後味の悪い話

【後味の悪い話】<終末漫画>しりあがり寿『方舟』

※ただただ雨が降り止まない漫画です。

25:本当にあった怖い名無し 2018/05/02(水) 05:20:06.67ID:0IgB5s010
しりあがり寿『方舟』
物語を一行で語ってしまうと

「現代世界でノアの洪水のような大雨が発生して世界が水没して人類滅亡」

本当にただこれだけの物語
作中に出てくる人々はそれぞれが様々な行動をとる。
必死で足掻くけど絶望と苦痛にまみれながら死んでいったり、自ら命を絶ったり、安らかに世界の終わりを受け入れたり…
といったように、悲惨だったり切なかったり哀愁漂う姿が淡々と描かれている

あとがき
“「滅び」は未来を思いえがくことのできぬ者の上にやってくる。
 明日もあさっても次の日も、自分がどうしたいんだか。世の中のどこがどうなればよろしいんだか。
 人類が空を飛ぶこと夢見ていた時代は終わった。飢えることのない社会も夢ではない。
 今、「輝ける未来」が失われたのは、他の何のせいでもなく、あなたの、私の、人類そのものの脳の、一つ一つの脳細胞の、想像力の、力不足のせいなのだ。ただそれだけなのだ。
 さあ、未来を失ったからには、せめてとびきり美しい「終末」を思い描こう。
 それは美しく静かで透きとおった「終わり」だ。もうなんだか全てのものが甘く、悲しいほど甘く、重たい水の中にとけてゆく「終わり」だ。
 こうなった上は、ただしばしの眠りについて、まどろみの中で21世紀をむかえよう。

2000年12月 20世紀の終わりに”

created by Rinker
¥1,320 (2024/06/25 15:02:29時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

-後味の悪い話