後味の悪い話

【後味の悪い話】モラーM

スポンサーリンク

245: 本当にあった怖い名無し:2010/09/15(水) 00:29:37 ID:D38i1vYh0
関係ないかもしれないけど悪魔の嵐でなんとなく思い出した
昔モラーMって漫画で読んだ短編。読んだの数年前でうろ覚えだから簡素に書く

主人公の少女には、美少女の同級生がいた。
主人公はその少女ととても親しくなり、お互いに秘密を共有し合う程の仲良しになる
少女の母は金持ちで、娘の身体を異様に気にかけていた

ある日、少女は深刻な顔をして主人公に相談をしてきた。
それは、「母が自分の命を狙っている」という恐ろしい話だった
老いを恐れた母は、少女の身体に脳を移植することで若返ろうとしているのだという

主人公は妄想だと言って落ち着かせようとするが、少女の母は頻繁にある脳外科医に会いに行っており、
その外科医は脳の移植手術で世界的にも有名な医者であった
(うろ覚えではしょる)
最終的に、少女の母は路上で刺し殺される。犯人は主人公達と同級生の少年だった

少女に惚れていた少年が少女に告白すると、少女は母のことを相談し、
少年は少女を愛するあまり少女の母を刺し殺してしまった

その後、少年は警察に捕まり、少女は学校に来なくなった
それからというもの、主人公は毎晩「助けて」という声に魘されるようになる
しばらくして少女は学校に登校するようになったが、まるで別人のように明るくなっていた
主人公が少女に二人しか知らない秘密の合言葉を言うと、少女は「何それ?」と答えるだけだった

その夜、主人公が眠っていると、「助けて」という声の主の姿がはっきり見えた
それは、脳と眼球だけになって液体の中に浮かぶ少女だった
おわり

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ