後味の悪い話

【後味の悪い話】仮面ライダーフォーゼ

スポンサーリンク

838:仮面ライダーフォーゼ(1/2):2013/11/12(火) 00:40:46.72 ID:676zUPEj0
長文注意ですが、同じく特撮の「仮面ライダーフォーゼ」から一つ、第5話「友・情・裏・表」と第6話「電・撃・一・途」。
まず簡単な設定を言うと、フォーゼの敵怪人は、主人公たちの通う高校の生徒が特殊な「スイッチ」により変身したもので、学校を牛耳る悪の組織はある目的のため
「キャプテンのせいで雑用に甘んじているアメフト部員」だの、「学園の人気者を蹴落として自分がその位置に立ちたい取り巻き」だのと言った生徒の心に付け込んでスイッチを渡す。
それに対し、主人公(仮面ライダー)と仲間たちは「仮面ライダー部」を結成し、怪人の起こした事件を捜査、解決する。

序盤は主に、一癖も二癖もある生徒たちと主人公がぶつかリ合い、友情をはぐくんで仮面ライダー部の部員が増えていく、というのがメインで、その中の、情報通のチャラ男(後輩)が仲間になる際の話。

ある日主人公とチャラ男が話していると、チャラ男を憎々しげに睨む一人の男子生徒が現れる。
「許してくれ」と言うチャラ男に対し、男子生徒は「恨むなら自分を恨め」と言って怪人に変身し、チャラ男に襲い掛かってきた。これに対し主人公は仮面ライダーに変身し、一旦は怪人を追い返す。
そして後日、主人公の前にあの男子生徒が現れた。男子生徒は主人公に、「あんたもあいつに利用されているだけだ」と言ってチャラ男を憎む理由を話す。

男子生徒の名は新田と言い、チャラ男は新田のことを友達と呼んでいた。新田自身もそうだと思っており、ある日チャラ男が不良に絡まれていた時も、身を挺してチャラ男を助けた。
その結果怪我のせいで所属するフェンシング部のインターハイにも出られなくなってしまったが、友達を救えたのならそれでいいと思っていた。

839:仮面ライダーフォーゼ(2/2):2013/11/12(火) 00:41:41.11 ID:676zUPEj0
しかし、新田はチャラ男がチャラ男仲間にこう言っていることを聞いてしまう。

「アイツいちいち親友ヅラしてきてウザかったけど、役に立ってラッキーだったぜ!」

チャラ男にとって、新田は都合のいいガードマンくらいにしか思われていなかったのだ。そしてチャラ男に恨みを募らせる新田に、悪の組織はスイッチを渡したのだった。
結局、見捨てておけない主人公は怪人を倒し怪人に監禁されていたチャラ男を助け出すのだが、(倒すといってもスイッチを消滅させるだけで、変身者の命に別状はない。)
何が一番後味悪いかって、チャラ男の自業自得にもかかわらず彼自身が全く反省していない。
それどころか、ライダーに敗れ変身の解けた新田(グロッキー状態)に「よくもやってくれたな!」と殴りかかろうとして主人公に止められる始末。
その上話の最後で平気で仮面ライダー部に入部するし、とにかく新田が浮かばれなかった。

まあフォローとしては、その後チャラ男は自分勝手ながらも要所要所で男を見せるし、後の劇場版ではちゃんと新田と和解するんだけど、それまでは新田がどうなったか分からなかったからどうも、ね。

848:本当にあった怖い名無し:2013/11/12(火) 17:59:37.57 ID:enLU85qZ0
>>839
序盤は後味悪いのばっかりだったよな。
最初の敵も確かアメフト部で虐められていた奴だったし

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ