後味の悪い話

【後味の悪い話】星新一『善意の集積』

スポンサーリンク

83:本当にあった怖い名無し:2014/06/24(火) 20:40:23.05 ID:wsn/H98P3
星新一の「盗賊会社」の中にある「善意の集積」という話。

目が見えないけど心の優しい少女がいて、その子にはどんな悪人でも優しく接していた。

ある日、宇宙船が地球の調査に来るんだけどその姿を見てその場にいた地球人全員気絶。
仕方ないので少女に質問したところ少女は「みんな優しい人だ」と答える。
宇宙人は調査のお礼に少女を自分たちの星に招待し、目の手術もしてあげる。

目が見えるようになった少女はその星で楽しく過ごしていたものの、外見の違いを気にし始める。
悩んでいる少女に、宇宙人は外見を自分たちと同じように整形する。

少女は喜んだけど、地球の事も懐かしく思うようになり、地球に帰りたいと宇宙人に言う。
宇宙人は嫌がりもせず少女を地球に送り届けるが、結局少女は絶望し三日と絶たないうちに命を絶ってしまう。

この話の後味の悪さは宇宙人がどこまでも善意で行動してること。
少女も純粋すぎること。
目の手術だけで留めておけばよかったのにね。と思う。

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-後味の悪い話
-

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.