怖い話

【都市伝説】夢の中に現れる不気味な男『THIS MAN』の正体と真相とは

スポンサーリンク

This Manとは?

大きな目に太い眉毛、やや禿げ上がった頭で薄ら笑いを浮かべる男性の顔を見たことはないでしょうか。「This Man」とは大人数の夢の中に繰り返し現れる、見知らぬ男性のことです。

EVER DREAM THIS MAN?

「This man」は、上記の「Ever Dreamed This Man?」というサイトから、ネットを介して世界中に爆発的に広まりました。最初は精神病院に通うとある女性患者の夢に現れます。次第に他の人からも夢に現れたとの目撃証言が多発。「この男」という意味で「This Man」と名づけられたその男性は、世界中で目撃証言を増やし続け、一大都市伝説となりました。

This Manの都市伝説〜夢の中に現れる不気味な男

「This Man」の都市伝説の詳しい詳細は以下のとおりです。

2006年の1月、ニューヨークにある精神病院に通う女性患者が、夢に繰り返し出てくる男の似顔絵を描きました。女性患者は夢に出てくる男とは、今まで一度も会ったことはないと話します。
このとき、担当した医者は特にこの話を気に留めていませんでした。しかしその数日後、今度は別の男性患者が、夢に知らない男が繰り返し出てくると言い出します。男性患者に女性患者が描いた似顔絵を見せたところ、「この男だ」と言うのです。しかも男性患者もまた、似顔絵の男に今まで一度も会ったことがないとのこと。

不思議に思った医者は同僚に似顔絵を送り、他にも同じ男を見た患者はいないか調べると、数ヶ月のうちに4人の患者が似顔絵の男を見たと言うのでした。患者たちが揃って「This Man」と呼ぶ似顔絵の男性。彼の情報が集められた公式サイトが作られ、世界中で実に2,000人以上もの人が、This Manを見たと訴えたのです。

「This Man」が現れた夢の内容は、「ただThis Manと見つめ合っていた」「This Manと一緒に空を飛んだ」「This Manがサンタクロースの恰好をしていた」と目撃者によって千差万別。目撃情報が相次ぐ中、仕舞いには自身が「This Man」だと主張する者まで現れました。

This Man現象の仮説

「This Man」の公式サイトである「Ever Dreamed This Man?」では、一連の現象について以下の5つの仮説を立てています。

  • 「This Man」は大多数の人々が無意識のうちにイメージする原型の1つである説
  • 「This Man」とは神であり、男の姿も神の形態の1つである説
  • 精神に干渉する技術を持った大手企業が、This Manの夢を見せている説
  • 「This Man」の話を聞いた人が影響を受け、同じように夢で見ただけという説
  • 夢の中で人の顔を覚えるのは難しいので、夢の中の人物を思い出そうとすると、「This Man」になってしまうという説

参考:THEORIES – EVER DREAM THIS MAN?

This Manの正体と真相

何人もの夢に現れる謎の人物「This Man」の正体とは何なのでしょうか。実はこのThis Man現象は仕組まれたものであり、イタリアのマーケッター、アンドレア・ナタレ(Andrea Natella)氏が、ゲリラ・マーケティングとして実施したことを認めています。

広告事業を行っていたアンドレア・ナタレ氏は、SNSなどのネット上の口コミを利用して拡散させる「バイラルマーケティング」を行っていました。その一環で「This Man」のサイトを制作したというのです。

「This Man」はアンドレア・ナタレ氏が仕組んだマーケティングだと判明しましたが、何を広報しようとしていたのかは明らかになっていません。一説にはとある映画の宣伝のためとも言われていますが、件の映画は公開されることはありませんでした。

This Manを題材とした作品

全世界を巻き込んだバイラルマーケティングで、一躍有名になり都市伝説にもなった「This Man」。正体が明らかになった後も、その見事な広告戦略は他の業種でも取り入れられ、「This Man」を題材とした作品も制作されました。ここではそんな「This Man」を題材とした作品を、ご紹介したいと思います。

漫画『This Man その顔を見た者には死を』(漫画:恵広史、原作:花林ソラ)
似顔絵を得意とする主人公の警察官は、「ある“不審者”の似顔絵を描いてほしい」との依頼を受けます。依頼者の証言を元に似顔絵を描くと、出来上がったのは都市伝説に登場するThis Manそっくりな人物。似顔絵の男は、「This Manを見たものには死を」と言い、連続殺人を起こす危険人物だったのでした…。

『夢男』(2017年4月29日放送『世にも奇妙な物語 ’17春の特別編』、主演:中条あやみ)
女子大生の主人公が大学の授業で、夢にはメッセージが隠されていると教わるところから物語は始まります。怖いもの見たさで夢に出てきた男の顔をイラストソフトで再現し、それをTwitterに上げ「この男が夢に出てきます。助けてください」と投稿。翌朝になると投稿は大きな反響を呼んでおり、周りの友人たちも次々に「この男を夢で見た」と言うのでした…。

おわりに

「This Man」の真相は明かされましたが、未だ都市伝説として残っています。仕掛け人のアンドレア・ナタレは実験として「This Man」の噂を広めましたが、果たしてそれだけで大勢の人が夢に見るのでしょうか。都市伝説は往々にして独り歩きするものですが、「This Man」もまた、人の噂によって拡散され周知される存在となりました。もし、「This Man」が日本人のような顔であったら、日本でも夢での目撃証言が多発したかもしれません。

-怖い話
-

© 2022 サンブログ