ホラー

【怖い話名作】わかりやすい師匠シリーズまとめ 一覧

スポンサーリンク

pixiv 絵《Ⅰ》《Ⅱ》
息苦しくなるような描写がすごい話です。
概要:大学の研究室のメンバーが行きつけにしているバーがあるのだが、そこで知り合った研究室のOBからちょっと不思議な話を聞いた。
pixiv 《Ⅲ》
概要:大学二回生の秋だった。人生二度目となる大学祭のシーズンが来て、イチョウの落ち葉が道を覆っているキャンパスを歩いていると、そこかしこで模擬店や様々な出し物の準備が行われていて、すべてが楽しげに浮き足立っているように見えた。
122.月と地球
概要:師匠から聞いた話だ。小高い丘のなだらかに続く斜面に、藪が途切れている場所があった。
pixiv 窓の向こう
概要:公園で遊んでいた女の子を攫ったのはペットの犬を亡くしたからだった。家の地下室で飼いはじめたものの、ちっとも懐かないので両目を潰してみた。すると少女はすっかり従順になり…
123.雲 前編
概要:大学二回生の夏だった。 ある時期、加奈子さんという僕のオカルト道の師匠が、空を見上げながらぼんやりとしていることが多くなった。
124.雲 後編
概要:外は雨だ。額に、顔に、大粒の雫がかかる。雨脚はさほど強くないが、空を見上げようとしても、なかなか目を開けられない。
pixiv 溶接
概要:大学一回生の冬。俺は自分の部屋で英語の課題を片付けていた。その頃はまだ、それなりに授業も出ていたし、単位もなんとか取ろうと頑張っていた。
pixiv ウサギ
概要:大学一回生の秋だった。サークルの飲み会があり、安い居酒屋の飲み放題コースで十人ほどの仲間がだらだらと喋っていた。
pixiv 医者の話
概要:大学2回生の夏。僕はオカルト道の師匠である加奈子さんに連れられて、ある豪邸の前に来ていた。
pixiv MMO
概要:大学6回生の春だった。そのころ俺はオンラインゲームにはまっていた。
pixiv 赤(書籍版)
概要:大学1回生の秋だった。土曜日だったので、俺は家で昼間からネットに繋いでいろいろ覗いていた。やがていつものオカルトフォーラムに入り込み、同じように暇をしているメンバーたちと雑談を交わす。
pixiv 館(上下)
※何を食べたらこんな話を思いつくのでしょうか・・(褒めています)
概要:潮騒を聞いている。暗い海がその向こうにある。空には一面の星。水面にはその欠片が揺れている。
pixiv 失踪(書籍版)
「失踪」の書籍版です。
概要:師匠との話をこれから語っていくつもりだけれど、一晩で語り尽くせるものではない。長く、とても長くなるだろう。
pixiv 幽霊物件
概要:大学2回生の春だった。僕はバイト先の興信所である小川調査事務所のデスクに腰掛けて、所長ととりとめもない話をしていた。
pixiv 握手 前編
※加奈子さんと師匠の初めての出会いです。
概要:大学1回生の春だった。入学して2週間が経ち、戸惑うばかりだった大学生としての生活サイクルにもようやく慣れる兆しが見え始めたころ。
pixiv 握手 中編
概要:それから数日、僕は大学の新入生としての日々を緊張気味に送りながら、ずっと考えていた。
pixiv 誕生日
概要:その教師は私立の中学校で数学を教えていた。その年は、1年生のうちA組からF組の6クラスを担当していた。
pixiv 見えない男
概要:1回の秋だった。「黒い手」の一件以来、ときどき覗いていた都市伝説などを語るサイト『ピーチロア』で…
pixiv 馬霊刀 1/4
※弓使い初登場回。 ※ちなみに僕の中の弓使いイメージは「ロード・エルメロイII世の事件簿」に出てくるグレイです。
概要:『服部調査事務所』と書かれたドアに背を向けて、狭い階段を下りていく。
pixiv 馬霊刀 2/4
概要:それから1週間ほどは、なにごともなかった。小川調査事務所の師匠を名指しした依頼は、特になかったので…
pixiv 馬霊刀 3/4
概要:鳥井家の敷地を出たあと、師匠は興奮気味に言った。「おい。あのじじい、なにか知ってるぞ。大当たりだ。
pixiv 馬霊刀 4/4
概要:喫茶店を出たあとで、僕らは留置所に拘留中の緒方に面会を求めた。
pixiv 砂場
概要:その日僕は、地元のオカルトフォーラム、『灰の夜明け』の飲み会に参加していた。本当によくオフ会のある集まりだ。
pixiv 猫
概要:大学3回生の春だった。正確に言うと、2回生が終わり、3回生の最初の授業を迎える前の、短い春休み中のことだ。
pixiv 双子0/4
概要:「にい、さん、しい、ごお、ろく、しち、はち、きゅう、よんじゅう、いち、にい……」机の上に置いた目覚まし時計の秒針の動きを、オカルト道の師匠、加奈子さんが数えている。
pixiv 双子1/4
概要:大学2回生の夏の初めだった。6月も半ばになり、道往く人々の服も軽くなってきた季節。
pixiv 双子2/4
概要:6月26日は金曜日だった。その日の朝、僕は師匠の運転するボロ軽四で、北へ向かう旅路にあった。
pixiv 双子3/4
概要:僕は師匠に頭を踏まれて目を覚ました。あれ? 寝過ごした?
pixiv 双子4/4
概要:6月28日、日曜日の朝だった。夜明け前に目を覚ました僕は、隣の師匠の部屋につっかえ棒が下りたままなのを確認してから…
pixiv ホテル
概要:大学2回生の春だった。「幽霊がでるホテルがあるらしいぞ」
pixiv 握手 後編
概要:真夜中の教育学部の学部棟の屋上で『妖精』と出会った、その次の日だ。
pixiv 秋の日々 第1話『窮鳥懐に』
概要:大学2回生の秋だった。去年にも増して、身の回りに様々な事件が起きた夏がようやく過ぎ去り…
pixiv 秋の日々 第2話『くじら座』
概要:師匠に、劇団を見に行こうと誘われた。弓使いが部屋を訪ねてきて、一晩を一緒に過ごしたことを師匠に言い出せず…
pixiv 秋の日々 第3話『狂心の渠』
概要:劇団くじら座の公演を見た2日後だった。よく晴れた日で、見上げれば秋らしい高い空が広がっていた。
pixiv 秋の日々 第4話『アポカリプティック・サウンド』
概要:その音を聞いたのは、大学祭の大騒ぎのすぐあとだった。
pixiv 秋の日々 第5話『地下』
概要:目の前に、深い皺の刻まれた老人がいる。彫りの深い顔は、まるで往年の映画俳優のようだ。ただ映画を撮るには、少し痩せすぎているように見えた。
pixiv 秋の日々 第6話『老人』
概要:目の前に、深い皺の刻まれた老人がいる。彫りの深い顔は、まるで往年の映画俳優のようだ。ただ映画を撮るには、少し痩せすぎているように見えた。
pixiv 秋の日々 第7話『星型要塞都市』
概要:角南家での老人との会合から2日が経っていた。その日、僕はバイトで小川調査事務所にやってきた。
pixiv 秋の日々 第8話『冬が来る前に』
概要:「なんの用なの。1人で来るなんて、珍しいわね」「まあ、ちょっと」
pixiv 落し物
概要:大学6回生の夏だった。そのころ俺は、卒業まであと数単位となっており…
pixiv 秋の日々 第9話『写真屋』
※辛い話ですね・・・。
概要:大学2回生の秋の終わりだった。僕は1人で、小さなマンションの前に立っていた。
pixiv お祓い1話『石』
概要:俺はオカルト道の師匠に連れられて、ある神社に来ていた。西のK市にある山のなかの神社だ。師匠の軽四でノロノロと山道を登っていると、石垣が見えてきた。路肩の広いところに車を停めて、神社の敷地に入った。
pixiv お祓い2話『防火水槽』
概要:大学2回生の夏だった。俺はオカルト道の師匠に連れられて、ある神社に来ていた。
pixiv お祓い3話『魔よけ』
概要:大学2回生の春だった。そのころ僕は、小川調査事務所という興信所でバイトをしていた。

※新作が出次第、随時更新していきます。

本編とは異なる、番外編の師匠シリーズはこちら。

【師匠シリーズ】その他の師匠シリーズ

怖い話の傑作、師匠シリーズ。それの本編とは異なる番外編のシリーズをまとめています。 目次1 師匠シリーズ その他1.1 師匠シリーズセルフパロディ2 師匠シリーズと同じ作者の作品 スポンサーリンク 師匠シリーズ その他 師匠シリーズセルフパロディ タイトルなし ...

続きを見る

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-ホラー

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.