名作・神スレ

【名作スレ】弟のために執事になってみたた

スポンサーリンク

1:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 09:39:46.41ID:X1EvRlwSO

両親が居ない連休の二日間に朝から晩まで付き纏ってお世話してたら
とうとう泣かれてしまいましたよ

可愛いね!

2:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 09:41:47.15ID:LILWVFM/O
弟がガチホモで黒執事みたいなイケメンを望んでたんだな

>>2
そうそう
妹が持ってる黒執事を弟がこっそり読んでるのを見たのが発端
可愛い弟だろ?普段オタなんか○ね!って言ってる奴なんだぜ?

ちなみに俺と妹はオタ

6:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 09:49:01.05ID:jhrQvAkf0
いえすまいろーど

>>6
基本だな

7:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 09:52:18.72ID:X1EvRlwSO

朝はもちろん

「おはようございます坊ちゃん。今日のモーニングティーは…(烏龍茶)」

から始まる

8:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 09:55:23.75ID:DwHuzdv10
お前らのスペックはよ

>>8
俺 22 多分フツメン
最近バイト辞めたニート(オタ)

弟 14 チビで可愛い
オタクを馬鹿にする普通のサッカー少年

妹 16 一般的
誰もが引くようなとんでもない腐女子

12:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:05:50.13ID:X1EvRlwSO

妹はどうでもいいけど弟はマジで可愛い
歳が離れてるからなんだろうけど
弄り甲斐がある性格なのと、中学生になってもまだチビでヒョロッとしてるとこが何か可愛い

13:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:06:38.36ID:TYN8kGoO0
お前ショタコンだろwwwww

スポンサーリンク

11:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:05:14.60ID:boclaRMk0

おいおい、そこは妹のメイドだろうが

16:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:08:14.81ID:X1EvRlwSO

妹なんか何の需要もねーよ!
俺と俺の友達でホモな妄想した挙げ句、本人である俺に聞かせてくるような変態

22:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:13:55.87ID:X1EvRlwSO

連休前の夜中に思い立ってからすぐ準備に取り掛かった

髪は黒髪で長さも何となく足りたからそれっぽくセットして
服は執事服?みたいなのはさすがに持ってないし買うのも嫌だったから
かわりになるもの家中探し回ったら、何故か親父の部屋にあった燕尾服を借りた

どこからどう見ても俺はセバスチャンだったね

23:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:15:28.21ID:aV9eM1F10
顔面違うだろ

27:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:23:02.64ID:uyIds+Fk0
セバスチャンだったね、じゃねーよ

25:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:20:51.05ID:X1EvRlwSO

こういうスレ立てんの初めてだから順序とか変だったらごめん

ちなみに連休は

両親→田舎のばーちゃん家
妹→友達の家
弟→朝から夕方までサッカー
俺→特に何もなかった

弟を起こすとこから始まるから
決行する前日は一睡もせず燕尾服のままずっと2Chしてた

28:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:23:17.92ID:4kjczGQO0

2chに張り付くセバスチャン・・・

31:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:26:31.13ID:X1EvRlwSO

そして朝方、執事は動き出す

まず燕尾服の上着を脱いでキッチンへ向かう
そしてシャツを腕まくりして無意味に溜息をついてから坊ちゃんの朝食作り

だけど料理なんて出来わけないから
とりあえずパン焼いてハム乗せた

32:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:31:06.07ID:X1EvRlwSO

一通り朝食の準備を終えたら、いよいよ坊ちゃんを起こしに行く
妹の本で散々予習した俺に隙など無い
俺は母ちゃんの手荒れ用の白い手袋を装着し、モーニングティーを持って部屋に向かった

33:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:33:52.88ID:yGSRV64S0
こんな兄貴ほしいわw

34:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:36:06.35ID:X1EvRlwSO

部屋の前に到着

執事である俺はきちんとドアをノックするものの
もちろん坊ちゃんから返事があるはずもなく、
俺は音を立てないように忍び足で部屋に入って
机の上にモーニングティーを置いてから爆睡中の坊ちゃんの枕元に近付いた

35:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:39:16.31ID:iVDiWoB3O
何となくオールバックにしていけ

37:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:41:32.91ID:X1EvRlwSO

第一声で全てが決まる
何が決まるのかは自分にもよくわかんないけど
「おはようございます…坊ちゃん」
俺は例のイケメンボイスで弟に囁いた

元々、古泉のモノマネが完璧な俺には動作も無いことだった

スポンサーリンク

38:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:44:51.84ID:aV9eM1F10
マジレスですまん 造作な

>>38
すまんな!学が無いのがバレバレ恥ずかちぃ!

39:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:47:21.73ID:X1EvRlwSO

しかし囁いただけでは起きるはずもない
世話がかかる坊ちゃんですね可愛い!
で、仕方ないから布団ごと体をグワングワンと揺すって起こす
「おはようございます!坊ちゃん!おはようございます!!」
ここで坊ちゃん起床
弟「…おにい何してんの?」
朝からゴミを見るような視線を浴びる執事

44:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:56:13.87ID:JYMX4i++O
おにい…だと…!!!

43:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:54:24.83ID:aV9eM1F10
ゴミを見るような視線とかたまらんね

45:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 10:57:53.51ID:X1EvRlwSO

普段は寝起きが悪くてすぐ二度寝しちゃう弟…否、坊ちゃんがこれでもかってくらい眉間に皺を寄せて俺を見ている
やっぱり執事が起こすと目覚めがいいらしい
そんな坊ちゃんに満足した俺はすかさず最高の笑顔を作って坊ちゃんにモーニングティーを差し出した
俺「今朝のモーニングティーは摘み立てのハーブでどうのこうの(忘れた)」

46:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:03:12.59ID:WQLX7biP0
>>1は妹と弟を俺に寄越せ

47:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:07:26.99ID:X1EvRlwSO

弟「はぁ?え?あー…うん」
相変わらず怪訝そうな顔しながらも、体を起こして素直にモーニングティー(烏龍茶)を飲む坊ちゃん可愛い!

しかし有能な執事は有効に時間を使うので、可愛い坊ちゃんを凝視したい衝動をおさえて本日のスケジュールをお伝えしなければならない
俺はポケットから何も書いてないメモ帳を取り出し、それっぽく読み上げるように言った

俺「本日のご予定は午前中から午後17時まで球蹴りでございます」

49:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:12:01.55ID:yGSRV64S0
弟かわえーww

50:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:15:08.71ID:X1EvRlwSO

言ってからサッカーを球蹴りにしたのは失敗だったと気付く
何故なら坊ちゃんの眉間にもう一本皺が増えたから
弟「いや、意味わかんないしその服なに?」
俺「見ての通り執事でございます」
弟「おにいコスプレまで始めたの?それ似合ってn」
俺「坊ちゃん、朝食が冷めますのでお召しかえを」

56:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:32:05.14ID:CjwCWWnd0
早くしてくれセバスチャン
俺の坊っちゃんが暴れてる

60:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:35:43.59ID:McQ2L6eF0

言い終わらないうちにまだベッドに座る坊ちゃんのTシャツに手をかけた
こう書くとなんか俺がいけない人みたいだけどこれは純粋な給仕
というわけで俺は意気揚々とシャツの端を掴んで上に引っ張り上げようとしたら
まぁ坊ちゃんが暴れるわけですよ、当然ですよね
弟「ちょっ、やめろよ!自分で脱ぐから!」
俺「おや、坊ちゃんお一人でお着替えができるのですか?(プークスクス」
弟「はぁああ?もういいから!わかったから!」
ベッドから飛び起きて俺にティーカップを押し付けると
背中をぐいぐい押して部屋から追い出されてしまった・・・
関係ないけどお一人でお着替え~のくだりは自分で言っててもなんか萌えた

62:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:40:33.65ID:McQ2L6eF0

そういえば書き忘れてたけど俺は元々こういうイタズラというかドッキリが大好きで、
よく家族に仕掛けて遊んだりするんだけど一番ターゲットになるのが弟なんだよね
だってリアクションが可愛いし、中学生になって多少口悪くなったけど妹みたいにマジギレしないし

ほんとにいい子なんですウチの弟!

だから多分この時点で既にこの異常事態を受け入れてたっぽい
それでも自分がこっそり黒執事読んでたことがバレてるとは思ってなかっただろうけどww

65:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:45:46.69ID:aV9eM1F10
弟じゃなくて坊ちゃんだろ
いいから続けて

64:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:45:43.71ID:McQ2L6eF0

で、部屋の前に突っ立ってても仕方ないので(鍵掛けられた)
キッチンに行って冷めてたパンをレンジでチンしてやった
執事たるものこれくらい出来なくてどうします?

そしたらサッカーのユニフォームに着替えてきた坊ちゃんが2階から降りてきたので
笑顔で椅子を引いてここに座るよう促したんだけど、
ツンデレ坊ちゃんは真逆の席に座ったわけで

スポンサーリンク

66:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:47:35.16ID:b6PWP4Jh0
フォークとナイフで戦うのか

67:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:49:00.10ID:TYN8kGoO0
>>66
トリコかよ

69:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:50:13.78ID:McQ2L6eF0

弟「で、今回は何でそんな格好?」
執事「え、何でって」
弟「その服絶対おにいのじゃないだろ。父ちゃんのやつ?」
執事「いえこれはお屋敷から支給された物d」
弟「って言うか何で座んないの?」
執事である俺は当然、坊ちゃんの食事中ずっと真隣で突っ立っていた

70:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:51:28.75ID:aV9eM1F10
ところどころ素になってるのがなんかいいな

71:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:56:22.68ID:McQ2L6eF0

いつの間にか俺のところが執事になってたwww
俺「主人と同席する執事なんて聞いたことありませんよ(プークスクス」
弟「・・・(心底嫌そうな顔」
俺「おや、坊ちゃん。御髪が・・・」
弟「触んなキモい」
俺「おやおや・・・(プークスクス」
そんなこんなで朝から気持ちいいぐらいのツンデレを発揮しながらも
俺の作った朝食を食べ終わる頃にはちょうどいい時間になっていたわけで
俺「坊ちゃん、そろそろお時間です」
弟「わかってるよーうっせーなー」
相変わらず可愛い坊ちゃん!

72:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:57:16.48ID:gNHu2Fxt0
弟どこもデレてねぇよwwwwwww

73:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 11:59:05.63ID:UkFwJWHK0
ツンしかねーじゃんwww

75:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:00:33.23ID:IXBfnoFWO
執事のくせになにプークスクスしてんだよ
失礼極まりないな

79:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:04:58.31ID:McQ2L6eF0

嫌がるの坊ちゃんからサッカーの鞄を無理やり引っ手繰って玄関までお持ちする執事
靴も履かせてあげようと思ってたのにそんな隙すらなかったよ・・・さすが坊ちゃん
俺「坊ちゃん申し訳ありません。行きは無理なのですが、帰りは迎えを寄越しましょうか?」
弟「え?車で迎えに来てくれんの?(ちょっと嬉しそう」
俺「ええ、坊ちゃんのご命令であれば何処へでもお迎えに上がります」
弟「はぁ・・・じゃあ○○の家の近くにあるコンビニまで・・・あ、やっぱいいわ」
俺「どうしてです?」
弟「どうせその格好で来るんだろ?」
俺「はい、あくまで執事ですかr」
弟「いってきます」
来いと言われればマジで燕尾服で行くつもりだった

スポンサーリンク

83:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:17:36.70ID:ZYAqdA4UO
>>79
グラウンドに車を横付けして坊っちゃんの練習が終わるのをにこやかに待て

80:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:07:37.74ID:aV9eM1F10
坊ちゃんもパターン把握してるな

84:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:18:15.35ID:McQ2L6eF0

坊ちゃんが出かけると途端に暇になった
とりあえず食器を片付けながら自分の分のパンを焼いて
それを食べながら何かネタは無いかとまた黒執事を読むことにした

そう、既にネタ切れだったのだ!

いつも思いつきで行動するからネタ切れが早い早い
しかもセバスチャンほどの悪魔的能力も無い凡人の俺には
いくら漫画を読んでもこ以上俺に出来そうで面白そうなやつがない
それでも諦めきれない俺はついにDVDまで引っ張り出してきた

85:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:23:56.12ID:McQ2L6eF0

と言っても実は何気に一期はリアルタイムで観てたので
せっかくだし二期を観ることにした
そして俺は出会ってしまったのです・・・最大のライバルに

トランシー家の執事、クロード・・・

屋敷の模様替えの一瞬でやってのける彼の軽快でアクロバティックなステップに
俺は一瞬で魅了されてしまったのだ・・・
いや、考えればこれもまた悪魔的で人間には到底出来そうにない技だったけど
クロードのステップはそんなことも忘れさせるくらいの何かがあった

86:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:25:47.81ID:McQ2L6eF0

そんなわけで俺は晩飯の時間までひたすら二階へ続く階段の手すりから
華麗に滑って玄関に降り立ち、坊ちゃんをあくまで執事的にお迎えするする練習をした

88:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:31:55.20ID:ynNRkPr50
この>>1やりおるな

89:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:32:34.91ID:McQ2L6eF0

15時過ぎ、ようやく手ごたえも掴めてきたので
そろそろ晩飯・・・じゃなくて夕食の支度をしなければと冷蔵庫を開く
ここでもやはり無計画なので何を作るかなんて全く決めてなかった

どうしたものかと考えていると
ラッキーなことに白菜の下からカボチャを発見

坊ちゃんはカボチャが大好きなのだ
ってわけで夕食はカボチャのグラタンに決定したわけで
レシピは料理好きな母ちゃんのメモがあるから問題無し

と思いきたとろけるチーズをきらしてたので買いに行くことに

坊ちゃんが大好きなカボチャのグラタンを作る

スポンサーリンク

90:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:38:30.00ID:McQ2L6eF0

>>89の最後の一行は消し忘れだ気にすんな
俺「とろけるチーズってどこに売ってるんだっけ・・・やっぱスーパーか」
独り言を呟きながら車のエンジンを掛けるのはもちろん燕尾服を纏った執事
俺はやると言ったら徹底的にやる男なのだ
そうして車を走らせていると完璧執事はいい事を思いつく
俺「もしや・・・コンビニにも売っているのでは・・・?(イケメンボイス」
思いついたらすぐ行動
目的地をスーパーから坊ちゃんが今朝行ってたサッカーの練習場近くのコンビニへ変更した

92:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:49:32.04ID:McQ2L6eF0

ちなみにその練習場は俺も通ってた場所で今でもたまに弟を迎えに行ったりしてるから
場所の説明なんか要らないんだけど弟は迎えに来てって俺に頼む時いつも
「○○(友達)の家の近くのコンビニ」と言うんだよ

普通に練習場の前にコンビニって言えばいいのに!
それもこれも○○(友達)と仲が良すぎるせいだ!
おにいは嫉妬している!

ってわけでそのコンビニでとろけるチーズを手にしていると
○○(友達)と出くわしてしまった
多分休憩か何かで飲み物買いに来てたっぽい

93:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:52:16.08ID:tgvpnhYSO
あーあwwwwww

94:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:52:31.76ID:UkFwJWHK0
なにするか期待www

95:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 12:56:26.64ID:McQ2L6eF0

○○(友達)をAにしよう
俺「やぁ、A君」
A「え・・・?もしかして・・・」
俺「そう、私ですよ。私」
A「弟くんの兄ちゃんですよね・・・?」
俺「まぁそうとも言いますかねぇ(イケメンボイス」
A「・・・・(表現しにくい顔」
俺「おや、アクエリアスですか・・・ふむ。いいでしょう」
A「えっ?えっ?」
俺「A君には日頃から私の坊ちゃんがお世話になっているのです。これくらいはさせていただかないと」
A「は?あの・・・いいんですか?」
俺「あくまで執事ですから(イケメンボイス」
終始怯えた表情の彼に俺は大満足でアクエリアスを奢り、
笑顔で手を振って家路についた

もちろんコンビニの店員にもガン見された

スポンサーリンク

97:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:00:06.68ID:cjiwbAaf0
人に迷惑かけるなよwwww

99:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:03:11.84ID:McQ2L6eF0

家に着いた俺はさっそく料理に取り掛かる
急がなければ坊ちゃんが帰ってきてしまう!
でも別に料理作るとこは特に目立ってこともなかったから省略
で、完成!

料理なんて案外やってみりゃ出来るモンなんだなぁと思った
それもこれも俺が完璧執事たる故

そんな自分の才能に酔いしれながら黒執事を読んでいると
外から微かに足音が聞こえてきた(窓開けっ放しにしてたら聞こえる)

100:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:09:27.98ID:McQ2L6eF0

俺は光の速さで階段を駆け上がり手すりの一番上にスタンバイする
天井があるから身を屈めないといけない所が若干カッコ悪いけど
華麗に滑って着地する自分を想像すればお釣りが返ってくるほどのイケメン度合いだった

そして今まさに玄関のドアノブが下りた・・・その瞬間、
俺は好調なスタート切って滑り出したその数秒後

華麗にバランスを崩して坊ちゃんの小さな体に突っ込んでいた

102:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:11:18.30ID:tgvpnhYSO
可哀相だなwww弟もwwwwお前の頭もwwwwwww

104:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:18:46.71ID:k/xmqtT80
セバスチャン頑張れ

105:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:19:39.70ID:McQ2L6eF0

弟「・・・ってえなぁああ!!何すんだよ○ね!!」
俺「お、おかえりなさいませ・・・坊ちゃん・・・」
弟「マジで何なの!?早くどけ!!」
俺「イエス、マイロード・・・(擦り剥いた」
さすがの坊ちゃんもマジギレだったけど、怒りで顔真っ赤にした坊ちゃんも可愛かった
あと階段滑りは何度も練習したって言ったけど一回も成功はしてなかった
なのでこれは想定の範囲無いだった
弟「って言うか、おにい今日コンビニでAに会っただろ!その格好で!マジ信じらんねえ!」
俺「あぁ・・・彼ですか(プークスクス)いつもお世話になっているのアクエリアスをおg」
弟「A超笑ってたし!もうやだ!!」
俺「まぁまぁ、それより坊ちゃん先にお風呂に入ってきてください。その間に夕食の用意をしt」
弟「うっさい○ね!!!!」
と言いつつもしっかり風呂場へ向かう坊ちゃん可愛い

107:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:21:07.58ID:UkFwJWHK0
バwカwスwww

108:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:21:53.79ID:+bbUIapBO
実際こんなやついたらぶん殴るぞwwww

スポンサーリンク

106:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:21:05.86ID:N0BKw8Kv0
こいつがかわいいかわいい連呼するから、ツンデレに見えるが、実際弟一回もデレてない

109:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:22:49.49ID:8pUno7dp0
もちろんお背中を流して差し上げたんだろうな?

>>109
本当はお背中を流して差し上げたかったけどその時は結構マジギレだったので空気読んだ

113:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:30:36.91ID:McQ2L6eF0

坊ちゃんが風呂入ってる間に急いで夕食の用意をする
メインのカボチャグラタンに冷凍からあげ、米、サラダ、以上。
我ながらほんとにいい出来だったと思う
風呂に入ってほとんど怒りが静まった単純で可愛い坊ちゃんもこれには驚いてくれた
弟「おー・・・これ全部おにいが作ったの?」
俺「俺以外に誰が居るんだよ(一瞬素になってしまった」
弟「すげーな。食べていい?」
俺「もちろんですとも、坊ちゃん」
当然俺は坊ちゃんの隣で突っ立ってるわけで

114:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:36:08.59ID:UkFwJWHK0
>>113

>当然俺は坊ちゃんの隣で突っ立ってるわけで

役に徹しててワロタww

115:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:39:24.33ID:McQ2L6eF0

弟「だから何で立ってんだよ・・・食べにくいじゃん」
俺「あくまで執事ですから(イケメンボイス」
弟「もう食ったとか?」
俺「主人よりも先に夕食を取る執事なんかいませんよ」
弟「はぁ・・・あくまで執事ね」
俺「もちろん(キリッ」
弟「じゃあ命令すればいいんだよね?」
俺「えっ?」
弟「おにいも一緒に食ってよ。これ命令だから」
俺「・・・!?イ、イエス、マイロード・・・!」
しつこいようだけどホントにうちの弟はいい子なんだ

スポンサーリンク

120:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:45:59.88ID:yGSRV64S0
やっとデレww

116:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:42:23.59ID:McQ2L6eF0

うーん・・・話長すぎる気がしてきた
次の日の話もあるし、話の終わり付近まですっと飛ばしたほうがいいかな?

118:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:44:14.79ID:tgvpnhYSO
弟デレたwww

いや、楽しいからゆっくりでいいぞ
あまりに長かったらいらないとこちょいちょい省くくらいで

121:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:48:23.50ID:mjj7oID60
絵に書いたようにナイスなデレだ

122:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 13:54:14.81ID:McQ2L6eF0

じゃあなるべく簡潔に流れのまま書いていきますー

そんなこんなで同席を許されて一緒に夕食を取る
俺はなんていい主人を持ったのだろうとちょっと本気で思った・・・弟なのに

そしたら急に坊ちゃんが「あのさぁ・・・」って言いにくそう切り出すから一体何事かと思ったら 明日は練習休みだから例のA君がウチに遊びに来たいと言ってきたらしい

何て図々しいやつだ!ウチでナニするつもりだ!そんなことは俺が許さん!と
普段ではそうなるところだけど、例の如く明日のネタが無く今日で終わろうと思ってたからこれはいいネタになると俺は快く遊びにくるのを了承した

坊ちゃんは嫌そうな顔をしていた

124:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:05:08.97ID:McQ2L6eF0

その日はそのまま坊ちゃんにずっと纏わりついてたせいか
早々に寝ると言い出した坊ちゃん

子守唄を御所望ですか?と聞けばまたゴミを見るような視線でブッ刺されたので
明日の準備もあると思い素直に引き下がった優秀な俺
風呂に入り自分の部屋へ戻ると既に俺のバイブル化している黒執事のDVDを再生し
舐めるように何度も繰り返し見て使えるところはどんどん使っていこうとメモしまくった
そして俺はついに究極の見せ場を思いつくことになる

125:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:07:53.08ID:8r4NSRQpO
黒執事見ておけばよかったな

128:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:12:26.13ID:McQ2L6eF0

次の日の朝、俺は燕尾服に身を包み颯爽と坊ちゃんの部屋へ出向く
その手にはもちろんモーニングティー(烏龍茶)
俺「おはようございます、坊ちゃん。今朝のモーニングティーはうんたらかんたら」
弟「あー・・・うん。どうも」
昨日特に何も言われなかったので堂々と燕尾服を着たら(言われても着るけど)
やっぱりかと諦めの溜息をつかれてしまった
多分俺に何言っても無駄だとわかっていたんだろう
それにA君にはもう見られてるしね!

御召しかえを手伝おうとしたらやっぱり蹴られてしまった

スポンサーリンク

129:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:18:25.56ID:/0PQzN6+0
弟も>>1も素晴らしいwwww
是非俺の家にも来いよ

130:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:19:00.19ID:iVDiWoB3O
俺も一度執事の真似事をしてみたい

女の子相手に

133:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:28:57.76ID:McQ2L6eF0

それからスムーズに朝食も終えて何やかんやしてたらA君が来る時間になった
弟「ねぇ、やっぱそれ脱がないの?」
俺「もちろんです。あくまで執事ですから」
弟「はぁ・・・なるべく変なことすんなよ?」
弟の変なこと基準がよくわからんけど、とにかくこので居る許しを得ていざお迎え
A「あ・・・っ、こんちは・・・ププッ」
執事「いらっしゃいませA様、本日はご足労いただきまして誠にあr」
弟「おい、あんま見んなよ。早く行こうぜ」
A「おう・・・お邪魔しま・・・ププッ・・・」
執事「どうぞごゆっくり(イケメンボイス」
執事「あ、そうそう。15時になったらスイーツお持ちしますね」
俺はwktkが止まらなかった

134:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:36:07.51ID:McQ2L6eF0

それから15時手前まで俺はアクションを起こさなかった
坊ちゃんのことだから不思議に思ってることだろう
そしてA君もまた、昨日の俺を見てウチに来たいと言い出したのは明白
なのに出だしだけで何もしない俺に絶望すら感じているだろう

ゲストをガッカリさせる・・・そんな執事はあり得ない!!!

そして時間は動き出す

俺は黒いリュックにプラスチックの皿とスプーン、透明な簡易コップとプッチンプリンを2人分 そして最後にペットボトルのグレープファンタを詰めて背中に背負った

136:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:38:29.26ID:UkFwJWHK0
>>134
あぶねえ奴ww

138:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:44:00.22ID:McQ2L6eF0

燕尾服にリュックは少々不似合いだったが致し方ない
これも坊ちゃんのため、ゲストを楽しませるため、執事の使命なのだ

そして最後に細いイケメン眼鏡を掛けて玄関のドアを開け外に出て
すぐに庭のほうから回りこみデカい脚立を壁にかけて一気に屋根の上までよじ登った

139:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:46:01.41ID:qcbQf+foO
こんな兄ちゃんが欲しい

143:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:56:35.59ID:McQ2L6eF0

屋根から見渡す景色は最高だった

同時に微かに冬に匂いがしてもうそんな季節かとちょっとセンチメンタルになったけど
今はそれどころじゃなかったのを思いだしてスタンバイ位置につく
昨日の階段滑りは家の中だから練習できたけど今回ばかりは一発勝負
練習なんかしようもんなら確実に通報されてただろう
俺はドキドキしながらスタンバイ位置からこっそり視線だけ現場を見下ろし細部の確認をする
暑がりの坊ちゃんはこの季節でさえ、まだ窓全開がお決まりなので確認するまでもないんだけど万が一のことも考え入念にチェックする

俺「よし・・・いけるな」
サイズが若干合わずに下がった眼鏡の位置を人差し指でクイッと上げる
この時の俺は自分が世界で一番カッコイイとマジで思ってた

そしてついに15時

俺はありったけのいい声で例のセリフを口にした

スポンサーリンク

149:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:09:03.89ID:McQ2L6eF0

弟・A「あはは~それでさ~うんたらかんたら」
俺「昼を夜に・・・砂糖を塩に・・・聖者を骸に・・・」
弟・A「えっ?何か聞こえない?」
俺「そして濃紺を金色に染め上げる・・・・」
弟「・・・あっ!!A、離れて!!」
A「えっ?えっ??」
俺「これぞ、○○(俺の苗字)家の執事!!!トゥッ!!!」
弟・A「うわああああぁあああfjそふぉをがああああd!!!!!」
俺は弟の部屋の窓の上にしがみ付き、憧れのクロードの名セリフを口にすると
そこから颯爽と壁を蹴ってそのまま窓から弟の部屋にブッ込んだ

151:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:14:04.43ID:M7Ocja/oO
危険人物にも程があるwww

152:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:18:19.01ID:/0PQzN6+0
迷惑すぎるwwww

153:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:18:20.18ID:McQ2L6eF0

結果から言えば昨日の階段滑りとは違って大成功だった

しかも坊ちゃんの咄嗟の判断でA君を俺の着地予定の場所から遠ざけてくれたので
怪我人もなく見事に着地することが出来たのだ

さすが俺の坊ちゃん、頭いいね!

そしてもちろん、部屋には爆笑の渦が怒った
と言ってもA君一人の笑い声だけで坊ちゃんは顔を真っ赤にして言葉にならないのかプルプル震えていた
感無量ってやつか・・・俺完璧過ぎかな?
しかしまだ仕事が残っているのだ
俺は背負ったリュックから素早く皿とコップの用意をして
華麗な手つきでプッチンプリンを皿の上に開けた
そんな何気ない動作でさえA君にはツボらしくて腹抱えて笑い転げてた

まぁ何でも面白く思える年齢ですしね

156:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:26:44.36ID:AneHufA+O
良い兄貴だなまじで

157:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:29:22.09ID:UkFwJWHK0
プルプルwww
カワエエwww

158:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:30:26.59ID:eXeu3OwHO
続きはよ

スポンサーリンク

159:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:31:53.05ID:McQ2L6eF0

極め付けにコップを渡して
ちょっと吹き出し気味のファンタを開けてなみなみ注ぎながら
俺「本日のワインは○○地方の・・・(○○近所の町名)」
A「地元産じゃんwwwwwwwwwww」
弟「・・・・・・」
ゲストには存分に楽しんでいただけたようで
執事として何よりですてへぺろ!

161:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:35:33.80ID:3G5/0Dhi0
いい兄貴だな

162:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:38:50.56ID:McQ2L6eF0

それから特に弟に怒鳴られることなく終わり、
俺は今回のドッキリに満足したので早々に部屋を出ると2日間慣れ親しんだ燕尾服を脱いで自室で何事もなかったかのように2chしたりゲームしたりしてた

そしたら玄関のドアが閉まる音が聞こえたから、あぁA君が帰ったんだなーってのん気に思ってた矢先、 突然物凄い足音を響かせて弟が俺の部屋に飛び込んで、そのまま背中にしがみ付いて来た

164:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:42:23.49ID:M7Ocja/oO
スーパーデレタイムクル━━━━!!?

165:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:42:49.89ID:AneHufA+O
ニヤニヤが止まらない

167:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:45:45.52ID:duUPpUsyO
寒いから早くしろ

169:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:49:17.25ID:McQ2L6eF0

あまりの衝撃に一瞬刺されたと思って全身に冷や汗かいたけど
弟はしがみ付いたと思ったらすぐにベタベタと俺の体を触り始めた
立場逆転。もう意味わかんなくてとりあえず「ごめん!」を連呼した

これは怒りで頭おかしくなっちゃったのかなぁ・・・なんてマジで不安になった
で、しばらくしたら落ち着いたのかバッと顔を上げて

弟「もう・・・あれ着んなよ!おにいは普通が一番いいんだからさぁ・・・」
そう言った弟の目には涙が浮かんでいて俺は頭真っ白になった

やってしまった・・・!!!!

泣くまでするのは俺の悪戯ポリシーに反するのだ

スポンサーリンク

171:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:50:55.00ID:tgvpnhYSO
そのままのお兄ちゃんが一番ということですねわかります

173:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:51:09.45ID:AneHufA+O
弟きゅんまじ可愛い

175:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:54:36.62ID:McQ2L6eF0

それから俺はただただ謝り続けた
ご機嫌取りにキッチンにあったお菓子をありったけあげたり
一緒にゲームをしてわざと負けてやったりした

そしたらやっぱり単純と言うかこんなアホの兄貴に慣れてしまってる弟は
すっかり機嫌を取り戻したわけで

で、後からもう一回謝ったんだけどその時に

弟「おにいは普段はいい奴なのに友達にあんなとこだけ見て馬鹿にされるのが嫌だった」
みたいな事言われて俺はもう何て言うか・・・おわかりいただけるだろうか?

185:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:01:42.59ID:UkFwJWHK0
>>175
相思相愛…てことは…(ジュルリ

177:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:57:04.71ID:McQ2L6eF0

ってわけで終わり

ダラダラ書き続けちゃってすいやせんでしたー
でもウチの弟可愛いだろwwwwwwwwwデュフwwwwwwwwww

180:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:59:41.22ID:AneHufA+O

やっぱ二人兄弟だったら仲良くなるんだなー

・・・二人兄弟だよな?

>>180
三兄弟っす!腐った妹がいるよー

182:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 15:59:53.00ID:Sxl/wQcKO
という妄想をしてた

ってのがいつか来るかと思ったがマジかよwwww
お前うちの兄に来い

186:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:02:57.21ID:JYMX4i++O
次の作戦があるなら是非聞きたい

スポンサーリンク

190:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:07:38.86ID:McQ2L6eF0

おいお前ら!俺はホモじゃないぞ
ただ小さくて可愛いものが好きなだけだ

あと次の作戦という過去に仕掛けたのなら色々ある
って言うかお前らもドッキリぐらいやるだろ?ウチは親父もドッキリしかけてくるぞ

191:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:08:27.33ID:/0PQzN6+0
>>190
お前ん家仲良くていいな
とりあえず今までの小さなドッキリでも書いてけよ

197:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:18:41.44ID:McQ2L6eF0

今までやったのは


記憶喪失になった(ターゲット:弟 協力者:他の家族全員)
ホモに狙われている(ターゲット:妹、弟)
エスポワールに乗る(ターゲット:弟)
その他仮装

親父(俺らがまだまだガキの頃)
ニューハーフをカミングアウト(ターゲット:家族全員)
禿げる(ターゲット:家族全員)
その他仮装

200:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:21:48.60ID:jb681yZ4O

親父ニューハーフをカミングアウトってwww
いい家族だな
>>200
今だから笑えるけどマジで洒落にならんかった
母ちゃん泣いてたしなぁ
でもドッキリ明かしが母ちゃんの誕生日で最終的には爆笑してたけどねwww

202:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:24:56.21ID:UkFwJWHK0
>>197
ハゲのだましってどゆんだよwww
たのしそーだな

205:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:27:32.22ID:McQ2L6eF0

禿げはわかりやすいドッキリなんだけど、
会社から帰ってきた親父の頭がつるっぱげになってた
昔のことだからちゃんと覚えてないけど多分カツラを更に違和感無く仕上げたんだと思う
本人がすげー悲壮感漂う顔してたのが今でも笑える

206:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:30:48.86ID:qcbQf+foO
なんか妹が喜びそうなの入ってたなww

207:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:31:25.84ID:rj7PLUCbO
母子家庭の一人っ子からしたら羨ましい家族だ

208:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:35:47.72ID:McQ2L6eF0

まぁウチはちょっと過激だったり回数多かったりするのかもしれないけど
みんな家族とか友達にドッキリしたりしねえーの?
てっきりやってるもんだと思ってたわ・・・ってことは俺は完全に親父の遺伝だな

211:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:42:59.47ID:jb681yZ4O

>>208完全に親父さんの遺伝だなwww
うちも親父が陽気でたまにドッキリやるけどさ、>>1の家は規模もクオリティーも違い過ぎるわwwwめちゃめちゃ羨ましい遺伝www

209:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:38:30.77ID:H5XhEugUO
やるときゃやるがそんな壮大なのはさすがにせんわwwww

家の家族俺と妹除いて驚く程堅物だからちょっと冗談いったら切れるし

213:以下、VIPがお送りします:2011/10/11(火) 16:55:36.34ID:iVDiWoB3O
なんだこのいい家族
微笑ましい

参照元スレ:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318293586/

関連記事 一覧

-名作・神スレ

© 2021 サンブログ