ホラー

【怖い話名作】わかりやすい師匠シリーズまとめ 一覧

73.プール
概要:太陽の中に水しぶきが跳ねた。それが一瞬キラキラと輝き、眩しさに目を細める。空には雲が一つだけ浮かんでいる。
74.すまきの話
※井の頭公園バラバラ殺人事件を彷彿とさせる話。
概要:学生時代の秋だった。 朝や夕方のひとときに、かすかな肌寒さを覚え始めたころ。俺はある女性とともに、オカルト道の師匠の家を襲撃した。
75.指さし
非常にうまい話。オススメです。
概要:小学校のころ、海沿いの青少年の家でクラス合宿があった。 近くの神社までの道を往復するという肝試しをしたあと、あとは寝るだけという時間帯がやってきた。
76.
誰の墓なのかはまだ分かっていません。
概要:暑い。我慢ができなくなり、上着を脱いで腰に結んだ。 一息ついて、山道を振り返る。
77.先生 前編
概要:師匠から聞いた話だ。長い髪が窓辺で揺れている。蝉の声だとかカエルの声だとか太陽の光だとか地面から照り返る熱だとか…
78.先生 中編
概要:その日は特に陽射しが強くて、やたらに暑い日で、家で飼っていた犬も地べたにへばりついて、長い舌をしんどそうに出し入れしていた。
79.先生 後編
概要:先生は手にチョークを持ったまま口を開く。「あなたは一昨日の夜、まずシゲちゃんと一緒に二人で洞窟に入った」
80.
概要:大学二回生の春だった。 近くを通ったので、オカルト道の師匠の家にふらりと立ち寄った。

スポンサーリンク

81.
概要:師匠から聞いた話だ。大学二回生の春の終わりだった。 僕は師匠のアパートのドアをノックした。オカルト道の師匠だ。待ったが応答がなかった。
82.四つの顔
概要:そのころ俺は、大学に入ってから始めたインターネットにはまっていて、特に地元のオカルト系フォーラムに入り浸っていた。
83.通夜
概要:女の子はその暗い廊下が好きではなかった。かび臭く嫌な匂いが壁や床に染み付いている気がして、そこを通るときにはどうしても息を殺してしまう。
84.なぞなぞ
概要:大学四回生の冬だった。俺は仲間三人と少し気の早い卒業旅行をした。交代しながら車を運転し、北陸まわりで関東へと入った。
85.もういいかい
納得できる怪異で怖くておすすめ
概要:師匠から聞いた話だ。大学二回生の春だった。休日の昼間に僕と加奈子さんは、とある集会所に来ていた。平屋のさほど大きくない建物だ。
86.
概要:師匠から聞いた話だ。大学に入ったばかりの頃、学科のコースの先輩たち主催による新人歓迎会があった。
87.デス・デイ・パーティ
概要:大学一回生の冬。俺は当時参加していた地元系のオカルトフォーラムの集まりに呼ばれた。いや、正確には、見逃していたのかそのオフ会の情報を知らず、家でぼーっとしていたところに電話がかかってきたのだ。
88.土の下
師匠が一線を越えてぶっ飛んでいることがよく分かるお話。
概要:師匠から聞いた話だ。大学一回生の春。僕は思いもよらないアウトドアな日々を送っていた。それは僕を連れ回した人が、家でじっとしてられないたちだったからに他ならない。
89.目覚め
概要:大学一回生の冬だった。そのころアパートで一人暮らしをしていた俺は、寝る時に豆電球だけを点けるようにしていた。 実家にいたころは豆電球も点けないことが多かったが

次のページへ >

関連記事 一覧

-ホラー

© 2020 サンブログ