く聞き入れない判事に激怒。
判決の際、白鳥は判事や検事を睨みつけ「必ず脱獄して寝首をかいてやる」と告げた。
そこで判事と検事は自宅から表札を外した。

スポンサーリンク

132: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)01:38:24 ID:okf

5・札幌刑務所
収監した札幌刑務所では、24時間体制で白鳥を監視。
壁、窓、扉――すべてを「対・白鳥用」に補強された独房に入れられた。
しかし白鳥は床を掘って建物の外に逃げた。雪が積もっていたため、塀を乗り越えるのも簡単だった。

300日後、札幌市街で職務質問を受ける。
この際、警官が煙草を差し出してあげたところ「優しくされた」と感激。
この警官に手柄を立てさせるため、自ら脱獄した死刑囚であることを明かした。
札幌高裁で審議が再開され、農夫殺しの件は一部正当防衛が認められ懲役20年に減刑され
府中刑務所に送られた。1948年のことである。

列車での護送は(GHQが「そんなデンジャラスな奴は警戒するに越したことはアリマセーン」と言ったため貸切)
1週間の旅路となったが、その間、看守たちは24時間体制で白鳥を監視。
白鳥が眠らず平気でいることに驚きの色を隠せなかったという。

6・その後
府中刑務所の所長は、今度こそ完璧な「対・白鳥作戦」を展開した。
それは「特に何もしないこと」である。
こちらが何もしなければ白鳥も何もしないことに、ようやく気が付いたのである。

白鳥は最初のうちこそ多少荒れていたが、後は黙々と模範囚として過ごした。
府中刑務所の塀の高さは2m余。白鳥にとっては無いも同然だったはずだが、逃げなかった。
1961年に仮釈放。その後は日雇いの建設作業員として黙々と働いた。

1日に120キロを平気で走り、煙突の支柱を素手で引っこ抜いた化け物は
しかし出所後は特に何も変わったことをしていない。
作業員としては優秀だったらしいが(基本真面目だし、肉体能力は怪物級だし)
際立って目立つようなこともしないし、犯罪にも手を染めなかった。

1979年、71歳で死去。
身内がいなかったため無縁仏として埋葬されそうになったが
仮出所の際に仲良くしていた近所の女の子(当時5歳、白鳥死亡時は大人になっていた)が遺骨を引き取り
責任を以て供養したという。

137: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)02:14:58 ID:zi0
>130-132
小説より生成りすぎて笑いがこみ上げてくる
どんだけ身体能力が高いんだと思いウィキってみたら

> 地中深く突き立てられた煙突の支柱を素手で引き抜き、40歳を過ぎてなお、
> 米俵を両手に持って手を水平にすることができるなど、その怪力ぶりは群を抜いていた。
> 身体の関節を簡単に外すことができる特殊体質を持っていたとされ、頭が入るスペースさえあれば、
> 全身の関節を脱臼させて、容易に抜け出したという。

「米俵60kgを片手ずつ持って水平」これオリンピック選手並みかそれ以上かも
育ちと時代と性格さえ違っていたら…惜しいというよりもう別人か

133: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)02:18:34 ID:Yyh
>>132
なんか無駄に脱獄なんかしなければ、初めの犯罪だけで早く出所してそれなりの職人になれたろうに色々勿体ないやつだなぁ

134: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)03:53:45 ID:nEa
プライドが高くて
攻撃を受けたら十倍返しの人生って
生きにくいだろうなあ

169: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)12:59:19 ID:neQ
帝銀事件
犯人が銀行員や客に毒を飲ませた方法は
戦時中に生物化学兵器の開発や運用の研究をしていた
731部隊で考案されていたものそのものだった。
もちろん犯人とされた男がそれを知っていた可能性はほぼない。

帝銀事件

1948年1月26日(昭和23年)午後3時過ぎ、閉店直後の帝国銀行椎名町支店に東京都防疫班の白腕章を着用した中年男性が、厚生省技官の名刺を差し出して、「近くの家で集団赤痢が発生した。GHQが行内を消毒する前に予防薬を飲んでもらいたい」、「感染者の1人がこの銀行に来ている」と偽り、行員と用務員一家の合計16人(8歳から49歳)に青酸化合物[1]を飲ませた。その結果11人が直後に死亡、さらに搬送先の病院で1人が死亡し、計12人が殺害された。犯人は現金16万円と、安田銀行(後の富士銀行。現在のみずほ銀行)板橋支店の小切手、額面1万7450円(現在[いつ?]の価値では数百万円相当)を奪って逃走したが、現場の状況が集団中毒の様相を呈していたため混乱が生じて初動捜査が遅れ、身柄は確保できなかった。なお小切手は事件発生の翌日に現金化されていたが、関係者がその小切手の盗難を確認したのは事件から2日経った28日の午前中であった。

全員に飲ませることができるよう遅効性の薬品を使用した上で、手本として自分が最初に飲み、さらには「歯の琺瑯質(エナメル質)を痛めるから舌を出して飲むように」などと伝えて確実に嚥下させたり、第一薬と第二薬の2回に分けて飲ませたりと、巧みな手口を用いたことが生存者たちによって明らかにされた。男が自ら飲んだことで、行員らは男を信用した。また、当時の日本は、上下水道が未整備で伝染病が人々を恐れさせていた背景がある。16人全員がほぼ同時に第一薬を飲んだが、ウィスキーを飲んだときのような、胸が焼けるような感覚が襲った。約1分後、第二薬を男から渡され、苦しい思いをしていた16人は競うように飲んだ。行員の一人が「口をゆすぎたい」と申し出て、男は許可した。全員が台所の水場などへ行くが、さらに気分は悪くなり、やがて気を失った。内の一人の女性が失神を繰り返しながらも外へ出たことから事件が発覚。

https://ja.wikipedia.org/wiki/帝銀事件

172: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)21:57:17 ID:2Sv
トリカブト保険金殺人事件

最初の検視した医師がいなければ、きった完全犯罪だった事件

1986年。犯人の妻が急死し、死因は急性心筋梗塞と診断されるも医師の機転により血液サンプルを保管、5年後に発覚するこの毒殺事件の決定的な証拠となる。
妻にかけていた保険金は1億8,500万円だったが、保険会社が病歴の告知義務違反などを理由に支払いを保留したため犯人は支払いを求め裁判を起こした。
地裁では犯人が勝訴し保険会社が控訴した。しかし高裁において妻を検視した医師が「死因が毒物であるある可能性が高い」と当初からの疑念を証言した。
これは当時未発覚であるはずの核心を突いた証言であった為、犯人は訴訟を取り下げている。

1991年。犯人は横領の別件で逮捕し、5年前の妻の急死が殺人であった可能性が浮上したため犯人を再逮捕した。
この逮捕には、当初は5年も前の事件に物的証拠が無いと危惧されたところ、医師が保存してあった急死した妻の血液サンプルからトリカブト毒が検出されたという背景があった。
さらに犯人が大量のフグを購入したいた事実が発覚し、改めて血液サンプルを検査したところフグ毒も検出された。

公判ではアリバイが争点になった。
トリカブト毒は即効性があるにも関わらず、妻は犯人と別れてから1時間40分後に苦しみだしているからだ。
これに対し検察はカプセルを用いることで遅行性を持たせると反論したが、実験の結果5~10分しか遅らせられないことが判明した。
しかし、5年前の妻の検視の際に血液サンプルを保持しておいた医師は
「トリカブト毒はNa+チャネルを活性化させ、一方でフグ毒はNa+チャネルを阻害するという互いに拮抗する作用をもつ。
 これらを同時に服用した場合、トリカブト毒よりもフグ毒の方が半減期が短い為、時間の経過によって拮抗作用が崩れ最終的にトリカブト毒で死に至る」と証言。
この証言により、犯人のアリバイは完全に崩れた。

1994年に無期懲役判決。控訴・上告するがともに棄却され、2000年にこれが確定。
2012年、犯人は獄中で病没。享年73歳。

173: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)22:38:44 ID:KNT
犯人も相当アレだが血液サンプルを残した医者がすげえな

174: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)22:42:41 ID:2Sv
トリカブトちょろっと追記
犯人は1986年に死亡した妻の以前に2人の妻を亡くしているが、恐らくこの点は殺人事件として立件されていない。

1人目、1965年結婚。看護師。1981年に38歳の若さで心筋梗塞で死亡。
2人目、1人目が死別する前の1971年から愛人関係。経理課女性上司。1,000万円の保険金をかけて結婚。1985年に急性心不全で死亡。
3人目、2人目の死亡から4ヵ月後に結婚。ホステス。1986年死亡(上述)。

デスノートかってくらいの急死連発。1,2人目も被害者なのかもね。
機転きかせて5年も物証保管してみたり、裁判で二度も核心突いた医者グッジョブすぐる

176: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)04:29:37 ID:uJt
ただ、かなり朧な記憶で恐縮だが
トリカブトの犯人は自身に疑いがかけられた際、取材陣を前にして胸を張り
「私にはアリバイがある! 妻が苦しみだしたのは私と別れてから1時間40分後!
 トリカブトの毒は即効性があるので私が犯人ではあり得ない!
 仮にカプセルを使ったとしても5~10分しか遅れることはないのだ!」
と(その辺のことが公判で明らかになる前に)主張するもんだから
何か、列車もののアリバイミステリで
「ふふふ、その犯行は私には不可能ですね。
 何故なら時刻表を見てもらえば分かると思いますが
 この列車がこうで、この列車が何時何分発だから
 どうやっても私がその犯行時刻に現場に行くことは不可能だからです。
 わはははははは」とか言う犯人と同じように
「お前、実は疑われたいのか? 突っ込み待ちか?」
みたいに言われていた記憶があるwww

177: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)14:34:06 ID:XmZ
東村山市議が万引きを苦に近所のビルから飛び降り自殺した件が未だに気持ち悪い。
ものすごく色んな案件出て来てぐっちゃぐちゃ。
議席譲渡
万引き被害者脅迫
各種名誉毀損
保育園問題
まとめページを読み込むと時間がどんだけあっても追い付かないくらい
そんで、殺人でっち上げをした本人および関係者が、いまだに市議ってあたりも気持ち悪い

https://ja.wikipedia.org/wiki/朝木明代市議転落死事件

スポンサーリンク

178: 名無しさん@おーぷん 2015/05/16(土)02:09:06 ID:Mox
名古屋大の女子学生が77歳女性を殺害したり
高校の同級生にタリウム飲ませたりの事件は
ここで列記された事件に比べると(あくまで比較の問題だけど)
それほど不気味な感じじゃないのな
「こじらせちゃった子なんだなあ」としか思えない
やってることは最悪なんだけど

179: 名無しさん@おーぷん 2015/05/16(土)21:30:29 ID:Q6m
あれは普通ならとっくに卒業できてるはずのものを
卒業できないまま大学生になってしまった感があって
見ていて痛々しい

184: 名無しさん@おーぷん 2015/05/24(日)14:27:44 ID:voa

尼崎連続殺人

186: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)18:23:47 ID:6s6
>>184
いきなりヘビーだな、ちょっと待ってて。複雑すぎる。。

187: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)19:42:11 ID:6s6
尼崎事件

事件概要
1987~2012年。主犯格、角田美代子。北九州に少し似てる事件。
複数の家族に対し、些細な弱みにつけこみ隷属的関係を構築。財産を奪い監禁、虐待、被害者家族間での暴行の強要し家族崩壊を引き起こさせることで、次々と主犯の疑似家族の一員に取り込んでいった。
監禁や暴行により少なくとも6名が死亡、3名が行方不明。
逮捕・書類送検者は17名にもおよぶ。その中には主犯の疑似家族に取り込まれてしまった被害者家族の親族を含んでいる。

188: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)20:25:51 ID:6s6
角田家
・角田美代子(逮捕、死亡)
 主犯。2012年に拘置所で自殺。
・角田三枝子(逮捕)
 A家長男の妻。主犯の母と養子縁組を結び、主犯の義理の妹となった。主犯の右腕であり、逮捕後に事件の全容を供述し始めた。
・角田健太郎(逮捕)
 主犯の遠戚にあたるB家母の四男の三男。主犯の養子となり、主犯の義理の長男になる。
・角田優太郎(逮捕)
 D家次女の夫。戸籍上は主犯の次男だが、生みの親は三枝子。
・鄭頼太郎(逮捕)
 主犯の内縁の夫。韓国籍。
・李正則(逮捕)
 C家長男の元妻の連れ子。主犯の叔父と養子縁組を結び、主犯の義理のいとことなる。角田ファイミリーの暴力装置の異名をもつ。韓国籍。
・同居人男性(逮捕)
 A家次男の誘いで共同生活を始める。主犯の指示でD家長女と結婚。主犯の運転手段を務めた。
・同居人女性(死亡)
 主犯の兄と交際したことをきっかけに共同生活を始める。家政婦的存在。 

189: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)20:58:25 ID:6s6
A家
過去に主犯の家を間借りしていた事があり、再び共同生活を始める。
・A家母(行方不明)
 殺害され海に遺棄されたとの証言があるが遺体発見には至らなかった。
・A家長男(死亡)
 角田三枝子と再婚。沖縄にて自殺を強要され転落死。三枝子に保険金約1億円が支払われた。
・A家次男(死亡)
 何度も共同生活から逃亡しては連れ戻されるを繰り返した。ドラム管にコンクリート詰めにされ岡山県に遺棄される。

B家
主犯の縁戚。B家母の姉の葬儀の際に難癖をつけられたのをきっかけに乗っ取られる。
・B家母(死亡)
 事件性の無い病死とされているが、暴行や虐待を受けていたという話もある。
・B家母の長男の長男(死亡)
 事件性の無い自殺とされている。主犯により行われていた親族会議の最中に突然走り出し、軟禁されていたマンションから飛び降りたとの証言あり。
・角田健太郎の兄(行方不明)
 自発的な失踪とされている。

190: 名無しさん@おーぷん 2015/05/27(水)22:54:22 ID:6s6
C家
C家長男が、主犯の内縁の夫である鄭頼太郎と中学の同窓生であったことが主犯と関わるきっかけとなり、乗っ取られる。
・C家母(死亡)
 この死亡に関して、主犯やC家(長男、次男、長女、次女、孫)、D家(長女、次女)ら計9名が書類送検されるが、既に傷害致死罪の公訴時効が成立しており不起訴処分。
・C家長男(書類送検)
 鄭頼太郎と中学の先輩後輩関係。かつて主犯の義理のいとこの母親と結婚していた。多額の借金を抱えていた。
 主犯の指示により、退職させられ退職金を奪われた。その後共同生活から逃亡し、偽名を用いて潜伏していた。
・C家次男(死亡、書類送検)
 共同生活から逃亡後、末期ガンで死亡。
・C家長女(死亡)
 D家に嫁ぐ。共同生活から逃亡後連れ戻され、急性硬膜下血腫で植物人間状態となり死亡。医師は暴行の疑いありと警察に伝えたが、事件性の無い病死とされている。
・C家次女(行方不明、書類送検)
 自発的な失踪とされている。

D家
C家長女の嫁ぎ先。主犯に因縁をつけられ、C家の家族ら10名で押しかけられて自宅に居座られ、有無を言わさず乗っ取られる。
建物、土地などの財産を奪われ、一家離散。
・D家母=C家長女
・D家父
 主犯により離婚に追い込まれた上に娘2人も奪われ、虐待を受ける。後に居座られている自宅から、離婚したD家母を逃し自らも逃亡、偽名で潜伏生活。
・D家父の兄(死亡)
 D家父を助けようとするが逆にD家自宅にて軟禁された。虐待や暴行の末に死亡。遺体はC家の床下に埋められた。
 この死亡に関して、主犯家族やC家次男、自らの姪であるD家長女及び次女の計8名が書類送検されたが、司法解剖で死因が特定できず、嫌疑不十分・被疑者死亡により不起訴処分となっている。
・D家長女(死亡、書類送検)
 次女と異なり、主犯に懐かなかったため虐待の対象となり逃走するが、免許更新の際に主犯家族に待ち伏せされ連れ戻され、主犯の同居人男性と結婚させられる。
 その後夫婦そろって逃走するが再び発見された。その懲罰として2か月以上の間物置で監禁、虐待を受け死亡。遺体はC家床下に埋められた。
 この死亡に関して、主犯家族らや自らの妹であるD家次女の計7人が殺人・監禁の罪で逮捕、起訴されている。
 一方で長女本人も3件の傷害致死容疑で書類送検されている。
・D家次女(逮捕)
 主犯により高校を中退させられる。初期は虐待を受けることもあったが、洗脳されたかのようになり主犯をお母さんと呼んだ。実の両親に暴言や暴力を働くなど積極的に犯罪行為に加担。
 角田優太朗と結婚し、角田瑠衣となる。戸籍上は主犯の義理の妹にあたる。
 3件の殺人罪などで起訴されている。

191: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)00:30:07 ID:1jA
E家
大手私鉄会社に勤めていたE家父が、主犯の「孫の乗ったベビーカーがドアに挟まれた」というクレームに対応したのがきっかけ。
謝罪のために主犯宅に通い続けたE家父を恐喝する一方で次第にE家父を褒め、結果としてE家族と家族ぐるみの付き合いをするようになった。
主犯に家庭介入され一家離散に追い込まれ、乗っ取られる。
・E家父(逮捕)
 主犯により退職、転居、離婚をさせられ家庭崩壊。退職金を奪われる。最後は元妻と次女の三人で無理心中を試みたが兵庫県警に保護され食い止められた。
 元妻の母であるF家母に対する傷害致死などで起訴され、懲役3年執行猶予5年が確定。
・E家母(逮捕)
 F家次女。虐待を受け、警察に保護された時の体重は35キロほどだった。
 本人の母であるF家母に対する傷害致死などで起訴されている。

F家
F家次女はE家に嫁いでいた。F家次女夫婦に対する主犯の介入を発端に乗っ取られる。
・F家次女=E家母
・F家母(死亡)
 虐待、暴行により死亡時の体重は22キロ。遺体はドラム缶にコンクリート詰めにされ、内縁の夫である鄭頼太郎の貸倉庫に放置された。
 この死亡に関して、主犯家族ら及び自らの娘である長女、次女とその夫の計5人が死体遺棄容疑で逮捕・起訴されている。
・F家長女(逮捕)
 監禁中、二階の窓から脱走し警察に駆け込む。これにより一連の事件が初めて発覚した。
 一方で、本人の母であるF家母に対する傷害致死などの罪で起訴されている。

スポンサーリンク

192: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)01:06:42 ID:1jA
疲れた。。相変わらず読みずらいのは許してけろ。
俺には文才無い以前に、ただでさえ複雑なんだよぅ

時系列も必要?
必要なら明日あたりやります

194: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)02:21:19 ID:T0i
尼崎事件はもう滅茶苦茶すぎて
多分世界的に見ても前例が少ないレベルだと思われる(いや知らんけど、多分)
よくまとめることができたな、お疲れ様です

195: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)03:23:05 ID:T0i
あと怖いのは、こういう事件が発覚するまで相当の時間がかかったこと
今こうしている間にも、近所の家が乗っ取られて
どんどん死んでいっているのではないかと思うと……

196: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)09:45:39 ID:1jA
>>195みたいに不気味成分の抽出や漏れを追記して頂けると、すごく助かります。

尼崎を調べてて、戦国時代の養子縁組をイメージした俺はきっと異端ww
例:毛利元就の養子縁組による小早川・吉川家の掌握、みたいな。
現代で家を乗っ取るメリットがあるのかは疑問だけど。

204: 名無しさん@おーぷん 2015/06/01(月)04:29:29 ID:j7h
寄生して、乗っ取って、支配する。
ここまで大掛かりではなく殺人事件に発展するわけでもないが
相手に寄生する上に、いつの間にか主導権を握ってしまうタイプの人間
そしてその犠牲となるタイプの人間って個人レベルではたまにいるよね
そういうのが一線を越えてしまった感じ
一線というか物凄い越え方だけど

207: 名無しさん@おーぷん 2015/06/07(日)03:37:15 ID:lX9

自殺サイト連続殺人事件

自殺サイト連続殺人事件も気色悪いぞ
集団自殺を呼びかけて自殺志願者を誘っては嬲り殺しにして
その様子を撮影したビデオや被害者の苦しむ声が録音されたテープを集めていたやつ
最低でも3人殺している

楽しんで苦しめて殺しているから、自殺幇助ではなく純然たる快楽殺人に分類されている。

犯人は人の苦しむ姿を見て興奮を覚える癖があり
今までに何度も人の首を絞めたり口を塞いだり襲い掛かったりして前科があるのだが
単なる粗暴犯ではなく、標的にそれとなく示唆してメールやPCの履歴を削除させたりと
知能的なところもある

加えて白スクールソックスフェチ。
白スクールソックスを見ると履いている相手が男でも女でも
首を絞めたりスタンガンで襲ったりしてしまう。
供述によると、よほどの高齢者でもないかぎり男でも女でもよかったらしい。
殺害した被害者にも、わざわざ白スクールソックスを履かせていた。

IQは128と高く記憶力もずば抜けていたという説もあるが、だからどうしたという話は特に聞かない。
精神鑑定をした教授の一人は、検察側が採用した「サディズムとフェティシズムが動機」という鑑定書を否定し
「彼は自分の欲望を抑え込もうと懸命に努力してきた。その点では自分に誠実で正義感が強い人だったといえるのではないか」
と話している。
ただIQが高いという話が事実なら、この教授が騙されていた可能性も否定できなくなるが。
自分を抑え込もうと懸命に努力してきたというわりには、何か色々と悪質だし。

208: 名無しさん@おーぷん 2015/06/07(日)17:48:01 ID:aT3
>>207
その事件の存在は知ってたがそんな妙ちきりんな内容だとは知らなかった

209: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)12:33:58 ID:2ZO
自殺サイト殺人の犯人は死刑になったよな

IQが高いイコール頭がいいというわけではなく
頭の良さの尺度は色々あるから
(肉体能力でいうと背筋力が凄い→肉体能力全てが凄い、というわけではないのと一緒)こいつもどんなもんなんだか

第一、IQ高いというのはこの教授の見立てに過ぎないし

210: 名無しさん@おーぷん 2015/06/11(木)04:26:47 ID:9KG
連続殺人犯は知能が低い無秩序型と知能が高い秩序型に大別できるんだっけ
ただ秩序型は知能が高いといっても「中途半端に」高いことが多いとも聞く
白ソックス男は、IQ128が本当なら随分高いけど

224: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)08:13:00 ID:pxX
神戸のサカキバラ事件の少年Aの母親も大概だったらしいな。
ハセさんの息子を大捜索してる最中、電話番を申し出て、その番をしてる最中に「たまごっちにご飯あげなきゃ」ってたまごっちいじくってたらしい。
(ハセさんの手記に書いてた)

転載元:http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1426946063/

関連記事 一覧

-名作・神スレ
-

© 2021 サンブログ