後味の悪い話

【後味の悪い話】どこぞの国の民話

191: 本当にあった怖い名無し 2015/06/14(日) 19:23:46.05 ID:hexvRu+JX
どこぞの国の民話

村人が牛を放牧させてたところ牛が沼に嵌り抜け出せなくなった
「畜生悪魔の奴め。なんて酷いことしやがる」
村人一人では引き上げられそうにないので仲間を呼びにその場を去った
その様子を物陰から見ていた悪魔
「人間ってのは良くないことが起こると全部悪魔の仕業にしちまう。俺が一体何をしたっていうんだ?」
「そうだ、あの牛を助けてやろう。そうすれば人間も俺に感謝するに違いない」
沼に浸かり泥に塗れながら何とか牛を助ける悪魔
仲間を連れて戻って来た村人は引き上げられた牛を見て一言
「おぉ神よ感謝します」

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ